Babyface Pro FS - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]

Babyface Pro FS

12イン/12アウト 24bit/192kHzサポート USBバスパワー対応 プロフェッショナル・オーディオインターフェイス

24チャンネル 192 kHz バスパワー対応 プロフェッショナル USB 2 オーディオインターフェイス - Babyface Pro FS

tl_files/images/products/babyface-pro-fs/bfp_2021_Awards.png

購入 販売店を探す

ご購入の際には【国内正規製品について】を必ずお確かめください。

製品概要

1000兆分の1秒(フェムトセカンド)精度のジッター抑制をはじめとするRMEの最新テクノロジーを凝縮したプロフェッショナル・モバイル・オーディオ・インターフェイス

Babyface Proは、コンパクト設計のモバイル仕様でありながら、プロフェッショナルに必要なクオリティーをRMEの技術力で実現したオーディオ・インターフェイスで、初代モデルが2011年に発売されて以降国内外で多くのアワードを受賞し、音楽制作、放送、研究開発をはじめ様々なジャンルにおいてリファレンス機として使用されています。

日々進化を続けるRMEの最新テクノロジーが搭載されたBabyface Pro FSの登場によって、業界のリファレンス・クオリティーが再定義されることとなります。RMEインターフェイスに搭載されるSteadyClockテクノロジーは安定したクロック同期を可能にするだけでなく揺らぎのない正確なDAコンバージョンを行い、かつてないクリーンなサウンドを可能にします。最新モデルのBabyface Pro FSは、精度が1000兆分の1秒(フェムト秒)単位に向上された次世代バージョンの「SteadyClock FS」を搭載します。これは高性能クロック・ジェネレーターの先を行く精密さと言えます。

ヘッドフォン、イヤフォンでの再生環境が重要視される近年、制作サイドでの正しいモニタリング環境の構築は不可欠となりました。Babyface Pro FSには、TRSとミニジャック端子の2つのヘッドフォン出力が搭載され、ハイ・インピーダンス(ヘッドフォン)とロー・インピーダンス(インイヤー・モニター)に最適な独立したドライバー・ステージを備えます。これによりあらゆる種類のヘッドフォンに対応可能で、常に本来のベストなサウンドを引き出します。AD/DAコンバーターとして最高峰のスペックを誇るADI-2 Pro FSと同じオペアンプを使用し、両端子の出力THDは最大10 dB改善されました。さらに、3.5 mm TRSフォン出力は最大90 mWまで対応し、出力インピーダンスは2 Ωから0.1 Ωに減少しています。

また、AD / DAコンバーターのSN比が向上し、+19 / +4 dBuのリファレンス・レベルを本体で変更可能な物理スイッチや、モバイル使用時の盗難防止「K-スロット(Kensingtonロック・ポート)」を新たに搭載するなど、Babyface Pro FSはオーディオ・インターフェイスの限界にチャレンジし続けるRMEの集大成となる製品です。

主な機能

  • アルミ・ブロック削り出し加工の筐体
  • 直感的で効率に優れたユーザー・インターフェイス
  • 底面にマイク・スタンド・スレッド搭載、自由に配置可能
  • すべての設定をリアルタイムに変更可能
  • バッファー・サイズ/レイテンシー設定:48~8192サンプルから選択可能
  • ADATオプティカル(S/MUX)経由で24bit/96kHz(4チャンネル)、24bit/192 kHz(2チャンネル)録音・再生
  • クロック・モード:スレーブ、マスター
  • 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
  • ADAT モードでの優れたBitclock PLL(オーディオ同期)
  • SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
  • DDSテクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
  • SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピングを防止
  • SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
  • TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニタリング
  • TotalMix:内部処理46ビットの288チャンネル・ミキサー
  • TotalMix FX:3バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー
  • 1 x MIDI入出力(16チャンネル、ハイスピード MIDI)
  • 2 x マイク入力(デジタル・コントロール、リファレンス品質)
  • 2 x バランス・ライン出力、レベル:+19dBu
  • 1 x ヘッドフォン出力、高および低インピーダンス・フォーン用に別個のドライバー段
  • DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS 計測

アナログ入出力

メイン入出力には、モノラル2系統のXLRバランス入出力を装備し、安定した接続を確立。SN比はマイク入力が113.7 dB、ライン入力が116.3 dB (120 dBA)とさらに進化し、ライン入力のTHDは8 dB向上しています。

2つのデジタル制御プリアンプは、個別に切り替え可能な48Vファンタム電源を搭載し、新たに改良された回路は、1 dBステップで調整可能な76 dBのゲイン・レンジとリレー駆動のPAD機能を備えます。これにより優れたEIN(等価入力ノイズ)性能やライン過負荷保護を提供し、レベルの小さなマイクロフォンを接続しても十分なゲインを提供します。そして筐体にシームレスに統合されデザインされたメイン入出力のXLRソケットは、余分なスペースを取りません。

入力3〜4には、ラインまたはハイ・インピーダンスの楽器を接続できますので、外出先でもBabyface Pro FS単体でギターを収録可能。付属のブレイクアウト・ケーブルを接続すればMIDI入出力も追加される為、トータル・プロフェッショナル・オーディオ・ソリューションとして多目的にご利用頂けます。

ヘッドフォン出力

TRSとミニジャック端子の2つのヘッドフォン出力は、ハイ・インピーダンス(ヘッドフォン)とロー・インピーダンス(インイヤー・モニター)のヘッドフォンに最適な独立したドライバー・ステージをそれぞれに搭載し、使用するヘッドフォンの種類に対して常に本来のベストな出力を提供します。 

ADI-2 Pro FSと同じ出力オペアンプを使用しており、3.5mm TRSフォン出力は最大90 mWまで対応、両端子の出力THDは、­最大10dB改善され3.5mm TRSの出力インピーダンスが2Ωから0.1Ωに減少しました。

デジタル入出力

TOSKINK形式のオプティカル入力・出力が各1系統ずつ搭載され、最大192kHzまでのS/PDIFもしくはADAT(SMUX対応)フォーマットで利用できます。

また、オプティカル端子にADATコンバーターを接続することにより、Babyface Pro FSのアナログ入出力を拡張することが可能です。 例えば、RME OctaMic IIやOctaMic XTCのようなADAT対応マイク・プリアンプと組み合わせることで、12チャンネルのアナログ録音やADI-8QSやADI-8DS Mk IIIと組み合わせて、ライブやスタジオでのマルチトラック・アプリケーションとして使用することも可能です。

SteadyClock FSによる精密な録音 / 再生 / 編集環境

SteadyClock FS

デジタル・オーディオでは、オーディオ・ビットとリファレンスとなる時間軸の間に相関関係を要するため、クロック周波数は重要な要素です。しかしながら、クロック周波数は常に安定しているとは限りません。

Babyface Pro FSは、ADI-2 Pro FSに実装されたSteadyClock FS回路を搭載し、ジッター値をフェムト秒(1000兆分の1秒)単位の精度で抑制させることができます。よって全てのクロック・モードにおいて高品質なアナログ・コンバージョンを提供し、一切色付けの無い「ありのまま」の音をモニタリングすることが可能です。

RME製品のデジタル・コンバージョンは、一切のデータ損失や音質劣化なく行われ、またSteadyClock FSは音像が劣化しないことを保証します。より深い奥行きと、クリアな音像により、録音とミックス作業を正しく精密に行うことができます。

 

デジタル・リアルタイム・ミキサー TotalMix FX

TotalMix FXのミキサー機能はBabyface Pro FS本体のDSP上で処理されており、すべての入力および再生チャンネルを、同時にすべてのハードウェア出力へ、ミキシング/ルーティングすることができます。つまり、すべてのアウトプットに対して、独立したルーティングを自由に組むことができます。

また、コントロール・ルーム・セクションにより、トークバックやディム、スピーカーA/B切り替えといった、プロフェッショナルな作業に必要なモニター環境を提供します。

すべての入力チャンネルと出力チャンネルにはフルスケールのデジタル・コンソールに匹敵する充実した機能が実装されています。

3バンド・パラメトリックEQ、ロー・カット、MS処理、位相反転などの効果をチャンネルごとに設定できます。リバーブ / エコーのエフェクト機能は、ステレオのセンド / リターン・バスによりすべてのチャンネルに提供され、これらエフェクトは192kHzを含むすべてのサンプル・レートでご使用いただけます。

なお、Babyface上に搭載されたDSPには、DSPオーバーロード自動検出機能が搭載されており、より高いサンプル・レートに変換する際には、DSPの処理能力を超えるすべてのエフェクトが自動的に解除され、DSPオーバーロードになるのを防ぎます。これによりモニター・スピーカーを破損することも防ぐことができます。

TotalMix FXのエフェクト機能はレコーディング・チェーンに柔軟性をもたらすだけでなく、CPU負荷の高いソフトウェア・エフェクトの代替としても機能します。また、スタジオ・モニター用と、ボーカル・ブースのヘッドフォン用に別々のエフェクトをかけるなど、レコーディングの現場での需要に的確に応えることができる究極のソフトウェア・ミキサーがTotalMix FXなのです。

TotalMix FX

tl_files/images/products/babyface-pro-fs/totalmix_remote.png

さらに新たにリリースされたTotalMix Remoteを併用すると、イーサネットや無線LANを用いてRMEオーディオ・インターフェイスのすべてのミックス状態、ルーティング、FX設定、そしてレベルメーターをリアルタイムでiPadやコンピューターに表示し、コントロールできます。

TotalMix Remote

バスパワー駆動

Babyface Pro FSバスパワー

Babyface Pro FSの驚くべき効率的なデザイン設計により、外部電源をほとんど必要としません。技術仕様を劣化させることなく、USB 3バス電源、およびほとんどのUSB 2バス電源で完全に安定した動作でご利用いただけます。モバイル録音時にコンデンサー・マイクをペアで使用しても問題が起こることはありません。

すべての新機能は、ユニットの消費電力を上げることなく達成されていますので、完全にバスパワーで動作させることが可能です。

最小限のレイテンシーと業界をリードする安定性

RME USB

RMEはコア・テクノロジーを常に開発および最適化し続けることを哲学としています。

RMEはマルチチャネル・オーディオのリーデイング・カンパニーであり、USB 2.0でプロフェッショナルなパフォーマンスを実現した最初の企業です。信頼性が高く、安定したドライバーの開発と定期的な更新を行い、製品の音質への揺るぎないこだわりを持ち可能な限りの技術を惜しみなく提供し続けます。よってBabyface Pro FSは常に時代に応じて更新され、長くお使いいただける製品となります。

また、RME Audioはインターフェイス・コアを独自に開発することで、アップグレード、機能改善、バグ修正をサードパーティーに依存することなく提供できるため、製品を常に最新のOSでご利用頂けます。

RMEのUSBテクノロジー

クラス・コンプライアント・モード

CC Mode

Babyface Pro FSはクラス・コンプライアントに対応するため、CCモードをアクティブにすれば、iPhoneやiPadに接続してご利用になれます*。

iPadでTotalMix FXを使用すると、ハードウェア・ミキサーを完全リモート・コントロールすることができ、ミックスの作成、保存、読み込みが可能です。ライブ、収録時にもiPadからプロフェッショナル・レベルのI/O設定が可能になります。

*iPhone、iPadでお使い頂く場合には、別売りの電源アダプターが必要になります。

MIDI入出力

Babyface Pro FS MIDI入出力

Babyface Pro FSにはMIDI入出力も用意されています。付属のブレークアウト・ケーブルを使えば、MIDI音楽制作機器の接続が可能です。

本体でのコントロール

Babyface Pro FS 本体でのコントロール

Babyface Pro FSは直感的で使いやすいように精密にデザインされ、すべての機能と設定に簡単にアクセスできます。スタンドアロン・モードであっても、本体から直接入力と出力をルーティングおよびミキシングが可能です。これによって様々な場面での多彩な利用方法が実現します。

新しいBabyface Pro FSでは、本体の背面には新たに+19 / +4 dBuスイッチが搭載され、直接本体から出力レベルを調整できるようになりました。これにより繊細なアクティブ・スピーカーの対するSN比の向上、歪み/オーバーロードを回避し、TotalMixのフェーダーを常に0dB保つことが可能になります。高いアッテネーションを設定する必要が無くなります。

スタンドアローン・モード

Babyface Pro FS スタンドアローンモード

Babyface Pro FSはコンピューターを使わずにスタンドアローンの状態でも使用可能です。スタンドアローン時には「AD/DAコンバート・モード」の使用が可能で、特別な設定を行わなくてもアナログ <> デジタルの双方向変換が行えます。例えば、2チャンネルの高性能マイク・プリアンプとして、または、CDプレイヤーやDVDプレイヤーを接続してコンピューターに接続することなく音楽を楽しむなど、さまざまな目的に利用できます。

※スタンドアローン時には、別途電源供給が必要です。Babyface Pro FSには、ACアダプターが同梱されておりません。

インテリジェント・クロック・コントロール

Intelligent Clock Control

インテリジェント・クロック・コントロールはすべての入力ソースの動作クロックの状態をリアルタイムで検知し、外部クロックに問題があった場合でも最後に正常だった状態を保持します。同じくRMEのテクノロジーであるSyncCheckとの組み合わせで、クロック同期の問題を迅速に調査できます。

高性能テスト、計測、解析ツール搭載

DIGICheck

RMEの非常に強力なデジタル・オーディオ用メーター/アナライザー/測定ツールDIGICheckを利用頂けます。

これによりBabyface Pro FSは、精密なオーディオ測定器としても利用可能です。

DIGICheckはマルチトラック・レコーダー機能に加えてハードウェア上で動作するPeak/RMSメーター、さらにはソフトウェアの仕様に依存せずに再生音を解析できるアナライザーといった機能が含まれています。

* Mac環境ではDIGICheckの機能に一部制限があります。

DIGICheckの詳細

セットアップ例

tl_files/images/products/babyface-pro-fs/studio-setup.png

 

tl_files/images/products/babyface-pro-fs/home-audio.png

入出力

  • 最大12入力 / 12出力チャンネルを利用可能
  • 4系統のアナログ入力(Mic、Line、Instrument)
  • 4系統のアナログ出力(2 x XLR、2 x Phones)
  • 1系統のADAT I/O または 1 x SPDIF I/Oオプティカル
  • 1系統のMIDI I/O(ブレークアウト・ケーブル経由)
  • USB 2.0端子 (USB 3端子でも動作)
  • 全入力にデジタル・ゲイン・コントロールを搭載
  • ヘッドフォン用にそれぞれハイ・インピーダンスとロー・インピーダンスの出力を搭載

同梱物

USB 2.0 ケーブル AB、USB 2.0 ケーブル BC、MIDIブレイクアウト・ケーブル、専用キャリー・ケース、Babyface Pro FSセットアップ・ガイド、Babyface Pro FS日本語ユーザーガイド、DIGICheck 日本語ユーザーガイド

※ご購入の際には【国内正規流通製品について】をお確かめください。

技術仕様

アナログ入力(AD):マイク/ライン入力1〜2

  • 入力:XLR、電子バランス
  • 入力インピーダンス・バランス:2 kΩ、PAD 5.2 kΩ
  • 入力インピーダンス・アンバランス:1 kΩ、PAD 2.6 kΩ
  • S/N比(SNR):113.7 dB RMS unweighted、117 dBA
  • 周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.1 dB:18 Hz ~ 20.8 kHz
  • 周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:7 Hz ~ 45.8 kHz
  • 周波数特性@ 192 kHz、-1 dB:5 Hz ~88 kHz
  • PADアクティブ:-0.1 dB 8 Hz、-0.5 dB < 4 Hz、-1 dB < 3 Hz
  • THD: < -112 dB、< 0.00024 %
  • THD+N: < -108 dB、< 0.00035 %
  • THD @ 30 dBゲイン: < -115 dB、< 0.00016 %
  • THD+N @ 30 dBゲイン: < -100 dB、< 0.001 %
  • チャンネル・セパレーション:> 110 dB
  • ゲイン・レンジ:-11 dBから最大+65 dB
  • 最大入力レベルXLR、ゲイン0 dB:+8 dBu、PAD +19 dBu
  • 最大入力レベルXLR、ゲイン65 dB:-57 dBu、PAD -46 dBu

 

アナログ入力(AD): ライン/インストゥルメント入力3〜4
下記を除きマイク/ライン1~2と同一:

  • 入力:6.3 mm TS端子、アンバランス
  • 入力インピーダンス:1MΩ
  • S/N比(SNR):116 dB RMS unweighted, 120 dBA
  • 周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.1 dB:5 Hz ~ 20.8 kHz
  • 周波数特性 @ 96 kHz、-0.5 dB:< 3 Hz – 45.8 kHz
  • 周波数特性 @ 192 kHz、-1 dB:< 2 Hz – 92 kHz
  • 最大入力レベル @+4 dBu、ゲイン0 dB: +13 dBu
  • 最大入力レベル@-10 dBV、ゲイン9 dB: -5 dBu

 

アナログ出力(DA): ライン出力1〜2

  • ダイナミック・レンジ(DR):115 dB RMS unweighted、118 dBA
  • 周波数特性@ 44.1 kHz、-0.5 dB:0 Hz ~ 20.8 kHz
  • 周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:0 Hz ~ 45 kHz
  • 周波数特性@ 192 kHz、-1 dB:0 Hz ~ 89 kHz
  • THD: - 106 dB、0.0005 %
  • THD+N: -102 dB、0.0008 %
  • チャンネル・セパレーション:> 110 dB
  • 出力:XLRバランス
  • 出力インピーダンス:300 Ωバランス、150 Ωアンバランス
  • 出力レベル(0 dBFS):バランス+19 / +4 dBu、アンバランス+13 / +7 dBu
  • DC @ 0 dBFS:6.35mm 4.8 V、3.5mm 2.4 V、XLR bal.9.6 V

 

アナログ出力(DA): ヘッドフォン(Phones)3〜4
下記を除きDAライン出力と同一:

出力:6.3 mm TRS端子、アンバランス

  • 出力インピーダンス:10 Ω
  • 出力レベル(0 dBFS, 1 kΩロード): +13 dBu
  • 最大出力 @ 0.1% THD:60 mW
  • SN比 (SNR) :114.8 dB RMS unweighted、118 dBA
  • ノイズ・レベル:-101.8 dBu

出力:3.5 mm TRS端子、アンバランス

  • 出力インピーダンス:0.1Ω
  • 出力レベル(0 dBFS, 1 kΩロード): +7 dBu
  • 最大出力 @ 0.1% THD:90 mW
  • SN比 (SNR) :114 dB RMS unweighted、117 dBA
  • ノイズ・レベル:-107 dBu

 

MIDI

  • 1 x MIDI 入出力:ブレークアウト・ケーブル経由(5-pin DIN 端子が2基)
  • ガルバニック絶縁のオプトカプラ入力
  • Hi-speedモード: ジッター並びにレスポンス・タイムは、概して1 ms 以下
  • 入力、出力ともに、セパレート128 byte の FIFO仕様

 

デジタル概要

  • クロック:インターナル、ADAT入力、SPDIF入力
  • 外部クロックのジッター抑制:>50 dB (2.4 kHz)
  • AD/DAコンバート時のクロック・ジッターの影響:ほぼゼロ
  • 100ns以上のジッターでもPLL によりドロップアウト・ゼロを保証
  • ADATの可変速度動作(バリ・ピッチ)においてもDigital Bitclock PLLによりトラブル・フリー
  • サンプル・レート:28 kHzから最大200 kHzまで

 

デジタル入力

ADAT オプティカル

  • TOSLINK x1系統
  • 標準: 8 チャンネル 24 bit、最大 48 kHz
  • Double Speed (S/MUX): 4 チャンネル 24 bit 96 kHz
  • Quad Speed (S/MUX4) : 2 チャンネル 24 bit 192 kHz
  • ADATのバリスピード動作に対応
  • 同期帯域:31.5 kHz ~ 50 kHz
  • ジッター抑制:> 50 dB(2.4 kHz)

 

SPDIF オプティカル

  • オプティカル x1系統、IEC 60958に準拠
  • Consumer と Professional フォーマットに対応
  • 同期帯域:27kHz ~ 200kHz
  • ジッター抑制:> 50 dB(2.4 kHz)

 

デジタル出力

ADATオプティカル

  • TOSLINK x1系統
  • 標準:8 チャンネル 24 bit、最大 48 kHz
  • Double Speed (S/MUX): 4 チャンネル 24 bit 96 kHz
  • Quad Speed (S/MUX4) : 2 チャンネル 24 bit 192 kHz

 

SPDIF オプティカル

  • オプティカル x1系統、IEC 60958に準拠
  • Consumer (SPDIF)フォーマット、 IEC 60958に準拠
  • 対応サンプリング・レート: 28 kHz 〜 200 kHz

 

一般

  • 電源:USBバスパワー(または外部電源を使用)
  • 待機消費電力:2.8ワット
  • 平均消費電力:3.7ワット
  • 最大消費電力:5.4ワット
  • 5 Vバスパワー動作時の電力:700 mA(3.7ワット)
  • 12 V外部電力時の電力:313 mA(3.7ワット)
  • 寸法(WxHxD):108 x 35 x 181 mm(4.25" x 1.4" x 7.1")
  • 重量:680 g(1.5 lbs)
  • 動作温度:+5° ~ +50° C(41° F ~ 122°F)
  • 相対湿度:< 75%、結露なきこと

 

平均消費電力:1 kHzサイン波を0 dBFSで再生。2 x 32Ω TRS 3.5mm、XLRループバック、ほぼすべてのLEDが中程度の明るさに点灯。

最大消費電力:同様。ただしXLR入力をショートし、ファンタムを電源を有効化。

 

動作環境

  • Windows XP SP2以上、Intel Mac OS X (10.6以上)
  • USB 2.0端子もしくはUSB 3端子 × 1
  • CPU:Pentium Core 2 Duo 以上の性能

※WindowsとMac OS Xで、それぞれのドライバはまったく同等の機能と動作を提供します。DIGICheckのいくつかの機能はMac版では使用できません。

ダウンロード

アクセサリー

※ 製品の同梱物はこちらをご確認ください。

PCB製Babyface Pro / MADIface Pro用キャリング・ケース

PCB製Babyface Pro / MADIface Pro用キャリング・ケース

Babyface Pro / MADIface Pro用 USBケーブル

Babyface Pro / MADIface Pro用 USBケーブル

Babyface Pro / MADIface Pro用 USBケーブル

Babyface Pro / MADIface Pro用 MIDIブレイクアウトケーブル

Babyface Pro / MADIface Pro用 MIDIブレイクアウトケーブル

Babyface Pro / MADIface Pro用 MIDIブレイクアウトケーブル

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ

NTCB-XT:スイッチングACアダプタ

TotalMix FX リモート・コントローラー

ARC USB(Advanced Remote Control USB)

ARC USB(Advanced Remote Control USB)リモート・コントローラー