Synthax Japan Newsletter

 

イマーシブ制作環境に対応したハイエンドDAW「Sequoia 15」発売開始

Sequoia は、クラシック録音、マスタリング、ブロードキャストの現場で圧倒的な支持を得るハイエンド仕様のDAWで、音をビジネスとするプロフェッショナルにとって必須であるサンプル単位での精密なオーディオ再生や科学的アプローチを基盤にした純度の高いデジタル音質、絶対的な安定性、そしてスピーディーな編集作業を可能にするGUIと録音中の編集機能を備える、オーディオ・プログラムのクラフトマンシップを誇りに最先のDAWを追求し続ける開発チームが作り上げた唯一無二のソリューションです。

最新版となるバージョン15には、Dolby Atmos、DTS:X、Auro-3D、22.2ch サラウンドに対応するイマーシブ制作を効率的且つ柔軟に可能にする機能群をはじめ、キーボード・コマンドで瞬時にプラグインを見つけて作業を開始できる新しいプラグイン・ブラウザー、32コアCPUサポート、大幅に強化されたMIDI編集ツール、Avid Pro Tools | S6の互換性強化など、現場のニーズに応えた多くの新機能が追加されています。

  

詳細
 
 

 

facebook
twitter
twitter

本メールニュースは、RME製品ならびにシンタックスジャパン取扱製品のご登録ユーザー様、およびメールニュースの配信をご希望された方、アンケート等で配信の同意を頂いた皆様へお送りしています。メールアドレスの変更/配信停止はこちらよりお願いします。すべての記載事項は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。記載される会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。すべての記載事項の著作権は株式会社シンタックスジャパンに帰属します。無断転載は禁止します。株式会社シンタックスジャパン 東京都港区赤坂2-22-21

Copyright© 2019 Synthax Japan Inc. All rights reserved.