Ferrofish Pulse16 MX +24 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]

Ferrofish

Pulse16 MX +24

16チャンネル アナログ<> MADI / ADATコンバーター

Ferrofish Pulse16 MX +24

マルチモード Pulse16 MX +24 購入
Pulse16 MX +24 CV
(CVオプション追加)
購入
シングルモード Pulse16 MX +24 Single Mode 購入
Pulse16 MX +24 CV Single Mode
(CVオプション追加)
購入
販売店を探す
ご購入の際には【国内正規製品について】を必ずお確かめください。

製品概要

Ferrofish Pulse16 MX +24は、プロフェッショナルなスタジオやライブの現場で安定した妥協のないパフォーマンスを実現するためにデザインされた、16チャンネルのバランス・アナログ入出力と、4系統のADAT入出力、64チャンネルのオーディオを伝送可能なMADIオプティカル入出力を搭載する極めてコストパフォーマンスに優れたAD/DAコンバーターです。Pulse16 MXの機能に加えて、最大のリファレンス・レベルが+24dBuまで設定が可能になります。

MADIオーディオ・インターフェイスと組み合わせることで空間オーディオなどのマルチ・チャンネル録音再生システムを構築することが可能です。

最大4台のPulse16 MXをMADIを用いてデイジーチェーン接続することで、64のアナログ入力と64の出力を48 kHzで伝送することも可能です。

優れた音質

最大192 kHzに対応するPulse16 MX +24は、洗練されたアナログ・アンプや強力なジッター除去回路に加え、48 kHz使用時も192 kHz使用時も高い分解能を備えた原音に忠実な音質を実現します。さらにハイエンドAD/DAコンバーターを採用し、プロフェッショナル品質のAD/DAコンバージョンを実現します。

 

アナログ&デジタル入出力

Pulse16 MX  24 入出力

1Uサイズの本体には、16系統のバランス・アナログ入力と16系統のバランス・アナログ出力を搭載。フロントパネルのヘッドフォン出力からは全ての入出力信号をモニタリング可能です。

Pulse16 MX +24はMADIオプティカル・マルチモード端子、Pulse16 MX +24 Single ModeはMADIオプティカル・シングルモード端子を標準搭載し、最大64チャンネル(@48kHz)の入出力が可能です。4系統のADAT入出力は最大16chをサポートし、SMUX/2モードで96 kHzに対応します。

デジタル同期を確立させるワードクロックは、BNC端子、もしくはADAT、MADI経由で送受信可能です。

さらにPulse16 MX +24にDante入出力を搭載したPulse16 DX +24もご用意しております。

Pulse16 DX +24 製品情報

 

デジタル・フォーマットコンバーター&ルーター

デジタル・フォーマットコンバーター&ルーター

Pulse16 MX +24の多彩な入出力は、とても柔軟なデジタル・フォーマットコンバーターおよびシグナル・ルーターとして機能します。

オーディオ信号は全てのアナログおよびデジタル・フォーマットに自由に変換でき、さらに8チャンネル単位で複数フォーマットで同時に出力できます。

Ferrofish製品は連続して接続させることで膨大なチャンネル数を驚くほど少ないラックスペースに収めることができます。

 

直感的なオペレーションと高いメンテナンス性

フロントパネルのTFTスクリーン

フロントパネルに備える2つのTFTスクリーンには、インプットとアウトプットすべてのチャンネル・ゲイン、出力レベル、ルーティング、モニタリング、クロックなどの搭載される全ての設定を表示することができ、各チャンネルの様子をすべて目視で確認できます。ヘッドフォン出力からは、単一チャンネル、ステレオペア、サブミックス毎のモニタリングが可能なため、Pulse16 MX +24を経由することで、現場におけるすべての信頼性とメンテナンス性が向上します。

 

RemoteFishによるリモートコントロール

RemoteFish

Pulse16 MX +24は、複数の方法でリモート操作できますので、長距離伝送が必要なライブ録音や放送、設備音響などで理想的なセットアップが可能です。

MIDIをはじめ、MIDI-over-MADI経由でアラート・メッセージを含むリモートコントロールが可能です。リモートコントロール・ソフト「RemoteFish」はウェブサイトから無償でダウンロードでき、複数のFerrofishデバイスの入出力、モニタリング、ルーティングなどの全ての機能を操作できます。

 

CV/Gateコントロール(オプション)

Pulse16 MX +24は、CVオプションを追加することで全ての出力がDCカップリングに対応し、16チャンネルのCV/Gateのコントロールに対応させることができます。これによりDAWのプラグインからモジュラー・システムのコントロールが可能になります。

*本オプションは、出荷時に組み込む必要があります。お持ちのPulse16 MXに追加することはできませんので、ご注意ください。

主な機能

  • 高品位な24 bit / 192 kHz対応コンバーター・チップ搭載
  • アナログ:16チャンネルのTRSバランス・アナログ入出力、24 bit / 192 kHz対応
  • MADI:オプティカルMADI入出力(LC端子、MIDI over MADI対応)
  • ADAT × 4系統:32入力 / 32出力
  • S/MUX:最大192 kHz対応
  • MIDI入出力端子
  • MIDI / MIDI over MADIによるリモート・コントロールが使用可能
  • Word Clock : BNCポート搭載
  • 2つのTFTスクリーンですべてのレベルと設定を完全に操作
  • 多様なルーティング/ミキシングが可能
  • ワン・キー・コントロールですべての機能を簡単に操作
  • 入力ゲインおよび出力レベルをチャンネルごとに個別に調整可能
  • アクティブ・ジッターを軽減する独自回路を搭載
  • ヘッドフォン/サブミックス出力による簡単操作
  • プリセット機能搭載
  • 無音での運用が可能なファンレス構造

入出力

アナログ入力:TRSバランス入力 × 16 アナログ入力:TRSバランス入力 × 16 MADI入出力 × 1 (オプティカルLC)
ADAT入出力

アナログ入力:
TRSバランス入力 × 16

アナログ出力:
TRSバランス出力 × 16

MADI入出力 × 1
(オプティカルLC)

ADAT入出力 × 4系統
(TOSLINK)

MIDI(5-pin DIN):In / Out
ワードクロック入出力(BNC)× 1 ヘッドフォン端子  

MIDI(5-pin DIN):
In / Out

ワードクロック入出力(BNC) × 1

ヘッドフォン端子

使用例

レコーディング・スタジオ

MADI対応オーディオインターフェイスと組み合わせることで高品位なマルチチャンネルのシステムを高いコストパフォーマンスで導入できます。マイクプリアンプなどの信号をADAT回線で受け、MADIを経由して録音/再生が可能です。アウトボードのエフェクターに個別にセンド/リターンするための十分なアナログ入出力を搭載します。MADI1系統につき48 kHzで64チャンネルの伝送に対応するため、4台のPulse16 MX +24を接続させることも可能です。

イマーシブ対応スタジオ

近年導入が増えているイマーシブ対応スタジオでは、多くのFerrofish AD/DAコンバーターが採用されています。メインとなるDAWのマシンとはDanteまたはMADIに対応するオーディオインターフェイスで接続が可能です。Dolby Atmos、Sony 360 Realty Audio、Auro 3Dに対応する十分なチャンネル数を搭載します。Pulse16 MX +24を2台導入することでNHK 22.2フォーマットにも対応する32チャンネルAD/DAコンバーターとして活用いただけます。

ライブ録音

MADI対応オーディオインターフェイスと組み合わせることで高品位なライブ録音システムを構築可能です。PAからのアナログもしくはMADIの信号をPulse16 MX +24で受け、追加のアンビエンスマイク入力をプリアンプからADAT経由で受け取り、Pulse16 MX +24に搭載される内部マトリックス機能を使ってMADI回線にまとめて伝送することが可能ですので、さまざまなシチュエーションの会場でも安心なシステムです。

イマーシブ対応ストリーミング

スポーツなどの試合会場にイマーシブのモニタリング環境を設置したイベントや収録現場におていてPulse16 MX +24は高品位なマルチチャンネルのシステムを高いコストパフォーマンスで導入できます。MADIオプティカルは1系統につき64チャンネルのオーディオ信号を最大2000mまで伝送することができます。観戦するイベント会場では、会場のMCマイク信号を含め、イマーシブでのモニターが可能です。豊富なアナログ出力によって、別途会場からのストリーミング配信へミックスダウンを送る用途に使用できます。

同梱物

AC アダプター、MADI オプティカル・ケーブル(LC/SC)、Pulse16 MXユーザー・ガイド(日本語)

技術仕様

ADAT入出力

  • 4+4 オプティカル・インターフェイス
  • 16 チャンネル @32kHz、44.1kHz、48kHz
  • 16 チャンネル @64kHz、88.2kHz、96kHz
  • 8 チャンネル @128kHz、176.4kHz、192kHz
  • レイテンシー:2 サンプル

 

MADI入出力

  • MADISFPモジュール搭載(オプティカルLC)
    • Pulse16 MX +24:マルチモード
    • Pulse16 MX +24 Single Mode:シングルモード
  • 64 チャンネル@32kHz、44.1kHz、48kHz
  • 32 チャンネル@64kHz、88.2kHz、96kHz
  • 16 チャンネル@128kHz、176.4kHz、192kHz
  • MIDI over MADI対応
  • レイテンシー:2サンプル

 

ワード・クロック

  • BNC:1 x 入力、1 x 出力
  • 入力の75 Ωターミネーションを切替可能

 

MIDI入出力

  • MIDI規格 1.0/1996
  • リモート・コントロール用2 x 5 ピン I/O ポート
  • MIDIからMIDI over MADIへの変換が可能

 

出力 (アナログ)

  • 16 x TRS1/4インチ(6.3mm)、メス
  • デジタル・ゲイン:+24dBu ~ -8dBu の範囲で 1dB 刻み
  • レイテンシー: @48kHz:12/fs、0.25ms、@96kHz:9/fs、0.09ms、@192kHz:5/fs、0.03ms

 

入力 (アナログ)

  • 16 x TRS1/4インチ(6.3mm)、メス
  • デジタル感度:+24dBu ~ -8dBu の範囲で 1dB 刻み
  • レイテンシー: @48kHz:7.8/fs、0.16ms、@96kHz:5.4/fs、0.06ms、@192kHz:6.6/fs、0.03ms

 

オペアンプ

  • RC4580

ディスプレイ

  • 2 x カラー TFT ディスプレイ

 

ヘッドフォン

  • 1 x 1/4 インチ(6.3mm)TRS 端子、ステレオ
  • モノまたはステレオ・ソースを選択可能
  • デジタル制御されたボリューム・レベル

 

PLL

  • ジッター除去機能付き、デジタル制御された PLL
  • 出力ジッター:50ps ~ 100ps typ.

 

内部クロック

  • 高精度 TCXO(温度補償水晶発振器)
  • 初期精度:+/-1.5ppm
  • 温度ドリフト:+/-2.5ppm
  • エージング:+/-1.0ppm

 

ヒューズ

  • 内部の自己復帰型ポリヒューズ

 

電源

  • 外部電源ユニット(12 ボルト、3 アンプ)付属

 

消費電力

  • 動作時 12VA、スタンバイ・モード 0,1VA(効率レベル VI)

 

寸法

  • 483 x 44 x 190mm (端子の寸法が含まれます)

 

重さ

  • 2 kg

 

温度

  • +5°C~ +45°C

 

湿度

  • 75% 未満、結露なきこと

※仕様は予告なく変更になる場合がございます。

アクセサリ

Power Supply for A32 and A16 : A32, A32 DANTE, Verto, Pulse16 MX /DX 用ACアダプター

Power Supply for A32 and A16 : A32, A32 DANTE, Verto, Pulse16 MX用ACアダプター

A32, A32 DANTE, Verto, Pulse16 MX / DX用ACアダプター 

関連製品

Pulse16 DX +24 A32pro A32pro Dante
MADIface USB

Pulse16 DX +24

A32pro

A32pro Dante

MADIface USB

16チャンネル・アナログ <>
Dante / MADI / ADATコンバーター

32チャンネルアナログ <>
MADI / ADATコンバーター、ルーター

32チャンネル・アナログ <>
MADI / Dante / ADATコンバーター、ルーター

モバイルPC向け
USB MADIインターフェイス