PCI . CardBusシリーズ
AD . DA . DD . MADI
DAW/マスタリング
モニタリング・システム
ミュージック・サーバー
Quick Links
RME Users

The Industry Standard - Fireface UFX

瀬口 晃平 - Fireface UFX+Micstasy:デジタルとアナログ両方の利点を備えたRMEシステムによるクラシック録音

長年のクラシック専用ホールでの録音経験や、ドイツでのスタジオや教会などでの録音経験を生かし、関西を拠点として活動する株式会社ラプトサウンドにて、レコーディング・ディレクターを務める瀬口晃平氏。特に日本では情報の少ないクラシックの本場での録音事情など貴重なお話が満載のインタビューをどうぞお楽しみください!

続きを読む

Hot Topics

製品関連トピックス

Fireface UFX & Pro Tools:システム活用法

「DURec™(ダイレクトUSBレコーディング)」「キュー・ミックス作成方法」「マイクプリアンプを活かした作曲スケッチ作業」「TotalMix FXのReverbをPro Toolsで掛け録り(ループバック機能)」等、Fireface UFXとPro Toolsを組み合わせたシステムの活用法やTipsを、シンガーソングライターの辻敦尊氏が分かりやすく紹介します。

「DURec™(ダイレクトUSBレコーディング)」
「キュー・ミックス作成方法」
「マイクプリアンプを活かした作曲スケッチ作業」
「TotalMix FXのReverbをPro Toolsで掛け録り(ループバック機能)」

 

詳細はこちら

Product Review

Fireface UFX 製品レビュー

30ch入出力&DSPエフェクト/ミキサー内蔵の多機能オーディオI/O

Sound & Recording Fireface UFX

サウンド&レコーディング・マガジンで紹介されました。

「〜ひょっとして今までの同社製品より音が良くなっていないか?と思ったら、ADコンバーターにパラレル・コンバージョン・テクノロジーというものを採用してるのだそう。純正のADコンバーターを2つ備えることで超低S/Nと低ひずみ率を実現しているそうです。ぜいたくな仕様ですね。〜」本澤尚之氏

オンラインで記事を読む

Brochure

オンライン・カタログ

Fireface UFXカタログ

Synthax Japanをフォローしましょう

tl_files/banners/ja_facebook.jpg

Synthax Japan Staff Blog

YouTube

Fireface UFX II

60チャンネル 192kHz対応 ハイエンドUSBオーディオ・インターフェイス

近日リリース予定
価格未定

製品概要

接続端子

  • 30 入力 / 30 出力
  • アナログ I/O x 12 (うち4chに Mic/Instrument プリアンプ搭載)
  • AES/EBU I/O x 1
  • ADAT I/O x 2(1系統はSPDIF I/Oとして使用可)
  • Word Clock I/O x1
  • MIDI I/O x 2
  • USB 2.0接続  (USB 3.0 互換)
  • オプション:Advanced Remote Control USB

シームレスに全ての制作環境へ対応し、優れた柔軟性をも提供するオーディオ・インターフェイス「Fireface UFX II」の登場です。

アナログ、ADAT、SPDIF…日常的な制作に必要なすべての端子を1Uのボディーに集約。アナログ12チャンネル、ADAT 16チャンネル、AES 2チャンネル、合計30入力+30出力、これらすべてが、RMEの高いドライバー開発技術により、USB 2(USB 3互換)接続にて、超低レイテンシーでPCへと伝送されます。

また、オプションのARC USBを使えば、ボリュームやモニター切り替えなど、様々な機能を手元でリモート操作することができるようになり、より快適に。 もちろんARC USBはアサイナブル。好きな機能を好きなボタンにアサインしてカスタマイズが可能です。

最大60チャンネル(30入力+30出力)、最大サンプル・レート 192 kHz。

Fireface UFX IIは、ミキシング、レコーディング、モニタリング、その全てにおいて理想的なソリューションになります。

 

 

もちろん、単にFireface UFX+からMADI端子がなくなっているだけではありません。

高品位なAD/DAコンバーター、そして最適化されたアナログ回路、さらには改善されたSNRとTHDにより、一切の色付けがなく、クリアでクリスタルのような音質をあなたのスタジオへ提供します。

 

新たに回路を見直した、PADフリーのマイクプリは、最大入力レベルが+18dBU。そして、ゲイン・レンジは75dB。この性能により、どのような現場でも、どのような音でも、トラブルなく柔軟に対応することができます。

ヘッドフォン・ポートもさらなる進化を遂げました。 2Ωの超ロー・インピーダンス、+19dBUハイパワー。これにより、ロー・インピーダンスのヘッドフォンから、ハイ・インピーダンスのヘッドフォンまで、全てを完璧にカバーし、現代の制作環境では必須となる、ベストなヘッドフォン・モニタリング環境を提供します。

 

もちろん、歴代のUFXシリーズに搭載されていたDURecも健在です。フロントパネルに搭載されている、このUSBポートにお手持ちのUSBメモリーステックやハードドライブを接続するだけで、UFX IIの全てのチャンネルを録音することができます。 PCを使わなくてもUFX II本体だけで動作するDURecは、もちろんPCをつないでDAWソフトウェアでのレコーディングも並行して行うことができますので、バックアップとしても活躍すること間違いなしです。