Appsys ProAudio MVR-64 multiverter - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]

MVR-64 multiverter

448 × 448 チャンネル・ユニバーサル・フォーマット・コンバーター / デジタル・パッチベイ

対応フォーマット

3月18日発売

あらゆるデジタル・フォーマットに対応

Swiss Design Made In Germanyの万能デジタル・コンバーター

MVR-64 multiverterは、ADAT、MADIオプティカル、MADIコアキシャル、MADI TP(AES-X213 MADI-TPモード)、AES50、Dante/AES67に対応し、各フォーマット間の変換を自由に行えるユニークなフォーマット・コンバーターです。

各フォーマットにつき64×64チャンネル(AES50は48×48チャンネル)のコンバージョンに対応し、且つ全てのフォーマットに同時にチャンネル単位で自由にルーティング、スプリットが可能な448×448チャンネルのマトリックス・ルーターとしても機能します。

さらに、拡張可能なオプション・スロットを搭載し、AVB、Soundgrid、AES/EBUに対応するオプション・モジュールの発売予定がされています。

内蔵ヘッドホン・アンプとテスト・トーン・ジェネレーターを用いることで、簡 単に機器の診断が可能です。電源入力を3系統備え、2系統のACまたはDC(バッ テリー・パック)によるフル ・ リダンダント運用も可能です。

tl_files/images/products/mvr-64/clock.png

オプション・スロットに「SRC-64」サンプルレート・コンバーター・プラグイン・モジュールを追加することにより、64×64チャンネル双方向の非同期オペレーションが可能になります。これにより、例えばDanteネットワークで組まれるライブPAシステムから信号を分岐する際に、システム全体への干渉を回避できるだけでなく、中継車等の別のマスター・クロックを有するシステムとのブリッジとしても最適なソリューションとなります。

*Dante<>Danteのサンプルレート・コンバートには対応していません。

 

 

ClockShieldテクノロジー

tl_files/images/products/mvr-64/clocksheild.png

ClockShield 機能は、受信中のマスター・クロック信号が途切れた場合でも最 大 1 秒間(!)の通常動作を可能するマルチバーター独自の機能です。これに よりクロック・システムの障害やグリッチ、ドロップアウトに対して非常に堅 牢な動作が可能になります。

クロック入力信号が途切れると、マルチバーターは途切れる前に適切にロッ クされていた周波数で内蔵クロックを最大 1 秒間動作させます。その間、オー ディオ処理は途切れることなく出力されます。

クロック入力が復旧すると、データとクロックをビット単位で完璧に合わせ る再同期処理が行われます。ポップやクリックを避けるため、すべてのオー ディオ信号は再同期前にソフトウェア・ミュートされ、再同期後にミュート が解除されます。このプロセスはわずか数ミリ秒であり出力信号への影響 は最小限に抑えられているため、多くの場合聴き分けることはできないで しょう。

フル・リモート・コントロール

multiverterにはWeb サーバー、及びtelnet サーバーが搭載され、全ての設定をリモート・コントロール可能です。またMADIストリームにコントロール信号(ヘッドアンプ・リモート、MIDI over MADI等)を埋め込んでいる場合も、阻害せずに届けることができます。

全ての設定はプリセットとして保存し、読み込むことができますので、セッションの切り替えを瞬時に行うことが可能です。

リモートのデモはこちら

 

 

主な機能

  • ADAT入出力 × 8、SPDIF、AES3オプティカル対応
  • MADIオプティカル入出力 × 1
  • MADIコアキシャル入出力 × 1
  • MADI TP(AES-X213 MADI-TPモード)入出力:最大2系統*
  • AES50入出力:最大2系統*
  • Dante/AES67入出力 × 2
  • MIDI入出力 × 1:MIDI端子からMADIストリームにエンベディング/ディエンベディング可能
  • 対応サンプルレート:32kHz〜192kHz
  • ワードクロック入出力 × 1
  • MADIおよびADATは96kフレーム、S/MUX対応
  • サンプルレート・コンバーター SRC-64モジュール(オプション)
  • 各インターフェイスにつき全てのフォーマットに64x64チャンネル・ルーティング、スプリットに対応
  • 超低レイテンシー設計:2サンプル@48kHz
  • 全ての信号をモニタリング可能なヘッドフォン・アンプ搭載
  • ウェブ、telnet、USB経由で完全リモート・コントロール対応
  • 拡張オプションで対応フォーマット(AVB、Soundgrid、AES/EBU)の追加可能**
  • 迅速な回線チェックを可能にするテストトーン・ジェネレーター搭載
  • MIDI over MADI機能による対応機器のリモート・コントロール
  • プリセットの保存、読み込み:12プリセット
  • リダンダント電源(内部電源x 2、外部電源 x 1)
  • ヘッドアンプ・リモート・コントロール対応予定 (Yamaha、Behringer、MIDAS)

 

*2系統使用時にはMADI-TPポートをAES50として、またはAES50ポートをMADI-TPとして使用するため、ピン配列を変更するアダプターやケーブルが別途必要です。詳細は「変換ケーブルについて」をご参照ください。

**近日発売予定

使用例

FOHがDanteネットワークのマスター・クロックとして設定されている現場では、中継車などMADIシステムで組まれたシステムで信号を受ける場合にサンプルレート・コンバーターを使用することで、マスター・クロックの変更などをせずにDante経由の信号をMADIで受信することが可能です。

このセットアップのmultiverterのプリセットファイルは以下からダウンロードいただけます。

ダウンロード

Audinate社が提供するVirtual Sound Cardを利用することで、マルチ・フォーマットのオーディオインターフェイスとしてご利用いただけ、録音、編集、再生が可能になります。

ADAT出力しか搭載されないマイクプリアンプでも、MADIやDanteなどを経由しマルチチャンネル伝送を行うことが可能になります。

Appsys ProAudio

Appsys ProAudio(アプシス・プロオーディオ)は、2007 年にスイス・チューリッヒで創立したプロオーディオ機器メーカーで、今日の音のプロフェッショナルの現場に必要とされるツールをワールドワイドに展開しています。多様なフォーマット・コンバージョンを実用的且つ高性能に実現するテクノロジーを採用し、細部までこだわり抜いた設計がなされた製品群は、ブロードキャストや制作現場で定評を得ています。Appsys ProAudio製品は全てスイスでデザイン設計され、ドイツで製造されており、徹底した品質管理とスピードのある生産体制が整えられています。

同梱物

電源ケーブル、ユーザー・ガイド(日本語)

技術仕様

  • 寸法(WxHxD):482x45x230mm (BxHxD)
  • 重量:2.25 kg
  • 動作温度:0〜+50°C、結露無き事
  • 保存温度:-40〜+85°C、結露無き事
  • 消費電源:平均8W、最大30W
  • AC入力:AC90〜240V、50-60Hz、0.75A
  • DC入力:DC9-24V (最大許容30V)、2.5Aピーク
  • チャンネル数 @ 32/44.1/48kHz:各インターフェイスにつき最大64チャンネル
  • チャンネル数 @ 64/88.2/96kHz:各インターフェイスにつき最大32チャンネル
  • チャンネル数@128/176.4/192kHz:各インターフェイスにつき最大16チャンネル
    • 各インターフェイスの全チャンネルを同時にコンバージョン可能
  • サンプルレート:32 / 44.1 / 48 / 64 / 88.2 / 96 / 128 / 176.4 / 192 kHz +/-100ppm
    • バリスピード非対応
  • レイテンシー:受信、コンバート、送信にかかるレイテンシー(サンプル)は以下の通り
    • 32/44.1/48kHz:n = 1
    • 64/88.2/96kHz:n = 2
    • 128/176.4/192kHz:n = 4.
    • Dante Contorollerで設定された値 =d

 

  ADAT MADIオプティカル MADIコアキシャル MADI TP AES50 Dante 拡張ボード
ADAT 3*n 3*n 3*n 3*n 4*n 3*n+d 3*n
MADIオプティカル 3*n 3*n 3*n 3*n 4*n 3*n+d 3*n
MADIコアキシャル 3*n 3*n 3*n 3*n 4*n 3*n+d 3*n
MADI TP 3*n 3*n 3*n 3*n 4*n 3*n+d 3*n
AES50 4*n 4*n 4*n 4*n 5*n 4*n+d 4*n
Dante 3*n+d 3*n+d 3*n+d 3*n+d 4*n+d - 3*n+d

 

  • ADAT端子:8入力、8出力
    • チャンネル数@44.1/48kHz:64ch
    • チャンネル数@88.2/96kHz:@32ch
    • 各端子は2チャンネル@44.1/48kHzのSPDIFもしくはAES3として利用可能
  • PC端子:USB 2.0 (FTDI 2232)
    • リモート・コントロール、ファームウェア・アップデート用(オーディオ・インターフェイスとしては機能しません)
  • RS485端子:D-Sub 9ピン・オス
    • Yamaha AD8HR対応
    • ピン配列:2=RX-, 3=TX-, 4=TX+, 5=GND, 6=RX+
  • システム拡張端子:HDMIコネクター(HDMI機器には対応しません)
    • チャンネル数@32/44.1/48kHz:64ch
    • チャンネル数@64/88.2/96kHz:@32ch
    • チャンネル数@128/176.4/192kHz:16ch
  • MADIオプティカル端子:SCコネクター、50/125 µmもしくは62.5/125 マルチモード・ファイバー、1300nm、最大2000m
    • シングル・モードをご希望の場合は「RME MADIシステム構築 ご相談フォーム」、もしくは「RME Premium Lineディーラー」までお問い合わせください。
    • チャンネル数@32/44.1/48kHz:64ch
    • チャンネル数@64/88.2/96kHz:@32ch
    • チャンネル数@128/176.4/192kHz:16ch
    • MIDI-over-MADI
    • 不可視ユーザービット・フォワーディング対応
  • MADI BNC端子:スタンダードAES10コアキシャル端子
    • チャンネル数@32/44.1/48kHz:64ch
    • チャンネル数@64/88.2/96kHz:@32ch
    • チャンネル数@128/176.4/192kHz:16ch
  • MADI TP端子:AES-X 213互換
    • 32/44.1kHz:64ch
    • チャンネル数@48kHz:56ch
    • チャンネル数@64/88.2:32ch
    • チャンネル数@96kHz:28ch
    • チャンネル数@128/176.4kHz:16ch
    • チャンネル数@192kHz:14ch
    • ピン配列:MADI-TP=4/5、7/8 MIDI-over-MADI
    • 不可視ユーザービット・フォワーディング対応
    • 2つ目のAES50端子としても利用可能。ピン配列:Data = 4/5, 7/8、Sync = 1/2, 3/6 (アダプター・ケーブルが必要)
  • AES50端子:AES50 3.1互換
    • チャンネル数@44.1/48kHz:48ch
    • チャンネル数@88.2/96kHz:24ch
    • ピン配列:Data = 1/2/3/6、Sync = 4/5/7/8
    • 2つ目のMADI-TPとしても利用可能。ピン配列:1/2, 3/6 (アダプター・ケーブルが必要)
  • ワードクロック端子
    • 出力:5.0Vpp、2つの並列75Ω終端を駆動可能
    • 入力:2.0Vpp〜5.0Vpp
  • Dante/AES67端子
    • Gigabit Ethernet × 2
    • Dante ControllerでSwitchedもしくは/およびRedundantとして設定可能
    • Deviceプレフィックス:MVR64
    • チャンネル数@32/44.1/48kHz:64ch
    • チャンネル数@64/88.2/96kHz:32ch
    • チャンネル数@128/176.4/192kHz:16ch
  • MIDI端子:スタンダードMIDI入出力
  • ヘッドフォン:2x125mW into 32Ohm (@0.01% THD+N)
    • 帯域幅:22Hz〜22kHz
  • ESDプロテクション:全端子:+/- 15kV (Human Body Model)

オプション

アクセサリー

各種 MADIケーブル / MADIケーブル・ドラム

MADI Cable

ALVA MADIケーブル / MADIケーブル・ドラム