Fireface UCXⅡ クラス・コンプライアント・モード - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

Fireface UFX CCモード日本語 Tech Info(PDF)

Fireface UFX CCモード Tech Info PDF

Fireface UFX CCモード日本語Tech Info(PDF)は、本ページでご紹介した接続手順の他、ルーティング、接続時のヒントやトラブル・シューティング、本体の操作方法等、さらに詳細な情報を記載しています。

ダウンロードはこちら

Fireface UFX CCモード設定方法

Fireface UFX CCモード設定手順

Fireface UFXのCCモード設定手順をビデオで解説します。

ビデオを見る

CCモード検証レポート(スタッフ・ブログ)

Cubasis - Babyface検証

Fireface UFX / Fireface UCX / Babyfaceと3機種がCCモード対応しましたので、実際iPadでどこまでの作業ができるのか、話題のアプリを使って検証を行ってみました。今回は、BabyfaceでSteinbergのCubasisを試してみました。

詳細はこちら

iPad 「DAW」App解説

iPad DAW App

iPad Appにはレコーディング用途を主としたDAW系のAppが幾つかのディベロッパー(制作者)からリリースされていて、シンプルなステレオ録音のものから、本格的なマルチ・トラック録音可能なものまでが存在しています。ここではFireface UCXで使うことを前提に、ある程度以上のクオリティを搭載したAppに絞ってご紹介します。

詳細はこちら

iPad「オーディオ測定」App解説

iPad App解説「オーディオ測定」

iPad Appにはオーディオ測定のためのAppが幾つかのディベロッパー(制作者)からリリースされています。簡単な動作のものから本格的な計測を前提としたものまでが存在していますが、ここではFireface UCXで使うことを前提に、ある程度以上の機能や精度を搭載したAppに絞ってご紹介します。

詳細はこちら

Fireface UCXⅡ クラス・コンプライアント・モード

iPadにプロフェッショナル品質のI/Oを追加

Fireface UCX Ⅱ CCモード

Fireface UCXは、iPadで使用できる世界初のプロフェッショナル向けオーディオ・インターフェイスとして注目を浴びました。Fireface UCX II ではさらにアップデートされた、AESやSPDIF、ADATを含む20チャンネルすべての入出力が使用することが可能です。

Fireface UCX IIをiPadに接続することでプロ・レベルのマルチチャンネル入出力をご利用いただけます。さらに、EQ、ダイナミックス、AutoSet(自動ゲイン調整機能)搭載のハイエンド・マイク・プリアンプ、ハイ・インピーダンス・ヘッドフォンでも優れた音質を発揮するハイパワー・ヘッドフォン出力、さらには、ゲイン/レベル調整、リバーブ、エコー、ゼロ・レイテンシー・モニタリングなど、最大96 kHz/24 bitで品質に制限なく使用することができます。もちろんSysex対応のMIDI入出力にも対応します。

iPad(iOS)では、TotalMix FX for iPadアプリを使うことでUCX IIをフル・コントロールできます。

DURecにも対応

Fireface UCX Ⅱ DURec

USBメモリーやポータブル・ハードディスクに直接録音するRME独自のDURec(ダイレクトUSB レコーディング)がCC モードでも使用可能です。DURecはライブ録音、リハーサル録音、収録などの用途でiPadでプロフェッショナル且つポータブルな録音をする際に大きな活躍をするでしょう。

DURecの詳細はこちら

CCモードの概要

CCモードの機能は専用デバイス・ドライバのインストールを必要とせず、OS標準ドライバによるプラグ&プレイでRMEデバイスを使用することです。これにより、例えばApple社のiPad等のクラス・コンプライアント対応機器でFireface UCX II の高品質なオーディオやMIDI入出力を利用することができます。

なお、iPhoneでクラス・コンプライアント・モードをご利用の際はiOS標準ドライバに依存するため、RMEが提供するTotalMix FXのミキシングやエフェクトの設定を施すことができません。

また、CCモードの状態でコンピューターに接続した場合は、TotalMix FXやFireface USB Settingsは起動しません。コンピューターで使用する場合は、CCモードをOFFにしてください。

iPadでは、TotalMix FX for iPadを使用することでミキシング、エフェクトを使用可能です。

RME SteadyClockによるジッター制御

Fireface UCX IIはDAコンバート時にジッターが生じやすいUSBクロックの代わりに、Fireface UCX II内部に搭載されたSteady Clock FSを使用します。多くのUSBオーディオ機器はDAコンバート時にUSBデータ・パケットからクロックを抽出するスレーブ・モード(アダプティブ・モード)で動作しており、効果的なジッター抑制は行われずに比較的大きなジッターが生じます。Fireface UCXはレコーディング時もプレイバック時もマスター・クロック・モード(アシンクロナス・モード)で動作するので、iPad使用時でもコンピュータ接続時と変わらないサウンド・クオリティを実現しており、Fireface UCXとiPadだけでもスタジオ・クオリティを誇る本格的なレコーディングやミュージック・プロダクションを行うことができます。

動作環境

  • CC モードで起動したFireface UCX Ⅱ
  • iOS 6 以上のiPad
  • iOS 7 以上のiPhone
  • Apple iPad Camera Connection Kit(DocまたはLightning to USBタイプ)
  • iPad Pro:アダプター不要。USB-B - USB-Cケーブルだけで接続できます

モードの切り替え方法

CCモードの有効/無効は、Fireface UCX Ⅱがコンピューター(Mac、Windows)に接続されていない状態で、Fireface UCX Ⅱ本体で直接設定します。

  1. USBケーブルをFireface UCX Ⅱから取り外します。
  2. SETUP / REVを押します。
  3. ディスプレイにOptionsが表示されます。
  4. ディスプレイにHardware / Diagnosisが表示されるまでエンコーダーを回します。
  5. エンコーダーを押すと、Hardware / Diagnosisnお右側のノブ・アイコンが上下矢印アイコンに切り替わります。
  6. エンコーダーを回して、CC Modeに切り替えます。
  7. エンコーダーを押すと、アイコンがノブ・アイコンに戻ります。
  8. エンコーダーを回して、Onを選択します。
  9. Fireface UCX Ⅱが再起動され、CCモードに切り替わります。
  10. レベル・メーター画面のUSB表示がCCに変更されます。

※ CC Routingオプションでは2通りの再生ルーティング・モードを提供します。詳細はユーザーガイド《36. オーディオ・ルーティングとオーディオ処理》をご参照ください。

 

Fireface UCX ⅡとiPad を接続

  1. USBケーブルをFireface UCX IIとLightning to USBアダプターに接続します。
  2. iPad/iPhoneを起動し、アダプターを接続します。
  3. 正常に接続されると、UCX Ⅱ本体はCCモードに入り、CC表示が黄色に点灯します。
  4. オーディオは自動的にUCX IIのアナログ出力1/2、Phones 出力 7/8から再生されます(ルーティング・オプション8 Ch. + Phones がアクティブな場合)。

使用するAppがMIDI をサポートしCore MIDIに対応する場合は、UCX IIのMIDI 入出力を選択する画面が用意されています。
USB-C端子を備えるiPad Pro は、一般的なUSB ホストとして動作します。つまりアダプターは不要です。USB-C - USB-Bケーブルなど、用途に応じたケーブルをお使いください。

TotalMix FX for iPadを使用した場合、Fireface UCX IIのオーディオ出力を自由に設定することが可能です。

お問い合わせ

システム・インテグレート、お見積もりや資料請求、社内プレゼン資料の作成など、法人購入に関しますことは、すべてSynthax Japan取り扱い製品の販売を行う株式会社エムアイセブンジャパンのお問い合わせ窓口にて承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

tl_files/images/tech_info/synthax_logo_grey.png

mi7

ご購入前のご質問はこちら

法人購入のご質問はこちら