Firmware TotalMix FX Mac - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Firmware Update Tool for Mac

 

Babyface Pro、Babyface、Fireface UC/UCX/802/UFX、OctaMic XTC

Babyface & UFX

RMEは製品の操作性や性能の向上を目的としたファームウェア・アップデート・サービスを行っています。本ページに掲載されるフラッシュ・アップデート・ツールをダウンロードして実行することで、製品本体に搭載されるFPGAチップのプログラムを更新できます。現在お使いの製品のファームウェアが最新でない場合は、本ページに掲載される最新のファームウェアをご利用いただけます。

※ 現在お使いの製品のドライバー/ファームウェア・バージョンは、製品設定画面のSettingsダイアログでご確認いただけます。

ファームウェアのダウンロード

リビジョン

本ソフトウェアは内部ファームウェアを以下のバージョンに更新します:

Babyface: 225

Babyface Pro: 101

Fireface UC: 124 / 136

Fireface UCX: USB 47, DSP 260, FW 27, Class Compliant 13

Fireface UFX: USB 359, DSP 163, FW 344, Class Compliant 28

Fireface 802: USB 14, DSP 9, FW 7, Class Compliant 9

OctaMic XTC: 47 26

※ 上記ファームウェアは、コンピューターに2.16 USB / 3.29 FW 以降のドライバーがインストールされている必要があります。

 

更新日:7/11/2018
対応OS;Mac OS X 10.6 以上

ファームウェア更新履歴

V 1.52: FUT(ファームウェア・アップデート・ツール)が64 bit OSに対応。

V 1.45: Fireface UCX Class Compliant バージョン13。
Auriaでのマルチチャンネル動作に再び対応するために、CCモード時の176.4と192 kHzのサンプル・レートを除去。

V 1.44: Fireface UFX:バージョン1.43以降ワード・クロック出力が無効になる問題を修正。

V 1.43: OctaMic XTCをDSP26に更新。再起動後に0 dBのゲイン設定が失われる問題を解消。

V 1.42: 2016以降のMacBookのUSB2認識に関する回避策を追加。
- USB-Cアダプターの挿入時にUSB 2を認識できるようにするための特別なUSBリセット機能を追加(Fireface UC、UCX、UFX、UFX II、802およびBabyfaceのUSBファームウェアが対象です。それ以外のRMEインターフェイスは、この互換性の問題の影響を受けません)。

Fireface 802:

V 13/7/9/CC 9: DSP9は、新しいリバーブに対応し、 CRM(コントロール・ルーム)セクションですべてのチャンネルが選択可能になりました。CC9はCorning社の USB 3 オプティカル・ケーブルに対応し、さらにTotalMix FX for iPad 1.31でLoopbackおよびEQ+D for recordに対応。

V 13/7/7/CC 7: 空いているInst入力のハイ・ゲイン時のノイズを除去

V 12/7/6/CC 6: FireWireでのMIDIの問題を修正

Fireface UCX:

V 46/260/27/CC 12: DSP 260は新しいリバーブに対応し、 CRM(コントロール・ルーム)セクションですべてのチャンネルが選択可能になりました。CC12はCorning社の USB 3 オプティカル・ケーブルに対応し、さらにTotalMix FX for iPad 1.31でLoopbackおよびEQ+D for recordに対応、88.2 kHzに対応。

V 46/240/27/8/CC 10: FireWireでのMIDIの問題を修正

V 46/240/26/CC10: VIAベースのFIreWireで稀に検知の問題が起こる問題を修正

V 44/240/25/CC10: supports the iPad app TotalMix FX for iPad version 1.1. Echo Delay Time can be set to 0.00 s to use the FX bus as real Aux bus. Expander Threshold top value raised from -30 dB to -20 dB. Optimized Dynamics function removes low volume noise on specific samples and improves the lowest attack range (0 to 6 ms) for Compressor/Limiter/Expander. New global zipper noise filter design working on all faders. New internal third row design with several improvements (example: the Cue channel’s fader no longer influences volume). Optimized performance for higher count of EQs and Dynamics. FireWire only: MIDI input problem with Sysex fixed.

V 42/220/23/7: CC 7 supports the iPad app TotalMix FX for iPad

V 42/220/23/4: Class Compliant: full 18 channels, choice of 2 playback routings (C8/CA)

V 42/200/23/3: Fixes clicks when compressor/expander are working.

V 42/180/23/3: ADAT receiver optimized. Level loss of 6 dB in the 'Cue to' function fixed.

V 41/170/22/3: Public release.

Fireface UFX:

V 358/163/344/CC28: バージョン1.43以降ワード・クロック出力が無効になる問題を修正。

V 357/163/344/CC28: DURec再生を改善(ファイルの終わりのクリック・ノイズ、正しく再生を開始)。192 kHzでのパフォーマンスを最適化(DURec再生およびリバーブ)

V 357/162/344/CC28: リバーブのレンダリングを修正(フェードアウト、低いボリューム信号)

V 357/161/344/CC28: DSP 161 は新しいリバーブに対応し、 CRM(コントロール・ルーム)セクションですべてのチャンネルが選択可能になりました。CC28はCorning社の USB 3 オプティカル・ケーブルに対応し、さらにTotalMix FX for iPad 1.31でLoopbackおよびEQ+D for recordに対応。 

V 357/159/344/CC26: FireWireでのMIDIの問題を修正

V 357/159/343/CC26: DURecで出力信号(TM FXの3列目)を録音する際に0 dBFSを超えると汚いデジタル・ディストーションの音が起こる問題を解消

V 357/158/343/CC26: Windowsのみ:シングル/ダブル/クワッド・スピード間を切り替える際にサンプル・オフセットが起こることによりパフォーマンスが低下する可能性がある問題を修正。クワッド・スピード時のチャンネル16で、状況により内部ループバックが動作しない問題を修正

V 356/158/343/CC26: Supports the iPad app TotalMix FX for iPad version 1.1. Echo Delay Time can be set to 0.00 s to use the FX bus as real Aux bus. Expander Threshold top value raised from -30 dB to -20 dB. Optimized Dynamics function removes low volume noise on specific samples and improves the lowest attack range (0 to 6 ms) for Compressor/Limiter/Expander. New global zipper noise filter design working on all faders. New internal third row design with several improvements (example: the Cue channel’s fader no longer influences volume). Optimized performance for higher count of EQs and Dynamics. FireWire only: MIDI input problem with Sysex fixed.

V 353/156/341/21: Using DURec under high DSP load could cause problems with the ARC.

V 353/153/341/21: CC 21 supports the iPad app TotalMix FX for iPad

V 353/153/341/8: Adds Class Compliant mode with 22 channels / 96 kHz I/O, choice of 2 playback routings (C2/CA).

V 352/151/341: Fixes clicks when compressor/expander are working. Booting at 96 kHz sample rate the mixer was not initialized.

V 352/148/341: ADAT receiver optimized. Level loss of 6 dB in the 'Cue to' function fixed. Optimized graphics refresh in the display.

V 351/147/340: Gain reduction not shown on odd channels when the even channel had been inactive. Faster operation of the Advanced Remote Control. Optimized internal error management. DURec: Starting Record with no channel enabled caused a flashing indication for all channels armed later. Stand-alone MIDI: under certain conditions not all fader values were loaded correctly. 9th fader of Mackie Control could block Main volume setting. Improved loading of setups for quicker reaction when using the Advanced Remote Control.

V 351/144/340: Bugfix: AutoSet influenced the communication with the front USB port. Gain Reduction data of Compressor and Auto Level transmission added (displayed in TM FX 0.96). Activated DIM could cause mismatch dialog.

V 351/141/340: New functions AutoSet and low pass filter.

V 351/139/340: Improved compatibility for some USB sticks.

V 351/138/340: Noise on the phones outputs in DS/QS mode fixed.

V 350/138/339: USB recording improved. Switching between USB/FW improved.

V 343/137/336: USB recording improved. Cue works correctly on mono channels. USB performance improved.

V 342/129/336: Support for mono hardware outputs and USB recording. Requires TM FX 0.94!

V 342/112/336: Error during unit initialization fixed which had been introduced in version 111.

V 342/111/336: Compressor/Expander were in stereo mode not coupled reliably, so worked in dual mono mode instead.

V 342/110/336: MIDI USB/FireWire: Input and output could drop data. DSP: Auto Level output channel 1 did not work correctly.

V 338/108/333: Update of the UFX DSP software: New: Support for Speaker B. Reverb/Echo could generate noise when the unit is switched on. Fixed problems when loading Setups at the unit which changed channels from mono to stereo or vice versa.

V 338/107/333: FireWire Mac: The transmission of the level meter data had been slow, causing noticeable CPU load when TotalMix FX was active.

V 338/107/332: Fix possible hang in FireWire mode on start of record/playback.

V 338/107/330: Improved initialization of the sample rate. LED test during power-on. Improved initialization of the USB phy.

V 336/107/328: First public release.

Babyface:

V 223: エンコーダーを最適化しゲイン調整の動作を改善

V 220: Windowsのみ:シングル/ダブル/クワッド・スピード間を切り替える際にサンプル・オフセットが起こることによりパフォーマンスが低下する可能性がある問題を修正

V 219: Bug fix sample rate control broken since v 218. Further performance optimization of the Class Compliant mode

V 218: supports the iPad app TotalMix FX for iPad version 1.1. New global zipper noise filter design working on all faders. New internal third row design with several improvements (example: the Cue channel’s fader no longer influences volume).

V 204: Problem fixed with MIDI Realtime Messages at MIDI input

V 203: Echo/Reverb had distorted sound since v 201. Instrument LED is constantly lit in a dim state instead of flashing:

V 201: Adds stand-alone and Class Compliant mode

V 185: Changing the input gain changed the output gain too

V 184: Mute when switching on the phantom power. Peak hold for the over LEDs.

V 180: USB performance improved.

V 179: Bug in the USB core caused incompatibility with OS < 10.5.8.

V 177: Zero crossing detection for the PGAs activated.

V 176: Firmware included 2 MIDI I/Os. After the update go to Audio MIDI Setup/MIDI window, delete the current configuration and refresh it. Otherwise 2 I/Os will still be shown.

V 175: DSP optimized

V 173 first public release

Fireface UC:

V 135: 最新のデバイスのみ: クリップLEDが3/4チャンネルのゲイン設定を無視する問題を修正

V 123: エンコーダーを最適化しゲイン調整の動作を改善

V 119: Windowsのみ:シングル/ダブル/クワッド・スピード間を切り替える際にサンプル・オフセットが起こることによりパフォーマンスが低下する可能性がある問題を修正

V 118: Problem fixed with MIDI Realtime Messages at MIDI input

V 117: Internal Loopback did not work correctly with ADAT at more than 48 kHz. Internal Loopback on the ADAT channels is now available even when Optical Out is set to SPDIF.

V 116: ADAT/SPDIF playback at DS and QS was distorted when the opposite format was present at the digital input.

V 115: Mute when switching on the phantom power.

V 113: USB performance improved.

V 112: In standalone mode the sample rate was not set correctly.

V 111: The UC is now compatible to the NEC USB 3.0 controller. SPDIF output: Channel Status Consumer changed to IEC 60958-3 (DS/QS).

V 104: Data transmission reworked to prevent drop-outs and overload (continous distortion) in extreme situations (requires driver 140).

V 091: The Pitch fader did not work correctly. SPDIF output: Channel Status Consumer changed to IEC 60958-3 (DS/QS).

V 088: In Quad Speed operation SMUX4 did not work. The mic gain fader position of channel 1 sometimes changed on playback start.

V 086: In QS mode the analog input channel 1 (mic) did not work correctly

Copyright RME 07/2018. All rights reserved. Apple and Mac OS are trademarks or registered trademarks of Apple Corporation. RME, Fireface UFX, Fireface UC, Fireface UCX, Fireface 802, Babyface, Babyface Pro, MADIface Pro and OctaMic XTC are trademarks or registered trademarks of RME Germany.

  • 本ファームウェアをダウンロードする前に、下記のソフトウェアの使用条件をよくお読みください。内容を十分ご理解いただき、ダウンロードされる場合は、 [ソフトウェア使用条件に同意してダウンロードする]をクリックしてください。尚、内容に同意いただけない場合は、本ソフトウェアをダウンロードおよび使用できません。
  • 本ファームウェア・アップデートは現時点ではUSB接続でのみ行えます。アップデート作業は、コンピュータにお使いのRMEインターフェイスのUSB版ドライバをインストールし、本体をUSB経由で接続してから行ってください(この方法でFireWireのファームウェアも共にアップデートされます)。
  • Babyfaceはファームウェア200以降クラス・コンプライアント・モードに対応しました。こちらにBabyface CCモードの概要を掲載しています。

ソフトウェアの使用条件(ダウンロードする前に必ずお読みください)

  • ファームウェアのアップデート作業は本ページの手順を良くお読みの上、正しく行ってください。
  • ソフトウェアのダウンロードおよび導入はお客様の責任において行っていただきます。ファームウェア・アップデート作業の結果に伴う問題は保証の対象になりません。
  • 株式会社シンタックスジャパンは、本ソフトウェアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

tl_files/images/downloads/firmware_update/downloads1.gif

[ソフトウェアの使用条件に同意してダウンロードする]

 

※アップデートの作業をご自身で行えない方のために、当社にてファームウェアのアップデート作業を代行するサービスを実施しております(有償)。本サービスを利用される場合は、本ページ下の「有償ファームウェア・アップデート・サービス」よりお申し込みください。

ファームウェア・アップデートの手順

ファームウェア・アップデートを行う際は、RMEインターフェイスがコンピュータにUSBケーブルでしっかりと接続され、コンピュータとユニットの電源が入っていることを確認してください。

注意:アップデート中にユニットの電源を絶対に切らないでください!また接続されたケーブルを絶対に抜かないでください!製品が起動しなくなる可能性があります。

 

1. ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍されたフォルダ内の [Fireface USB Flash]ファイルをダブルクリックします。フラッシュ・アップデート・ツールが起動します。

tl_files/images/downloads/firmware_update/usb_flash_mac.jpg

 

2. 最新のファームウェアとお使いの製品のファームウェアの情報が表示されます。画面上に「Not updated」(最新ではない)と表示される場合は[Update]ボタンを押してアップデートを開始してください。

※画面上に「Up-To-Date 」(最新です)と表示される場合はアップデートする必要はありません。

tl_files/images/downloads/firmware_update/flash_update_mac.jpg

 

3. アップデート処理が完了すると「Success」と表示されますので、画面を閉じます。

※ 「Success」ではなく「Failure」と表示された場合、アップデートに失敗しています。アップデートに失敗すると、Firefaceは自動的に次回の起動時から本体の2つ目のBIOSを使用します(Secure BIOS Technology ‐BIOS保護機能)。そのため、製品は引き続き問題なく使用できます。この場合は、別のコンピュータで上記手順に従って再度アップデートをお試し下さい。

※複数の製品(同じドライバを使用するBabyface、Fireface UC、Fireface UFX等)をご使用の場合には、画面上部に表示されるタブをクリックして上記作業を繰り返すことで、それぞれの製品をアップデートできます(一台のみ接続している場合、複数のタブは表示されません)。

 

4. アップデート後は Fireface/Babyface本体をリセットする必要があります。ドライバを完全にアンロードするためにFireface/Babyfaceの電源を5秒間以上オフにしてください。その後本体の電源をオンにしてアップデートは完了です。

※Babyfaceの電源をオフにするには、USBケーブルを外してコンピュータからのバスパワーを非接続にします。オンにするには再びUSBケーブルでコンピュータと接続します。

有償ファームウェア・アップデート・サービスについて

Synthax Japanではお客様ご自身の環境でファームウェアのアップデートが行えない方、アップデートが不安な方に向けて、有償でのファームウェア・アップデート代行サービスを行っております。代金は4,000円(送料込み、税別)です。なお、Fireface UFXはファームウェア・アップデート後の動作点検項目が多岐に渡るため、7,000円(送料込み、税別)です。

※別途代金引換手数料をいただきます。なお、お支払い方法は代金引換のみとなっておりますので、予めご了承ください。

お申し込みは下記の手順で行います。
こちらのフォームよりお申込みいただきます。
弊社の担当者より製品の送付先をご連絡させていただき、ファームウェアのアップデート行う製品のご発送を行っていただきます。
お申込みフォームよりお問い合わせの際には弊社担当者とのご連絡方法(電話またはメール)をあらかじめお伝えください。
混み状況にもよりますが、到着後1週間程度で弊社の担当者よりアップデート完了のお知らせをご連絡致しますので、その後製品の発送を行わせていただきます。


お申し込みは下記の手順で行います。

  1. こちらのフォームに必要事項を記入の上、お申込みいただきます。
  2. 弊社の担当者より製品の送付先をご連絡させていただき、ファームウェアのアップデートを行う製品を発送していただきます。
  3. 混雑状況にもよりますが、到着後1週間程度で弊社の担当者よりアップデート完了のお知らせをご連絡し、製品を発送させていただきます。

※ お申込みフォームに記入する際には、弊社担当者とのご連絡方法(電話またはメール)をあらかじめお伝えください。