TotalMix FX - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

RME Users

The Industry Standard

GOH HOTODA - 世界のGOH HOTODAが選んだFireface UFX

これまで、トップ・アーティストを数多く手がけてきた世界的なエンジニア/プロデューサー、GOH HOTODA氏。レコーディング/ミックスだけでなく、数年前から並行してマスタリングも手がけるようになり、これまでNOKKOや下地暁など、多くの作品のマスタリングを手がけてきました。

続きを読む

RME Users

MADI Everywhere

株式会社サウンド・シティ:64chMADIシステム導入の理由

今後、コンサートSRの世界も含め広くレコード会社やアーティスト・サイドからの依頼に応じて、専門のエンジニアを最新のレコーディング・システムと共に現場に派遣し、高品位な収録を行う事業をスタートさせた株式会社サウンド・シティの選択は、RMEのMADIシステムでした。

続きを読む

TotalMix FX

トータルミックスFX - RMEデジタル・ミキサー

TotalMix FX

【Hot Topics - HDSP/HDSPeシリーズ、Fireface 400/800対応最新ドライバー掲載!】

More power to the people ─ すべてのユーザーにTotalMix FXのパワーを

TotalMix FX 4 All

RMEは、ハードウェアやOS環境が時代と共に急速に進化する中、常に製品が最高のパフォーマンスを発揮し、最先端のオーディオ・デバイスとして末永く活用できるように、ドライバーやファームウェアのアップデートを継続的に行ってきました。

今回のアップデートでは2001年以降に発売されたすべてのFireface / HDSPプロダクト・ラインについて、ドライバーとTotalMix FXデジタル・ミキサーを一新します。この最新ドライバーにより、現在のMicrosoftやAppleの最先端のOSに対応するだけでなく、新世代のRMEオーディオ・インターフェイスに搭載されているTotalMix FXソフトウェアを、HDSPシリーズやFireface 400やFireface 800を含む全モデルで使用できるようになります。

想像してみて下さい。2001年まで遡り、当時Pentium 4のWindows 98で使用していたRMEのインターフェイスを、2014年のWindows 8.1と最新のTotalMix FXで使用できるのです。もちろん、RMEユーザーが末永く製品を快適に使用し続けられるように、TotalMix FXの改良は今後も続きます。

TotalMix FXにより使用可能になる機能

TotalMix FX
(TotalMix FX)

最新のTotalMix FXでは、以下の様々な機能を、MultifaceやFireface 400、HDSPe AIOといった、旧TotalMix(HDSP Mixer)搭載製品で利用できるようになります。ただし、EQ、エコー、リバーブ、ダイナミックス等、本体側のDSP処理を必要とする機能についてはご使用いただけません。これらの機能はDSPを搭載した新モデルでのみ使用可能ですFireface UFX / 802 / UCX / MADIface XT / HDSPe MADI FX等)

  • モノ / ステレオ・チャンネルの切替え
  • 改良されたグラフィックス(ズームや明るさ調整機能を含む)
  • OSCリモート・コントロール
  • 便利なモニタリングやトークバック機能を多数備えるコントロール・ルーム・セクション
  • ミュートとソロのグループ、リコール、外部入力、トリム・ゲイン対応、チャンネルのレイアウト・プリセット、2列表示モード、複数のリモートに対応、ファンクション・キーの割当、Win/Mac対応ミキサー・ファイル、モノ / ステレオ・モード対応マトリックス、PFLモード等、様々な便利な機能を搭載

ドライバー / ユーザーガイド・ダウンロード

HDSP/HDSPe シリーズ 
HDSP/HDSPe MADI, AES, RayDAT, 9632, 9652, AIO, MADIface, Multiface, Digiface, RPM
Windows
http://www.synthax.jp/drivers-hdsp-windows.html
 Mac
http://www.synthax.jp/drivers-hdsp-mac.html
Fireface 400/800
Windows
http://www.synthax.jp/drivers-fireface.html
Mac
http://www.synthax.jp/drivers-fireface-mac.html

HDSP/HDSPe シリーズ

(HDSP/HDSPe MADI, AES, RayDAT, 9632, 9652, AIO, MADIface, Multiface, Digiface, RPM)

 

HDSP / HDSPe ドライバー

Windowsドライバー

Macドライバー

※TotalMix FXでは旧TotalMixで作成したユーザー・プリセットは互換性がないため、使用できませんのでご注意ください。


HDSP / HDSPe シリーズ TotalMix FXユーザーガイド・アップデート

HDSP / HDSPeシリーズ TotalMix FX & Windows Driver 4.x ユーザーガイド・アップデート(2014年10月更新)

※ 本ユーザーガイドは、国内正規流通製品をお求めいただいたお客様にのみご提供しております。下のリンク先のページでお使いの製品のシリアル番号を入力していただくと、ユーザー・ガイドのPDFファイルをダウンロードできます。

※ 本ユーザーガイドは、WDMデバイスに関する新機能やクロック・オプション、TotalMix FXのすべての機能等を説明しています。そのため、Macで使用される場合も Fireface 400 / 800で使用される場合も参考にしていただけます。

 

 

Fireface 400/800

 

Fireface 400 / 800ドライバー

Windowsドライバー

Macドライバー

※TotalMix FXでは旧TotalMixで作成したユーザー・プリセットは互換性がないため、使用できませんのでご注意ください。 

 

FF400 / 800 TotalMix FXユーザーガイド・アップデート

FF 400 Driver & TotalMix FXユーザーガイド・アップデート(2014年7月更新)

FF 800 Driver & TotalMix FXユーザーガイド・アップデート(2014年7月更新)

※ 本ユーザーガイドは、Fireface 400製本ユーザー・ガイドをお持ちのユーザー様に向けた「Settingsダイアログ」「TotalMix FX」の章を補足するアップデート版PDFファイルです。国内正規流通製品をお求めいただいたお客様にのみご提供しております。リンク先のページでお使いの製品のシリアル番号を入力していただくと、ユーザー・ガイドのPDFファイルをダウンロードできます。

ドライバー等の最新ニュースについて

Synthax Japan Newsletter、Facebook、Twitterでは製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。是非ご登録ください!

 

Synthax Japan Newsletter お申し込み

Synthax Japanをフォローしましょう  tl_files/banners/ja_facebook.jpg

TotalMix FXの概要

Babyface / Fireface / MADIface / HDSPなどのすべてのRMEインターフェイスは、RME独自のTotalMixテクノロジーを基にした、強力なデジタル・リアルタイム・ミキサーTotalMixを備えます。

TotalMixはお使いのRMEインターフェイスのすべての入力および再生チャンネルを、すべてのハードウェア出力へ、同時に、事実上無制限に、ミキシング/ルーティングすることができます。さらに新世代のRME製品に搭載されるTotalMix FXは、3バンド・パラメトリックEQ、ローカット、エコー、リバーブ、コンプレッサー、エキスパンダー、オートレベルを搭載します。

 

TotalMixには主に以下の用途で使用できます:

  • ヘッドフォン・ミックスなどの遅れのないサブミックスを自由に作成
  • 完全に独立したステレオ・サブミックス。例えば、Fireface UFXは最大15系統、MADIface XTは99系統のステレオ・サブミックスが可能。これはアナログ・ミキサーでは、UFXの場合は30系統、MADIface XTの場合は198系統のAuxセンドに相当します。
  • 無制限に入出力をルーティング。信号を自由にルーティング可能で、パッチベイ機能としても利用可。
  • 信号を同時に複数の出力に分配。TotalMixは最先端のスプリッター、分配機能を提供します。
  • 異なるアプリケーションを1つのステレオチャンネルから同時再生。ASIOマルチクライアント・ドライバーは複数のアプリケーションの同時使用を可能にします。また、それぞれが異なる再生チャンネルで再生された場合、TotalMixはこれらの信号を1つのステレオ出力にミックス/モニターする手段を提供します。
  • 入力信号を再生信号へミキシング(完全なASIOダイレクト・モニタリング ‐ ADM)。RMEはADMの先駆者であるだけでなく、最も充実したADM機能を提供します。
  • 外部機器(エフェクトなど)を統合。TotalMixを使って再生または録音パスに外部エフェクト・デバイスを挿入できます。用途によりインサート、またはエフェクト・センド/リターンと同様の働きをします。
  • 全ての入力チャンネル (Hardware Inputs)、再生チャンネル (Software Playback)とハードウェア出力 (Hardware Outputs)にピークとRMSレベル・メーターを実装(ハードウェア上で計算)。これらのレベル表示はオーディオ信号の有無とルーティングの確認に便利に使用できます。

TotalMix 設定ガイド・リンク集

TotalMixの様々な機能や使用方法については、お使いの製品付属の日本語ユーザーガイドに詳細に記載されています。また、その他にも以下の設定ガイド・ページやスタッフ・ブログでは、モニタリング・ミックスの作成方法、ループバック設定方法(出力信号をそのまま入力チャンネルに送信)、iPadでの使用方法等、TotalMixに関する様々な活用方法を解説しています。是非ご覧ください。

 

設定ガイド

TotalMix FXモニタリング・ミックス・作成ガイド

TotalMix FXループバック活用ガイド Vol.1

TotalMix FXループバック活用ガイド Vol.2

Fireface UC - TotalMix FX新機能の紹介

各種設定ガイド・トップ

 

スタッフ・ブログ

TotalMix Tips - Dimボタン

TotalMix FX on iPad 設定編

Babyfaceを使ってUstream配信

Synthax Japanスタッフ・ブログ・トップ