Ferrofish Pulse16 MX - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
PCI . CardBusシリーズ
DAW/マスタリング
Quick Links
RME Users

MADI Everywhere

伊藤隆⽂ - デジタルマイクとRMEのデジタルマイクプリ「DMC-842」を使ったコンサート収録

デジタルマイクを使って、2013年4月に幕張メッセにて開催されたニコニコ超会議2、Red Stageでの「オーケストラでお送りする ゲームミュージックLIVE」の収録を成功させた株式会社ongaqのレコーディング・エンジニア、伊藤 隆⽂さんにインタビューを実施いたしました。

続きを読む

RME MADI

MADI Information

MADIインフォメーション(MADI理論 / 実践)

MADI Information

MADIはサンプル単位の精度でマルチチャンネルの長距離オーディオ伝送を最もシンプルな手段で提供する便利なインターフェイス・テクノロジーです。

近年のサラウンド・プロダクションをはじめとするオーディオチャンネル数の増加がMADIが生まれた背景にあり、典型的な導入メリットとしては長距離伝送、設置コストの削減、全体的なメンテナンスの軽減があげられます。

詳細はこちら

RME MADIシステム導入ご相談・お見積もり

簡単なコンサート収録から中継などを含む大規模な収録システム、さらには、放送局やスタジオへのMADIシステム導入まで、システム設計のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

お見積もりシステム構築 ご相談

Ferrofish Pulse16 MX

16チャンネル アナログ<> MADI / ADATコンバーター

180,000円(税抜)

Find Dealer

製品概要

Ferrofish Pulse16 MXは、プロフェッショナルなスタジオやライブの現場で安定した妥協のないパフォーマンスを実現するためにデザインされた、16チャンネルのバランス・アナログ入出力と、4系統のADATポート、1系統のMADIポートを搭載する極めてコストパフォーマンスに優れたAD/DAコンバーターです。
1画面に対して16チャンネル、2画面の合計で32チャンネルの情報を一覧することができ、直感的にコントロールすることが可能で、他のオーディオ・インターフェイスと組み合わせることで、システムのバリエーションを大きく広げることができます。

例えばRME Fireface UFX IIFireface 802など、ADAT端子を2系統搭載する機器には48kHz環境で16ch入力+16ch出力を、ADAT端子を4系統搭載するVerto 32RME Digiface USBとの接続では、96kHz環境で16ch入力+16ch出力をシームレスに低コストで接続する事ができます。
またMADIネットワーク環境においては、最大192kHzで16チャンネルずつの入出力を行うことができますので、Verto MXRME Fireface UFX+MADIface Proと組み合わせることでハイレゾ・レコーディング現場などでも便利にお使いいただけます。また最大4台のPulse16 MXをMADIを用いてデイジーチェーン接続することで、64のアナログ入力と 64の出力を48kHzで伝送することも可能です。

直感的なオペレーションと高いメンテナンス性

ディスプレイ

フロントパネルに備える2つのTFTスクリーンには、インプットとアウトプットすべてのチャンネル、計32チャンネルのレベルメーターを表示することができ、各チャンネルの様子をすべて目視で確認できます。ヘッドフォン・アウトからは、単一チャンネル・ステレオペア・サブミックス毎のモニタリングが可能なため、Pulse16 MXを経由することで、現場におけるすべての信頼性とメンテナンス性が向上します。

優れた音質

Pulse16 MXは、洗練されたアナログ・アンプや強力なジッター除去回路と共に、Cirrus Logic社の高品位コンバーター・チップが使われており、48kHz使用時も192kHz使用時も高い分解能を備えた素晴らしい音質を実現しています。

* MADIオプティカル端子は標準ではマルチ・モード仕様です。シングル・モードをご希望の場合は「RME MADIシステム構築 ご相談フォーム」、もしくは「 RME Premium Lineディーラー」までお問い合わせください。

主な機能

  • Cirrus Logic社24Bit/192 kHz対応コンバーター・チップ搭載
  • アナログ:16チャンネルのTRSバランス・アナログ入出力、24bit/192kHz対応
  • MADI:オプティカルMADI入出力(LC端子、MIDI over MADI対応)
  • MIDIによるリモート・コントロールが使用可能*
  • ADAT:4系統(16ch@96kHz)のADAT入出力を搭載
  • 最大192kHzに対応するSMUX
  • Word Clock : BNCポート搭載
  • MIDI入出力端子*
  • 2つのTFTスクリーンですべてのレベルと設定を完全に操作
  • 多様なルーティング/ミキシングが可能
  • ワン・キー・コントロールですべての機能を簡単に操作
  • 入力ゲインおよび出力レベルをチャンネルごとに個別に調整可能
  • アクティブ・ジッターを軽減する独自回路を搭載
  • ヘッドフォン/サブミックス出力による簡単操作
  • プリセット機能搭載
  • 無音での運用が可能なファンレス構造

* MIDIのリモート機能は今後のアップデートで搭載する予定です。

入出力

  • アナログ入力:TRSバランス入力 × 16
  • アナログ出力:TRSバランス出力 × 16
  • MADI入出力 × 1系統 (オプティカルLC)
  • ADAT入出力 × 4系統 (TOSLINK)
  • MIDI(5-pin DIN):In / Out
  • ワードクロック入出力(BNC)× 1
  • ヘッドフォン端子

使用例

MADI入出力による、長距離伝送や多チャンネル、ハイレゾ・マルチチャンネルに対応

Ferrofish Pulse16 MX and MADI

MADIに対応するPulse16 MXでは、アナログ 16チャンネル、ADAT 32チャンネルを自由にルーティングし、すべてのオーディオ信号をMADIに変換できます。例えばRME Fireface UFX+とMADI接続を行うことで、RME Fireface UFX+のすべてのアナログ入出力、ADAT入出力、AES/EBU入出力に加え、MADIで接続されたPulse16 MXの入出力をFireface UFX+に追加することができます。

* ADAT x 4:192kHz時:最大8チャンネル

また最大4台のPulse16 MXをMADIを用いてデイジーチェーン接続することで、64のアナログ入出力を48 kHz伝送することも可能です(MADI x 1: 48kHz時:最大64チャンネル、192kHz時:最大16チャンネル)。

Ferrofish Verto MXと併用することで、MADI - DANTEネットワークを構築

Ferrofish Pulse16 MX and MADI

Pulse16 MXのアナログ16チャンネルをVerto MXにMADI転送しVerto MXでDanteに変換することで、。Dante対応ミキサーでミキシング、ネットワーク上のコンピュータで録音するなど、非常にコンパクトなMADI - DANTEシステムを構築することができます。さらにRME OctaMic IIなどのADAT接続に対応するマイクプリを組み合わせることで、最大32チャンネルのマイクプリを追加できます(ADAT x 4: 48 kHz時:最大32チャンネル、192 kHz時:最大8チャンネル)。

ADAT x 4系統を利用した、シンプルなアナログ入出力のDAW環境を構築(96kHz / 16チャンネル)

Ferrofish Pulse16 MX and ADAT

4系統32チャンネルのADAT入出力ポートを搭載するPulse16 MXは、96kHz環境であっても16チャンネルすべてのアナログ入出力をADATに相互変換が可能です。ADAT入出力を4系統搭載するRME Digiface USBとの組み合わせることにより、デジタル・ミキサーTotalMix FXを使いミックスを作成したり、コンピューター上のDAWで録音を行うことができます。
またVerto 32との組み合わせることで、Danteネットワークに16チャンネルの入出力を追加し、またDante<>MADIの変換も可能となります。

同梱物

ACアダプター、LC / SC アダプター・ケーブル、Pulse16 MXユーザー・ガイド(日本語)

技術仕様

ADAT入出力

  • 4+4 オプティカル・インターフェイス
  • 16 チャンネル @32kHz、44.1kHz、48kHz
  • 16 チャンネル @64kHz、88.2kHz、96kHz
  • 8 チャンネル @128kHz、176.4kHz、192kHz
  • レイテンシー:2 サンプル

 

MADI入出力

  • MADIマルチモードSFPモジュール搭載(オプティカルLC)
  • 64 チャンネル@32kHz、44.1kHz、48kHz
  • 32 チャンネル@64kHz、88.2kHz、96kHz
  • 16 チャンネル@128kHz、176.4kHz、192kHz
  • MIDI over MADI対応
  • レイテンシー:2サンプル

 

ワード・クロック

  • BNC:1 x 入力、1 x 出力
  • 入力の75 Ωターミネーションを切替可能

 

MIDI入出力*

  • MIDI規格 1.0/1996
  • リモート・コントロール用2 x 5 ピン I/O ポート
  • MIDIからMIDI over MADIへの変換が可能
* MIDIのリモート機能は今後のアップデートで搭載する予定です。

 

A/Dコンバーター

  • 2 x CS5368(Cirrus Logic)

 

出力 (アナログ)

  • 16 x TRS1/4インチ(6.3mm)、メス
  • デジタル・ゲイン:+20dBu ~ -8dBu の範囲で 1dB 刻み
  • レイテンシー: @48kHz:12/fs、0.25ms、@96kHz:9/fs、0.09ms、@192kHz:5/fs、0.03ms

 

D/Aコンバーター

  • 2 x CS4365(Cirrus Logic)

 

入力 (アナログ)

  • 16 x TRS1/4インチ(6.3mm)、メス
  • デジタル感度:+20dBu ~ -8dBu の範囲で 1dB 刻み
  • レイテンシー: @48kHz:7.8/fs、0.16ms、@96kHz:5.4/fs、0.06ms、@192kHz:6.6/fs、0.03ms

 

オペアンプ

  • RC4580

ディスプレイ

  • 2 x カラー TFT ディスプレイ

 

ヘッドフォン

  • 1 x 1/4 インチ(6.3mm)TRS 端子、ステレオ
  • モノまたはステレオ・ソースを選択可能
  • デジタル制御されたボリューム・レベル

 

PLL

  • ジッター除去機能付き、デジタル制御された PLL
  • 出力ジッター:50ps ~ 100ps typ.

 

内部クロック

  • 高精度 TCXO(温度補償水晶発振器)
  • 初期精度:+/-1.5ppm
  • 温度ドリフト:+/-2.5ppm
  • エージング:+/-1.0ppm

 

ヒューズ

  • 内部の自己復帰型ポリヒューズ

 

電源

  • 外部電源ユニット(12 ボルト、3 アンプ)付属

 

消費電力

  • 動作時 12VA、スタンバイ・モード 0,1VA(効率レベル VI)

 

寸法

  • 483 x 44 x 190mm (端子の寸法が含まれます)

 

重さ

  • 2 kg

 

温度

  • +5°C~ +45°C

 

湿度

  • 75% 未満、結露なきこと

 

アクセサリ

PSU for A32 : A32, A32 DANTE, Verto, Pulse16 MX用ACアダプター

A32, A32 DANTE, Verto, Pulse16 MX用ACアダプター