R-1 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

MADI Infomation
MADIインフォメーション

Euphonix R-1

R-1
R-1システムは24/48トラックレコーダーをMADIでデジタルコンソールと接続するためにデザインされています。

R-1 - 24 System:

  • スタンド、キーボードトレイからのリモート操作
  • R-1キーボード、トラックボール
  • パイロットコンピュータ
  • スタジオハブ
  • オーディオデック
  • MADIインターフェイス
  • ソフトウェアライセンス x1

R-1 - 48 System: 48トラック用バージョン


追加オプション:
  • MADI - アナログ コンバーター
  • アナログ - MADI コンバーター
  • MADI - AES/EBU コンバーター
  • AES/EBU ^ MADI コンバーター
  • 1つ、もしくはそれ以上の9.1GB IBM 9LZX Ultrastarデバイス(Kingston キャリアー )
  • Exabyte Mammoth 20GB 外付ドライブ
  • Exabyte Mammoth 20GB Tape カセット (8mm)
  • Expansion Bay 1 with Kingstonスロット、1 Exabyte Mammoth 20GB ドライブ
  • 13.8 Flat Panel 15" XGA モニター
  • SL156コンソール・インターフェイス (1U ラックマウント)
  • TT007 Multiple Machine Control System (1U ラックマウント)
キーボード、スクリーン、トラックボール・エクステンションケーブル・セット

XGA モニター
一般的なXGAモニター(1024 x 768 resolution)に対応
ドライブ
V2.0 ソフトウェアでは24トラックにつき9GBドライブに、1 オーディオデックにつきExabyte Mammoth 20GBドライブに対応