TotalMix FX - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

TotalMix FX

トータルミックスFX - RMEデジタル・ミキサー

【Hot News - TotalMix Remote登場!TotalMix FXをリモートでコントロール】

To Be Free ─ インターフェイスはもっと自由になる

ハードウェアやOS、そして私たちを取り巻く環境が急速に変化する中、常に最高のパフォーマンスを発揮する最先端のオーディオ・デバイスとして末永く活用できるよう、RMEではドライバーやファームウェアのアップデートを継続的に行っています。

今回TotalMix FXリリース以来の大型アップデートとなるTotalMix FX 1.5をリリース。2001年以降に発売されたすべてのFireface / Babyface /  HDSPプロダクト・ラインでリモート・コントロール機能*がご利用いただけます。

* リモート・コントロール機能のご利用にはTotalMix Remoteのダウンロードが必要です。
   詳細や導入方法はTotalMix Remote製品ページをご確認ください。

TotalMix FXの概要

TotalMix FX

Babyface / Fireface / MADIface / HDSPなどのすべてのRMEインターフェイスは、RME独自のTotalMixテクノロジーを基にした、強力なデジタル・リアルタイム・ミキサーTotalMix FXを備えます。

TotalMix FXはお使いのRMEインターフェイスのすべての入力および再生チャンネルを、同時にすべてのハードウェア出力へ、事実上無制限にミキシング/ルーティングすることができ、3バンド・パラメトリックEQ、ローカット、エコー、リバーブ、コンプレッサー、エキスパンダー、オートレベルを搭載します*。
またTotalMix Remoteと組み合わせて使うことで、RMEオーディオ・インターフェイスのすべてのミックス状態、ルーティング、FX設定、そしてレベルメーターをリアルタイムで表示し、イーサネットや無線LANを用いて離れた場所からコントロールすることができます。

* 搭載する機能は製品により異なります。

 

TotalMix FXは主に以下の用途で使用できます:

  • ヘッドフォン・ミックスなどの遅延のないサブミックスを自由に作成
  • 完全に独立したステレオ・サブミックス。例えば、Fireface UFX IIは最大15系統、MADIface XTは99系統のステレオ・サブミックスが可能。これはアナログ・ミキサーでは、UFX IIの場合は30系統、MADIface XTの場合は198系統のAuxセンドに相当します。
  • 無制限に入出力をルーティング。信号を自由にルーティング可能で、パッチベイ機能としても利用可。
  • 信号を同時に複数の出力に分配。TotalMix FXは最先端のスプリッター、分配機能を提供します。
  • 異なるアプリケーションを1つのステレオ・チャンネルから同時再生。ASIOマルチクライアント・ドライバーは複数のアプリケーションの同時使用を可能にします。また、それぞれが異なる再生チャンネルで再生された場合、TotalMix FXはこれらの信号を1つのステレオ出力にミックス/モニターする手段を提供します。
  • 入力信号を再生信号へミキシング(完全なASIOダイレクト・モニタリング ‐ ADM)。ヘッドフォンを用いたレイテンシーのないモニタリング環境で、オーバーダブ作業なども快適に行なえます。RMEはADMの先駆者であるだけでなく、最も充実したADM機能を提供します。
  • 外部機器(エフェクトなど)を統合。TotalMix FXを使って再生または録音パスに外部エフェクト・デバイスを挿入できます。用途によりインサート、またはエフェクト・センド/リターンと同様の働きをします。
  • 全ての入力チャンネル (Hardware Inputs)、再生チャンネル (Software Playback)とハードウェア出力 (Hardware Outputs)にピークとRMSレベル・メーターを実装(ハードウェア上で計算)。これらのレベル表示はオーディオ信号の有無とルーティングの確認に便利に使用できます。
  • TotalMix Remoteと併用することで、上記の機能をイーサネットや無線LANを用いて離れた場所からコントロールすることができます。

TotalMix 設定ガイド・リンク集

TotalMix FXの様々な機能や使用方法については、お使いの製品付属の日本語ユーザーガイドに詳細に記載されています。また、その他にも以下の設定ガイド・ページやスタッフ・ブログでは、モニタリング・ミックスの作成方法、ループバック設定方法(出力信号をそのまま入力チャンネルに送信)、iPadでの使用方法等、TotalMix FXに関する様々な活用方法を解説しています。ぜひご覧ください。

 

Youtube

TotalMix FX - DSPエフェクトEQ、コンプ、リバーブ、ディレイ(字幕)

ARC USBのスタンドアローン・モードでFireface UFX+ / UFX II を直接コントロール(字幕)

Octamic XTC:TotalMix FXからのリモートコントロール方法

RME ARC USB TotalMix FX対応リモート・コントローラー(日本語字幕付き)

 

設定ガイド

TotalMix Remote

TotalMix FXモニタリング・ミックス・作成ガイド

TotalMix FXループバック活用ガイド Vol.1

TotalMix FXループバック活用ガイド Vol.2

Fireface UC - TotalMix FX新機能の紹介

各種設定ガイド・トップ

 

スタッフ・ブログ

Fireface UFX II / UFX+ ARCでTotalMix FXを使いこなそう

RME TotalMix FX 1.31の「DAWモード」

TotalMix FX 1.1 新機能紹介

TotalMix Tips - Dimボタン

TotalMix FX on iPad 設定編

Babyfaceを使ってUstream配信

Synthax Japanスタッフ・ブログ・トップ

 

PDF

RMEインターフェイス DSPエフェクト対応表(英文)