D21m Series - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

MADI Infomation
MADIインフォメーション

Studer D21m Series

D19m
Studer D21mは、外部機器や、Vista、D950 M2などのすべてのStuder DSPコア製品と、最高品位のアナログ、デジタル、シグナル転送の相互接続を可能にするハイスペックオーディオインターフェイスシステムです。

19" 3Uサイズで12のオーディオインターフェイスカードと1~2個のHD(高密度)カードを収容できます。各HDカードは96kHzで96チャンネルまで対応し、標準のCAT-5 twisted twinケーブルでDSPコアと接続することが出来ます。システムはインサートされたオーディオカードを自動的に認識し、フロントパネルの「reconfig」ボタンを押す、もしくはリモートでオーディオチャンネルの数を設定することができます。また、D21mの機能や設定はコンソールやワークステーションからリモートコントロールすることができます。

フロントパネルのLEDランプはカードの認識エラーを表示し、エラーメッセージはコントロールインターフェイスを介してコンソールへ送信されます。D21mラックは、予備として2つの電源ユニットのスペースを持っています。

The Studer D21m Series 詳細:

  • フレーム、電源供給
  • DSPコア接続用のHDカード
  • 8チャンネルライン出力カード
  • 8チャンネルライン入力カード
  • 16チャンネル入出力AES/EBUカード
  • SRC付16チャンネル入出力AES/EBUカード
  • 4チャンネル マイクカード(ペア)
  • ADAT x2入出力カード(16チャンネル入出力)
  • TDIF x2入出力カード(16チャンネル入出力)
  • GPIカード(16チャンネル入出力)
  • アナログインサートカード
  • MADIカード