NHK紅白歌合戦 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

Case Study

RME MADI導入事例

高根 晋作 - シンプル&イージー、そして高音質なMADIシステムで行う中継と収録

レコーディングエンジニアとしてMINMI、湘南乃風、JUJUなど様々なアーティストに携わり、日本の音楽シーンに深く貢献し、最近ではマニュピュレーターとしても活躍の場を広げる、高根晋作氏。MADIの魅力を「シンプルでイージーそして高音質」と語る氏にフォーカスを当て、RMEのMADIRouterとMADIface XTを使った中継+収録システムの構築例を皆さまにご紹介します。

続きを読む

RME Users
導入事例

第57回NHK紅白歌合戦

BIS
2006 年12月31日 大晦日恒例、1年を締めくくる日本最大級の音楽テレビ番組、第57回NHK紅白歌合戦の受信公開イベントとして、紅白歌合戦の会場である NHKホール横に併設された、「NHKみんなの広場ふれあいホール」にて、紅白歌合戦のスーパーハイビジョンおよび22.2マルチチャンネル音響同時上映と同時にNHK大阪放送局へのスーパーハイビジョンおよび22.2マルチチャンネル音響IP光伝送を行い、同時公開を行なう公開実験が実施されました。

本イベントにおいて、NHK放送センター内スタジオで演奏を行なうオーケストラ演奏をNHK放送センター内スタジオとふれあいホール間を光ファイバーケーブル接続し、MADIにて70チャンネルを越えるマルチチャンネル伝送を行い、多くのRME MADIデバイスが使用されました。

放送センター内スタジオから送られたおよそ75チャンネルのMADI信号をふれあいホールに設置されたRME MADI Bridgeにてスプリッティングし、マスターDAWとして用意されたFAIRLIGHT Dream Satelliteにて96ch同時録音を行いながら、2台のADI-6432でAES/EBUシグナルに変換し、ミキシングコンソールとして用意された Digidesign ProTools HD + D-ContorolとYAMAHA PM1Dへと伝送。

MADI伝送のハブとして使用されたADI-6432とMADI Bridge

マスターDAWのFAIRLIGHT Dream Satelliteとサラウンドミックスの録音に使用されたFAIRLIGHT Merlin

ミキシングエンジンとして使用されたDigidesign Pro Tools HD

22.2チャンネルミックスされた信号を再びAES/EBUシグナルでADI-6432に入力、MADI変換したものを、RME MADI Bridgeにてスプリッティングし、ダウンミックスデータをFAIRLIGHT Marlinにて録音しながら、ふれあいホール階上に用意された、22.2チャンネル再生用パワーアンプおよびスーパーハイビジョンおよび22.2ch音声データエンコーダーへとディストリビュートしました。


ふれあいホール会場での再生に使用されたADI-6432

ふれあいホール会場での再生に使用されたパワーアンプ群

エンコーダー室に設置されたADI-6432

RME MADIシステム導入ご相談・お見積もり

今回ご紹介した事例も含め、最小限の機材での高品質なコンサート収録から中継などを含む大規模な収録システム、さらには、放送局やスタジオへのMADIシステム導入まで、システム設計のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

お見積もりシステム構築 ご相談