Euphonix FC727 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

MADI Infomation
MADIインフォメーション

Euphonix FC727

Euphonix FC727
Euphonix FC727は、様々なフォーマットのデジタル・オーディオ・デバイスとの接続し、最高品位のコンバージョンを可能にします。例えば外部ADコンバーター無しでDigidesign Pro ToolsからEuphonix System 5 などのラージコンソールとの接続、Sony 3348、Tascam DA-88テープマシン間のオーディオ転送、ADATとAES/EBUの相互接続などに対応します。FC727は、すべての対応フォーマットはそのほかの対応フォーマットに変換可能で、必要なすべてのチャンネルをリアルタイムで高品位なサンプルレート変換(SRC)することができます。56チャンネルのオーディオを送受信可能で、使用フォーマットに関わらず56チャンネルのAES/EBU出力が利用できます。 Euphonixから純正のカスタムDB-50ケーブルも発売されています。またコストパフォーマンスに優れたFC726は、FC727のPro Toolsインターフェイス互換以外はすべて同じ仕様となっています。