ネットワーク・オーディオの種類と比較 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

AVB Information ─ AVB テクノロジー

 

3. 「ネットワーク・オーディオの比較」

オーディオ・ネットワークはAVB、Dante等の規格によってそれぞれ違いがあり、その「違い」が各規格の強みだと言えます。これらの違いを紐解いていくために技術的な背景を含めて解説します。

 

 

 

オーディオ・チャンネル数

1 GigE link:500チャンネル以上

 

ストリームの概念

MADIが125MBit/sで伝送されるのに対して、ネットワーク・ソリューションは1 GBit/sを使用してより多くのチャンネル数(500チャンネル以上)を伝送します。さらにMADIは常に全帯域を使用するのに対して、ネットワーク・オーディオ機器は必要なチャンネルだけ使用するため、ごく僅かな帯域のみを使用します。

ここでは「ストリーム」という概念を理解することが重要です。ネットワーク・オーディオのストリームとは、一つのマルチコア・ケーブルと考えて良いでしょう。一つのストリームはチャンネル数が一定で、必要のないチャンネルも含めて全チャンネルが常に伝送されます。例えばMADI信号の場合64チャンネルが1つのストリームです。1つのチャンネルのみ伝送する場合も64チャンネルが伝送され、残りの63チャンネルはオーディオ・データを含みません。

ストリームを使用してオーディオ・チャンネルをグループ化し、論理要素にまとめることにより、ネットワーク上のオーディオ伝送をより効率的かつ容易に監視することができます。

 

ストリームの比較

ネットワーク・オーディオの比較

 

Dante

・4チャンネル

 

AES-67

・標準仕様:8もしくはそれ以下のチャンネル数を一つのストリームで伝送、受信側は1〜8チャンネル・サポート

・メーカーにより変更可能:8チャンネル以上

 

AVB

・チャンネル数の限度なし

 

MILAN

・標準仕様:1ストリームにつき8チャンネル

・メーカーにより変更可能:チャンネル数の限度なし

 

Dante

Danteストリームは、「flows(フロー)」と呼ばれ常に4チャンネルが伝送されます。Gigabitネットワークでは、1フローは使用可能な帯域の中で1%未満しか使用しません。フローはデフォルトでは送信元から1つの受信先へ伝送され(ユニキャスト)、場合によって1つの送信元からネットワーク状にある全ての受信先へ伝送させることも出来ます(マルチキャスト)。

 

AES67

AES67対応機器は、8チャンネルまたはそれ以下のストリームを少なくとも1つ送信でき、同時に、8チャンネル以下のストリーム(全てのチャンネル・サイズ)を少なくとも1つ受信できる必要があります。つまり、AES67対応機器は2チャンネルの出力ストリームを送信する場合でも、受信側で1、2、3、4、5、6、7、8チャンネルのストリーム(全て)の接続に対応可能な必要があります。

ストリームはユニキャストまたはマルチキャストの両方で伝送することが出来ます。マルチキャスト・ネットワークにおいてトラフィックを減らすには、ストリームを必要としないデバイスに対してトラフィックを伝送しないようにスイッチを管理することが出来ます(IGMPスヌーピング)。

 

AVB

AVBストリームでは、送信側と受信側のデバイスのチャンネル数に制限はありません。各メーカーによってどのストリーム・サイズをサポートするかを決定します。2つ以上のストリーム・サイズがサポートされる場合、ユーザーはストリームの入力および出力のポート・サイズをデバイス上で設定します。ストリームは設定されたストリーム・サイズと同じサイズのストリーム・ポートにのみ接続されます。例えばデバイスAが4チャンネルのストリーム・ポートに設定され、デバイスBが8チャンネルのストリームのみに対応している場合、これらのデバイス間はリンクされません。

 

MILAN

AVBの一部の規格であるMILANは、AES-67として送信と受信側を同様のチャンネル・セットに標準規格として規定することで上記の問題を克服しています。現状では、ほぼ全てのメーカーのAVB製品は、送信、受信ともに8チャンネルのストリームに対応しています。MILAN対応機器はAES67と同様で、1、2、4、6または8チャンネルのストリームを1つ送信する場合も、受信側はそれら全てを受信可能な必要があります。

AVBおよびMILANはAVブリッジと呼ばれる特別なスイッチを使用してユーザーがトラフィック管理をする必要がありません。また、全てのAVBストリームは常にマルチキャストで伝送されますが、ストリームを認識するスイッチによって、これらを管理する必要がありません。

 

※ AVBのバンド幅の要件を計算する際には、Jeff Koftinoff氏によるabc.statusbar.comのツールを使用すると便利です。リンクの速度、サンプル周波数、ストリーム・サイズから使用可能なチャンネル数を算出できます。

関連情報

ネットワーク・オーディオ対応製品

RME

インターフェイス

Digiface AVB
Digiface Dante

AD/DA コンバーター

M32 AD Pro
M32 DA Pro

 

Ferrofish

AD/DA コンバーター

Ferrofish A32 Dante
Ferrofish Pulse16 DX
Verto シリーズ

 

 

 

MAGIX

DAW - ブロードキャティング対応高音質ソリューション

Sequoia

 

 

 

 

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
用途に合わせたお得なバンドル・セットもご用意しております。

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


メールニュースのご案内


イベント情報、サポート情報、技術情報、お得なキャンペーン情報をはじめ、アーティストのインタビューや現場レポートなど、お役立ち情報を満載でお届けします。さらにはメールニュース限定の情報も!ぜひご登録ください。

シンタックスジャパン・メールニュース登録