OTARI FS-96 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

MADI Infomation
MADIインフォメーション

OTARI FS-96

FS-96
Otari FS-96は、デジタル・オーディオ信号のフォーマットとサンプルレートを変換するためのデバイスです。5つの業務用デジタル・オーディオ・フォーマット(ADAT、AES/EBU、SDIF-2、TDIF-1、OPTION)すべてに対応し、24チャンネルのデジタル・オーディオ信号を同時にすべての対応フォーマットに目的のサンプルレートで変換することができます。またFS-96はルーターとして使用ことも可能です。デジタル入出力信号は内部でルーティング管理することができますので、ケーブルの配線をいじる必要がありません。

5つのデジタル・オーディオ・フォーマット:
ADAT、AES/EBU、SDIF-2、TDIF-1、MADIのいずれかの入力信号をそれぞれのフォーマットで出力可能。
24チャンネル対応、シグナルルーティング:
入力と出力を自由にルーティング管理することができます。
96kHz/24bit:
32kHz - 96kHz、16 - 24bitに対応。内蔵サンプルレート・コンバーターは入力信号のサンプリングレート/ビットレートを柔軟に変換できます。
同一フォーマットのサンプルレート変換:
入力シグナルは、同一フォーマットの出力端子が使用可能な場合、必要に応じてサンプルレート変換を行うことができます。
高精度クロックジェネレーター:
コンシューマー/セミプロフェッショナルのオーディオ/ビデオ機器からの信号は、安定した精度の高いデジタル信号へとリジェネレートされます。
セットアップ、ルーティング・メモリー:
最大10台分のセットアップとルーティング情報を記憶できます。これら両方のコンビネーションをプリセット化し、ボタンで簡単にリコールすることができます。
  • 同期信号:出力信号のリファレンスクロックは、入力信号、インターナルクロック、もしくは外部ワードクロックから選択可能
  • サンプル単位の正確な同期:ワードクロックのシンク出力で、複数のFS-96ユニットとサンプル単位の正確な同期可能
  • TDIF - AES?EBU間での双方向変換
  • ステータスデータ編集:必要に応じて、デジタル・オーディオ信号に含まれるステータスデータを編集可能
  • 拡張性:拡張用リアパネルスロットを装備。現在オプションとしてMADIインターフェイス・モジュールが発売中
  • LCD Menu Driven Setup Operation:すべての機器設定はフロントパネルのLCDとボタンで操作可能
  • 19" ラック式2U:19インチのラックマウントアダプターが標準で付属します。
  • ユニバーサルボルテージ電源