ADI-2 DAC - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]

ADI-2 DAC FS

PCM 768kHz / DSD 11.2MHz 対応 リファレンス・クラス・マスターDAコンバーター

ADI-2 DAC FS 受賞アワード

オープンプライス

購入 販売店を探す

ご購入の際には【国内正規製品について】を必ずお確かめください。

レンタルでお試しいただくことも可能です。レンタルはこちら

数量限定ADI-2シリーズ導入支援キャンペーン

製品概要

 

ADI-2 DAC FSは、RMEのフラグシップDAコンバーターとして長年培った技術と経験をもとに開発されました。メインスピーカー出力、ヘッドフォン出力、IEM出力の全てに開発者のこだわりと精密な設計が施され、正確で明瞭なサウンドと類を見ない程のS/N比、歪み率、低ジッターを実現しています。

一般的なオーディオ・インターフェイスの品質を遥かに上回るリファレンス・クラスのハイエンドDAコンバーターを搭載するADI-2 DAC FSは、既存の制作システムにマスターDAコンバーターとして追加することで、従来では実現が難しかった精密で正確なバランスをとるためのトップ・クラスのモニター環境を構築できます。

PCM 768 kHz・32 bit / DSD 11.2 MHzの再生、ジッターを極限まで抑制し原音に忠実なDAコンバージョンを可能にするSteadyClock FS、可能な限りの低ノイズ・高解像度再生のために調整されたアナログ回路、多機能リモート・コントローラー、Extreme Powerヘッドフォン出力、超低ノイズ・インイヤー・モニター(IEM)用出力を搭載し、RMEのフラグシップAD/DAコンバーターである「ADI-2 Pro」でも高い評価を得た無色透明なサウンドを引き継ぎ、完全にDSPで処理されるベース / トレブル調整、ラウドネス、5バンド・パラメトリックEQ、クロスフィードなど、正確で精密な再生環境を提供するための様々な機能群をハーフラック・サイズに収めることに成功しています。

ADI-2 DAC FSは、シンプルな操作性と魅力的なデザインによって、スタジオでのリファレンス再生、プロフェッショナル・マスタリング、オーディオ愛好家のリスニング環境まで、理想的なセンター・ピースとしてお使いいただけます。

ADI-2 DAC FS開発の背景

入出力

同軸 TOSLINK

XLR出力 × 2

RCA出力 × 2

SPDIFコアキシャル(AES/EBU互換)入力 × 1

SPDIFオプティカル(ADAT互換)入力 × 1

Extreme Power ヘッドフォン出力 Super Low Noise IEM(インイヤー・モニター) 出力 USB端子 MRC

Extreme Powerヘッドフォン出力 × 1

超低ノイズIEM出力 × 1

USB 2.0 × 1

多機能リモートコントローラー

主な機能

  • ハイエンド・スタジオ・クオリティの32bit / 768kHz対応マスターDAコンバーター
  • DSD 11.2 MHz再生対応
  • Windows(ASIO、WDM)、Mac、iOS対応
  • 高機能で便利なリモート・コントローラー搭載
  • DC-coupled出力
  • リファレンス・レベルのサウンドとヘッドルームを実現するExtreme Powerヘッドフォン出力
  • 超高感度インナーイヤー型イヤホンでも低ノイズを実現する独自のIEM出力
  • ジッターを極限まで抑制し原音に忠実なDAコンバージョンを実現するSteadyClock FS
  • 左右個別に設定可能な5バンド・パラメトリックEQ
  • すばやく調整できるBass/Treble(ベース/トレブル)
  • スピーカーのセットアップに近い音像でヘッドフォン・モニタリングを実現するクロスフィード機能
  • 新コンセプトのラウドネス・コントロール
  • 30バンド・アナライザー
  • 出力レベルに応じて基準レベルが切替わるAuto Ref Levモード
  • 選択可能なDAフィルター
  • DSDフィルター
  • 4つのリファレンス・レベル
  • EQを含む全ての設定を保存、読み込み可能なプリセット機能

多目的設計

ADI-2 DAC FSはあらゆるデバイスの機能を一つにまとめ上げ、その全てをコンパクト・サイズに収めています。さらに開封してすぐに使用できるようなシンプルな操作性を実現し、あらゆる場面で活躍します。

  • ハイエンド・マスターDAコンバーター
  • 真の最高品質ヘッドフォン・アンプ
  • かつて無い性能と多くの機能を備えるUSB DAC
  • iPad/iPhone用最高品質DAフロントエンドおよびヘッドフォン・アンプ
  • SPDIF/ADAT再生システム
  • DSD再生ソリューション

マスターDAコンバーターの存在意義

ADI-2 DAC FS

DAコンバーターのリファレンスとして、ドイツのクラフトマンシップによる精巧な設計と培われた技術力によって生まれたADI-2 DAC FSは、DAコンバーター市場に革新を起こしました。

ADI-2 DAC FSは、既存の制作システムに追加可能なマスターDAコンバーターで、高価なDAを備えるプロフェッショナル・スタジオにおいてもリファレンスとなる、新時代の超低ノイズ、低歪み、そして、SteadyClock FSによる1000兆分の1秒精度のジッター抑制によって、プロフェッショナルなミックスダウン、マスタリングに欠かせないモニタリング環境を提供します。

既存のオーディオ・インターフェイスのデジタル出力からADI-2 DAC FSに接続し、本機をマスターDAコンバーターとして据えることで、ミニマルなホームスタジオや小規模スタジオでも極めて信頼性の高いハイエンド・スタジオの品質でモニタリング、ミックス、マスタリングが行えます。

ADI-2 DAC FSは、マスターDAコンバーターとしての便利な機能を数多く備え、本体やリモコンから操作できます:

  • レベル、ディム、バランス、ステレオ幅、モノラル、M/S処理、クロスフィード、ラウドネス、ループバック設定
  • 最適なS/N比を確保する4段階の自動基準レベル:+1 dBu、+7 dBu、+13 dBu、+19 dBu
  • スピーカー出力 / ヘッドフォン / IEM出力切替
  • ヘッドフォンやルーム補正を可能にする高品質5バンド・パラメトリックEQ(L、R)
  • レベルメーター、スペクトル・アナライザー、同期状況を確認する高解像度IPSディスプレイ
  • リスニング・ポジションからリモコンで設定切替が可能

精巧に設計されたサウンド再生

PCB

*写真はADI-2 ProのPCBです。ADI-2 DACのデザインは異なります。

ADI-2 DACは、真のリファレンス・サウンドを実現するために、全ての設計において特別なストーリーが隠されています。メインのPCB(基板)は、カスタムの厚さで作られた銅を使用し10レイヤーで形成されています。これによってコンパクト・サイズでも十分な機能を実現し、ノイズの乗らないもっとも理想的な環境を提供可能にしています。内部電源ステージと高精度レギュレーターはパフォーマンスを低下させない超低ノイズ設計がされています。厳選されたオペアンプ「SoundPlus」はすべての条件下で最高のSNR、最低のTHD、高いスルー・レートを実現し、アナログ回路全体は完全なシンメトリカル、バランス、DCカップリングで設計されています。

ADI-2 DACを開発するにあたり、RMEのエンジニアはすでに完璧なアナログ出力を持っていたADI-2 Proをさらに改良することを課題に、リレーやアッテネーター、オペアンプを追加し、さらなるノイズ軽減とTHDの改善に成功しました。特にADI-2 DACで初めて搭載されたRCA出力での低出力再生では、その効果は非常に大きなものとなりました。

EQ、クロスフィード、スペクトラル・アナライザーなどの内部オーディオ処理は、2.17Giga FLOPS(2882 MIPS)の構成のDSPで行われるため、768kHzの作業でもパソコンに負荷を掛けずに行えます。

ADI-2 DAC FSは、本来意図されたサウンドを損なわないように、何も足さず何も引かず、完全な状態で音声をモニターできるように設計されています。そのため、可能な限りの低ノイズ設計で解像度の高い再生が可能です。S/N比やTHDなどの技術仕様に書かれる数値は、パーツの仕様ではなく全て実測値です。

アナログ出力とボリューム・コントロール

リア・パネルのアナログ出力は、接続する機器へ最適なレベル信号を送出するための高品質アナログ・リレー回路が内蔵されており、RCA出力ではXLR出力とは異なる4つのリファレンス・レベル (+13dBu、+7dBu、+1dBu、および-5dBu) を備え、接続先は民生機、業務機を問わず適切な基準レベルで設定することができます。また、出力レベルに応じて基準レベルが切替わるAuto Ref Levモードを備え、VOLUMEノブ使用時のSN比を最適化します。

RMEの42ビットTotalMixテクノロジーによるデジタル・ボリューム・コントロールは、190 dB以上の範囲で歪みが発生せず、原音を忠実に出力し、最高品質の音質を提供します。

ヘッドフォンの性能を最大限に引き出す

 

ADI-2 DACのヘッドフォン出力は、オーバーイヤー・ヘッドフォンからイヤモニまであらゆる種類のヘッドフォンのリファレンスとして使用可能で、最高品質のアンバンランス信号を出力します。高/低インピーダンス・ヘッドフォンに最適化された独立2系統のドライバー回路から出力されるExtreme Powerヘッドフォン出力 (6.3mm標準) と超低ノイズIEM出力 (3.5mmミニジャック) は、接続するヘッドフォン、イヤホン、インイヤー・モニターに応じた最適な出力レベルを提供します。

Extreme Powerヘッドフォン・ドライバー出力 (6.3mm標準)

Extreme Powerヘッドフォン・ドライバー出力は、測定時に通常用いられる「負荷無し」の状態はもちろんのこと、実際のオペレーションを想定した32Ωまたは16Ωの負荷状態でも極めて低いTHD値を出すことを最終ゴールとして開発され、これにより、出力インピーダンス0.1Ω、最大出力レベル+22dBu、最大出力は1.5W/チャンネルという特性を実現し、メイン出力同様S/N比が120dBAと、事実上、ノイズ・フリーのモニタリングが可能です。また最大出力レベルは+22dBuと+7dBuで切替が可能になため、高インピーダンスの大型ヘッドフォンから、低インピーダンスのコンパクト・ヘッドフォンやイヤホンなど幅広い機器に対応します。さらに、回路を切断しヘッドフォン出力をミュートするリレーや、DC保護回路、短絡による過電流から出力段を守る過電流保護回路など、出力段で起こり得る問題に対する様々な対策が施されているなど、小型パワー・アンプさながらの機能を備えます。

 

超低ノイズIEM出力(3.5mmミニジャック)

世界的なヘッドフォン・ブームにより、ヘッドホンだけでなく、インイヤー・モニター(IEM)も、オーディオファンや音楽愛好家の注目を集めるようになりました。現代のIEMは、大きなオーバー・ヘッドフォンにも勝るとも劣らないリファレンス・クラスの音質を持っており、モバイルだけではなく、ホーム・ユースでも使われています。

最新のIEMは非常に繊細で、とても低い電圧で動作しているため接続するプレーヤーやDAC、ヘッドフォン・アンプ自身が発するノイズ・フロアの影響を受けやすくなっています。また、多くのIEMは一般的なヘッドフォンより繊細(ラウド)なため、耳やIEMを痛める可能性があります。

そこでADI-2 DACではより安全に、より音楽を楽しんでもらうために、IEMに最適化された新しいヘッドフォン出力を開発しました。出力レベルはExtreme Powerヘッドフォン出力よりも10dB下げ、出力インピーダンスはほぼ0Ω、THDはRME史上もっとも低いレベルにに達しています。また電源オン/オフ時のクリック・ノイズを防いだり、ボリュームも強化されており、IEMだけでなくmini TRS端子のポータブル・ヘッドフォン、イヤホンをお使いの方にも比類なき音質を提供します。

ADI-2 DAC IEM(イン・イヤー・モニター)

PCMとDSD再生

ADI-2 DAC 詳細

PCMは最大768kHz/32bitの再生に対応。PCやiOSデバイスと接続してハイレゾ音源を楽しむだけでなく、SPDIFやADAT入力にデジタル出力対応機器を接続してAV機器のハブとして活用することができ、CDプレイヤー、TV、ブルーレイなどの機器を接続すればCDや映画などのコンテンツも最高の音質で楽しむことができます。ADI-2 DACのディスプレイには、クロック・ソースやサンプル・レートを素早く確認できるステータス・バーが搭載され、音声信号や本体の情報を素早く確認可能。付属のリモート・コントローラーを使用すれば、入力ソースの切替えをボタン1つで快適に操作できます。

DSDは最大11.2MHzの再生に対応し、様々な形でDSDをサポート。USBやSPDIF入力からDSD信号が入力されるとDACがDSDモードに自動で切替ります。リア・パネルのアナログ出力はDSDネイティブ再生に対応し、可聴帯域外ノイズを抑える高周波ノイズ・フィルターを搭載します。

RMEのWindows ASIOドライバーはDoPフォーマットのDSDの他に、ASIOネイティブをサポートします。

さらなる進化を遂げたSteadyClock FS

数多くのRMEデバイスで高いクロック精度そして驚異的な低ジッターを実現する独自のクロック技術であるSteadyClockは、レコーディングやPAなど数々の現場でプロフェッショナル・ユーザーから高い支持を獲得し、RMEの哲学である「色づけしない透明なサウンド」を実現する重要な技術です。その完成度は非常に高く、最初のSteadyClockからSteadyClock IIIまで、基本設計とそのパフォーマンスには大幅な仕様変更がされていない事がその事実を裏付けています。内部クロックを使用した場合も外部クロックを使用した場合も同じ音質での再生が可能で、数多くのRMEデバイスでの長年に渡る動作実績により賞賛を得ているテクノロジーです。

今回ADI-2 DACのために開発された「SteadyClock FS」でもSteadyClockの基本設計とパフォーマンスはそのままに、アナログPLL回路のアップデートを行ない、DDSとPLLの両方に低位相雑音水晶発振器を参照させることによりさらなるセルフ・ジッターの抑制に成功。SteadyClockは常にPLLモードで動作しますが、ジッターの仕様は通常マスター・クォーツ・クロック・モードでしか見られないレベルに達します。アップデートされた回路をドライブさせる低位相雑音水晶発振器は非常に高い周波数安定度を誇り、仕様はピコ秒を超えるフェムト秒 (Femto Second) の領域に達し、そのことが「SteadyClock FS」と言うの名前の由来にもなっています。

業界をリードする安定性と定期的なファームウェア・アップデート

RMEはコア・テクノロジーを常に開発および最適化し続けることを哲学としています。

RMEはマルチチャネル・オーディオのリーディング・カンパニーであり、USB 2.0でプロフェッショナルなパフォーマンスを実現した最初の企業です。信頼性が高く、安定したドライバーの開発と定期的な更新を行い、製品の音質への揺るぎないこだわりを持ちながら、可能な限りの技術を惜しみなく提供し続けます。よってADI-2 DAC FSは常に時代に応じて更新され、長くお使いいただける製品となります。また、RMEはインターフェイス・コアを独自に開発することで、アップグレード、機能改善、バグ修正をサードパーティーに依存することなく提供できるため、製品を常に最新のOSでご利用頂けます。

ADI-2シリーズは、2016年にリリースされた初期のADI-2 Proを含め定期的に機能改善や新機能が追加されており、末永く安定してご使用いただけます。

2022年にファームウェア・アップデートでADI-2シリーズに追加された新機能

高性能テスト、計測、解析ツールDigiCheck搭載

RMEの非常に強力なデジタル・オーディオ用メーター / アナライザー / 測定ツールDigiCheckを利用頂けます。
これによりADI-2 DAC FSは、マスタリングやミキシング、レコーディング時の精密なオーディオ測定器としても利用可能です。

DigiCheckはハードウェア上で動作するPeak / RMSメーター、位相スコープ、ラウドネス・メーター、さらにはソフトウェアの仕様に依存せずに再生音を解析できるアナライザーといった機能が含まれています。ADI-2 DAC FSのループバック機能を使用することにより、再生データおよび、EQなどのDSP処理後の再生データをDigiCheckで確認できます。

* Mac環境ではDigiCheckの機能に一部制限があります。

DigiCheckの詳細

高解像度IPSディスプレイ

評価の高いRMEのDIGICheck Spectral Analyzerをベースにした「アナライザー」を採用するなど、ADI-2 DACのディスプレイは数々の便利な機能を搭載し、本体やクロック情報、オーディオ信号の表示や本体設定の操作が行えます。画面の明るさ/色合いの変更、背景色を黒に変更(Darkモード)、LEDを全て自動消灯(AutoDarkモード)を備えるなど、用途や好みに合わせて柔軟に設定できます。

高品質EQやプロ・マスタリング機能を快適に操作

768 kHz対応の高品質5バンド・パラメトリックEQを搭載。ADI-2 DACのEQは、機器による音質の差を整えたり、スピーカーやルームのキャリブレーション、またLR個別のEQ調整ができるDual EQにより、聴覚障害による左右音声のアンバランスの補正にも活躍します。

さらに、RMEインターフェイスに標準搭載されるフェーズ、モノ、ステレオ幅、M/S処理等の機能を全てのアナログ出力で使用可能。

設定可能なラウドネス機能

設定可能なラウドネス機能

ラウドネスは、周波数と音量によって変化する人間の聴覚感度を補正する機能ですが、ADI-2 DACに搭載されるラウドネスは、ボリュームを下げるにつれ補正されるベースとトレブルの最大ゲイン値を設定可能。また各ゲインが最大に達するボリューム値も設定できます。ユーザーの聴覚や好みに合わせて適切な設定を行うことにより、最初から機能していたのかと思うほど自然なラウドネス処理を体験することができます。

クロスフィード・エミュレーション

標準的なスピーカーのセットアップに近い音像でヘッドフォン・モニタリングを楽しみたいと思うユーザーの要望に応えるべく、ADI-2 DACはクロスフィード機能を搭載しています。クロスフィードは、バウアー・バイノーラル理論により高音域のステレオ幅を5段階で調整可能です。スピーカーから出力することで適切なステレオ・イメージを作り出すアンビエンス成分は、ヘッドフォンで聴くとスピーカーとは異なる不自然なイメージで聴こえる場合がありますが、クロスフィード機能を使うことでより自然なアンビエンス感を得ることができます。

ループバック機能

ADI-2 DAC FSはアナログ出力のオーディオ信号をUSB録音チャンネルに戻すLoopback(ループバック)機能を搭載します。
これにより、コンピューター上のアプリケーションで再生されている音声をUSB経由で録音したり、再生データおよび、EQなどのDSP処理後の再生データをオーディオ解析ツール「DigiCheck」で確認することができます。

音だけに向き合うために

ADI-2 DAC ディスプレイ

ADI-2 DACは、そのサウンドだけに集中していただくために「ディスプレイの消灯」機能を実装。「AutoDark」有効時には、10秒間操作が行われなかった場合に、自動的にディスプレイ、ファンクションキー、音量ノブ、スタンバイ・ボタンのライトが消灯します。リモコンを使用して「AutoDark」機能をオン/オフ (デフォルト設定ではボタン3に設定済み) にすることもでき、リモコンのボタンを押すと3秒間点灯させる事もできます。

快適なリモート操作

ADI-2 DAC FS リモコン

ADI-2 DAC FSのマルチ・リモート・コントローラー(MRC)には、スタンバイのオン/オフ、音量、L/Rバランス、ベース/トレブルのコントロール、入力選択(光デジタル、同軸、USB)、ミュート、ラウドネスのオン/オフ、ベース/トレブルのオン/オフ、EQ用のボタンが搭載され、さらに柔軟性を高めるために32の機能とコマンドにアクセスできる4つのプログラム可能なボタンを備えます。 

高機能で便利なリモート・コントローラー(MRC)により、最適なリスニング・ポイントから立ち上がることなく手元で主要な操作を行い、音楽をお楽しみいただけます。

保証

ADI-2 DAC FSの保証期間を通常の1年保証から3年保証へ変更させて頂き、末長くご使用頂けるようご提供させて頂きます。既にADI-2 DAC FSをご購入のお客様も対象となります。

*3年保証を受けるためには製品登録が必要です。

接続例

ホームスタジオ

ホームスタジオ接続図

DAW、オーディオ・インターフェイス、スピーカーなどの標準的なホームスタジオにADI-2 DAC FSをマスターDAコンバーターとして追加することにより、メイン・モニター環境をリファレンス・クラスの高解像度、透明無垢な音質、超低ノイズ&歪み率なサウンドで、的確なミックス作業が行える環境を提供するだけでなく、部屋の特性に合わせた左右個別のEQや、近年最も重要視されるヘッドフォン、及びインイヤーモニーターでの適切なインピーダンスでの出力を提供します。

プロフェッショナル・スタジオ

プロフェッショナル・スタジオ接続図

レコーディング・スタジオにおいて、お使いのコンソールの性能を最大限に発揮し、且つ現代の技術によって最善のDAコンバージョンを行いモニタリングすることで精密なバランスでミックスダウンすることが可能になります。モニター環境にあった特性/インピーダンスのヘッドフォン出力を使用することで、空間オーディオのステレオ・ミックスやバイノーラルのチェックにも欠かせない、狂いのない正確なチェック環境を実現します。また従来のオーディオ・インターフェイスよりも幅広いレファレンス・レベルの設定にも対応するため、適切かつフルスペックの環境を構築可能です。

マスタリング

マスタリング接続図

ノイズ・歪みを極限まで抑え、解像度の高いピュアなサウンドを出力し、同等の性能のAD機能を搭載するADI-2 Pro FS R Black Editionでキャプチャーすることで、アウトボードの特性を存分に発揮しつつ、高解像度でマスタリング作業を行うことができます。またADI-2シリーズではRMEの解析ツール「DigiCheck」をご利用いただけるため、高価なスペクトラル・アナライザーやフェーズ・スコープなどを別途購入する必要がありません。また、いかなるクライアントの要望にも対応可能なサンプリング・レートとDSD再生環境を提供します。

ステレオアンプ&デジタル機器のホーム・オーディオ

ADI-2 DAC FSをホームオーディオの中核にすることで、入力される全てデジタル信号はSteadyClock FSによりジッターを抑制し、ノイズや歪みも加えることなく、原音を再現することができます。また、入力ソースの切り替えやEQ、ラウドネスなどをリモコンで簡単に切り替えることも可能です。CDプレイヤー、NAS、ネットワークプレイヤーの他にもASIO/CoreAudio経由のPC再生や、CCモードによるiOSデバイスの再生にも対応します。お気に入りのヘッドフォンやインイヤーモニターをご利用いただく際にも最適なインピーダンスで、モニターデバイスの持つ本来の性能を発揮させることができます。

ホームシアター&オーディオ

現代のホームエンターテイメントシステムの中核にADI-2 DAC FSを採用することで、ミニマルに且つ柔軟なハイエンド・オーディオ・システムにも優る環境を構築することが可能です。FireTV、Chorme Cast、Apple TVなどから映画や音楽を高解像度、明瞭なサウンドで楽しむことや、Bluetoothレシーバーを接続すればお手軽に音楽再生も可能です。ハイレゾ音源などを楽しみたい場合には、ASIO/CoreAudio経由のPC再生や、CCモードによるiOSデバイスで再生することもできます。

ADI-2シリーズ機能比較表

機能 ADI-2 FS ADI-2 DAC FS ADI-2 Pro FS R Black Edition
入力 XLR / TRS(コンボジャック) 2 - 2
USB - 1 1
SPDIF(同軸) AES/EBU互換 1 1 1
SPDIF(光)ADAT互換 1 1 1
AES/EBU - - 1
出力 XLR 2 2 2
TRS(インピーダンス・バランス) 2 - 2
RCA(アンバランス) - 2 -
ヘッドフォン(6.3 mm)出力
1 1 2(バランス駆動対応)
IEM(3.5 mm)出力
- 1 -
SPDIF(同軸) AES/EBU互換 1 - 1
SPDIF(光)ADAT互換 1 - 1
AES/EBU - - 1
多機能リモート・コントローラー -
リファレンスレベル +4 dBu、+13 dBu、+19 dBu -5 dBu(RCAのみ)、+1 dBu、+7 dBu、+13 dBu、+19 dBu(XLRのみ) +4 dBu、+13 dBu、+19 dBu、+24 dBu(XLRのみ)
サンプルレートコンバーター - -
最大サンプリングレート 192kHz 768kHz 768kHz
最大ビットレート 24bit 32bit 32bit
DSD - 11.2MHz 11.2MHz
高解像度IPSディスプレイ -
SteadyClock FS
AutoMode -
5バンド・パラメトリックEQ -
ラウドネス機能 -
クロスフィード機能 -
マルチチャンネル・モード - -

同梱物

ACアダプター、リモート・コントローラー、USB 2.0ケーブル、ADI-2 DAC 簡単操作ガイド、ADI-2 DAC 日本語ユーザーガイド、DIGICheck 日本語ユーザーガイド

技術仕様

デジタル入力

一般

  • 同期帯域:32 kHz 〜 200 kHz
  • ジッター抑制:> 50 dB(2.4 kHz)
  • ConsumerおよびProfessionalフォーマットを受信可


SPDIFコアキシャル

  • 1 x RCA、IEC 60958に準拠
  • 高感度の入力段(<0.3 Vpp)
  • AES / EBU互換(AES3-1992)


SPDIFオプティカル

  • 1 x オプティカル、IEC 60958に準拠
  • ADAT互換


アナログ出力

XLR

  • 出力レベル切替:+19 dBu、+13 dBu、+7 dBu、+1 dBu @ 0 dBFS
  • SN比(SNR)@ +7/+13/+19 dBu:120 dB RMS unweighted、123 dBA
  • SN比(SNR)@ +1 dBu:117 dB RMS unweighted、120 dBA
  • 周波数特性@ 44.1 kHz、-0.1 dB:0 Hz 〜 20.7 kHz
  •  周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:0 Hz 〜 46.1 kHz
  • 周波数特性@ 192 kHz、-1 dB:0 Hz 〜 91.5 kHz
  • 周波数特性@ 384 kHz、-1 dB:0 Hz 〜 173 kHz
  • 周波数特性@ 768 kHz、-3 dB:0 Hz 〜 218 kHz
  • THD @ 0 dBFS:< -120 dB、 0.0001%
  • THD+N @ 0 dBFS:-116 dB、 0.00016%
  • チャンネル・セパレーション:> 120 dB
  • 出力インピーダンス:200Ω


RCA

下記以外XLRと同一:

  • 出力:RCA端子、アンバランス
  • XLRより6 dB低い出力レベル(-5 dBu 〜 +13 dBu@0 dBFS)
  • SN比(SNR)@ +13 dBu:120 dB RMS unweighted、123 dBA
  • SN比(SNR)@ +1/+7 dBu:116/119 dB RMS unweighted、119/122 dBA
  • SN比(SNR) @ -5 dBu:112 dB RMS unweighted、114 dBA
  • 出力インピーダンス:100Ω

Phones

下記以外XLRと同一:

  • 出力:6.3 mm TS端子、アンバランス、ステレオ
  • 出力インピーダンス:0.1Ω
  • 0 dBFSでの出力レベル、Hi-Powerオン、負荷100Ω以上:+22 dBu (10V)
  • 0 dBFSでの出力レベル、Hi-Powerオフ、負荷8Ω以上:+7 dBu (1.73V)
  • SN比(SNR)@ +22 dBu:120 dB RMS unweighted、123 dBA
  • SN比(SNR)@ +7 dBu:118 dB RMS unweighted、121 dBA
  • THD @ +18 dBu、32Ω負荷、1.2ワット:-120 dB、0.0001%
  • THD+N @ + 18 dBu、32Ω負荷:-114 dB、 0.0002%
  • THD @ +14 dBu、16Ω負荷、0.94ワット:-110 dB、0.0003%
  • 最大電力 @ 0.001% THD:チャンネル毎 1.5W

IEM

下記以外Phonesと同一:

  • 0 dBFSでの出力レベル:-3 dBu、0.55V
  • SN比(SNR)@ -3 dBu:118 dB RMS unweighted、121 dBA
  • 最大電力、8Ω、0.001% THD:チャンネル毎 40 mW


デジタル

  • クロック:インターナル、SPDIF入力
  • 外部クロックのジッター抑制:50 dB以上(2.4 kHz)
  • DA変換時のクロック・ジッターの影響:ほぼゼロ
  • 100ns以上のジッターでもPLL によりドロップアウト・ゼロを保証
  • 追加のDigital Bitclock PLLによりADATの可変速度動作(バリ・ピッチ)においてもトラブルフリー
  • 外部クロックの対応サンプル・レート:44kHz 〜 200 kHz
  • 内部の対応サンプル・レート:44.1 kHz 〜 768 kHz

一般
  • 付属電源アダプター:外部スイッチング電源ユニット、AC100 ~240V、2A、24ワット
  • 待機時消費電力:120 mW(10 mA)
  • アイドル時の消費電力:7ワット、最大消費電力:18ワット
  • 12 Vでのアイドル電流:570 mA(6.8ワット)
  • 寸法(WxHxD):215 x 52 x 150 mm(8.5" x 2.05" x 5.9")
  • 重量:1.0 kg(2.2 lbs)
  • 動作温度:+5° ~ +50°C(41°F ~ 122°F)
  • 相対湿度:75%以下、結露なきこと

 

仕様は予告なく変更になる場合がございます。

 

アクセサリー

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ