TotalMix ループバック基本ガイド - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
動画編集ソフト設定ガイド
ADI-2シリーズガイド
Tutorials
チュートリアル

TotalMix ループバック基本ガイド

 

TotalMix FXはすべてのRMEインターフェイスに搭載される、全入力および再生チャンネルを全てのハードウェア出力へ無制限にミキシング / ルーティング可能な、強力なデジタル・リアルタイム・ミキサー&ルーターです。TotalMixには他にも優れた機能があり、このガイドではその中から「ループバック・モード」の活用方法を解説します。

TotalMix FXの基本設定ループバック以外の活用方法こちらをご覧ください。

ループバックとは

Loopback

ループバックとは、出力される音を再び入力することを意味します。
通常ループバックを行うには、出力端子から入力端子に直接ケーブルをつなげて信号を送りますが、TotalMixのループバック機能は物理的なケーブルを使用せずに、ハードウェア出力の信号を仮想的に入力信号としてルーティング(ループバック)します。TotalMix内のフィードバックもないため、ノイズやフィードバック等の基本的な問題が生じるリスクを抑えられます。

LoopbackはトラックごとにEQやエフェクトを追加してYoutubeやzoomで配信したり、ソフトウェアの再生音とマイクの入力信号をミックスして録音するなど、あらゆる場面で活躍します。

 

TotalMixのループバック機能でできること
  • ZoomやSkypeなどのコンピューター内のアプリケーションの音声を直接録音する
  • 外部ミキサーを使わずに複数のマイクや楽器とコンピューター内のアプリケーションの音声を1つのステレオ・チャンネルにまとめて配信 / 録音する
  • 複数のターンテーブルを用いたDJプレイを、ステレオミックスにまとめて配信 / 録音する
  • ドラムなどの複数チャンネルのレコーディング時に、全入力をまとめてループバックでDigiCheckに送ることで、入力チャンネルをリアルタイムでオーディオ解析する

他にもアイデア次第でさまざまな事に応用が可能です。

ループバック・モードのON/OFF

ループバック・モードのON/OFFは簡単に行えます。ループバックさせたいハードウェア出力チャンネル(最下段)の設定ボタン(スパナのアイコン)をクリックしてチャンネル設定パネルを開き、[Loopback]ボタンをクリックします。

[Loopback]ボタンがオレンジ色に変わりループバックがONになります。OFFにする場合は再度[Loopback]ボタンをクリックします。

【ヒント】
ループバックされた音声は、出力チャンネルと同番号の入力チャンネルへ送られます:

例:
AN 1/2出力をループバックした場合 -> AN 1/2入力へ
AN 3/4出力をループバックした場合 -> AN 3/4入力へ

Loopback_ON

ループバック活用例
「アプリケーションの再生音を録音する」

zoomやSkypeなどのコンピューターの音声を、別のアプリケーション(例ではStudio Oneを使用)に録音する方法を紹介します。

※TotalMix FXの設定方法はWindows / Mac共通です。

1.コンピューターの任意のアプリケーションの音声を確認

コンピューターの任意のアプリケーションを起動し、信号(音声)が正しく出ていることを確認します。

Internet Radio

2.TotalMix FXを設定するLoopback設定

①TotalMix FXを起動し、ルーティングを設定します。TotalMix FXのSUBMIXビューを有効にします(デフォルトはSUBMIXビュー)。

②ハードウェア出力チャンネル(下段)のAN 1/2を選択(選択するとハイライト表示)し、ボリューム・フェーダーを0 dBまで上げます。

③次にソフトウェア再生チャンネル(中段)のAN 1/2のボリューム・フェーダーを0 dBまで上げます。

④ハードウェア出力チャンネル(AN 1/2)のループバックをONにします。
※前述の「ループバック・モードのON/OFF」をご覧下さい。

以上でハードウェア出力チャンネル(AN 1/2)の音声信号が、上段のハードウェア入力チャンネル(AN 1/2)にループバックされました。

 

3.DAW等のアプリケーションで録音する

①録音で使用するアプリケーション(ここではPresonus社 Studio Oneを使用)を起動し、作成したトラックの入力チャンネルで、TotalMixの「AN1/2*」に該当するチャンネルを選択します。
*アプリケーション、OSなどによって表示される名称が異なります。

②トラックを録音待機状態にして、録音を開始します。ループバックされた音声が録音されます。
*この時、ハウリングを避けるためトラックのモニタリングボタンをOffにしてください。

 

Loopback録音

exclamation

アプリケーションの設定や操作の詳細ついては、使用されるアプリケーションのユーザーガイド/オンライン・マニュアル等をご確認ください。

※TotalMixのソフトウェア再生チャンネル、ハードウェア出力チャンネル(2段目、3段目のレベルメーター)共にレベルオーバー(クリップ=赤く点灯)が発生しないように注意して下さい。レベルオーバーが発生する場合は、アプリケーション側のボリュームを下げたり、TotalMixのソフトウェア再生チャンネルのボリュームを下げるなどして調整して下さい。

また、最適なレベルに設定を行う事で良いS/N比が得られます。良いS/N比を得るにはこれらのボリュームを、レベルオーバーを起こさず、かつ最大限の値にすると良いでしょう。

exclamation

インターネットやDVDから保存した音声は、個人として楽しむほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。個人が楽しむ目的でのみご使用ください。

 

ループバックを活用するための記事・ムービーのご紹介

ゲーム配信や歌・演奏配信など、配信やビデオ録画をする
OBS Studioセットアップガイド macOS編 OBS Studioセットアップガイド Windows編
OBS Studioセットアップガイド macOS編 OBS Studioセットアップガイド Windows編
マイク/楽器入力/DAWをミックスして配信する
OBS Studioセットアップガイド Vol.2
マイク/楽器入力/DAWをミックスして配信する
OBS MacとRMEインターフェイスのライブ配信セットアップ


エフェクトをかける
ハードウェア・エフェクトをセンドとして接続する はじめてのTotalMix FX - エフェクトをかけ録りする


アプリケーションで使用する
録音しながらDIGICheckでオーディオを解析する方法 DIGICheck Mac の設定方法
MacでRMEのオーディオ計測・解析ツールDIGICheckを使用する
Skypeの会話をRMEインターフェイスで録音する MacでRMEのオーディオ計測・解析ツールDIGICheckを使用する

戻る