PCI . CardBusシリーズ
AD . DA . DD . MADI
DAW/マスタリング
モニタリング・システム
ミュージック・サーバー
RME Users

MADI Everywhere

高根 晋作 - シンプル&イージー、そして高音質なMADIシステムで行う中継と収録

レコーディングエンジニアとしてMINMI、湘南乃風、JUJUなど様々なアーティストに携わり、日本の音楽シーンに深く貢献し、最近ではマニュピュレーターとしても活躍の場を広げる、高根晋作氏。MADIの魅力を「シンプルでイージーそして高音質」と語る氏にフォーカスを当て、RMEのMADIRouterとMADIface XTを使った中継+収録システムの構築例を皆さまにご紹介します。

続きを読む

RME MADI

MADI Information

MADIインフォメーション(MADI理論 / 実践)

MADI Information

MADIはサンプル単位の精度でマルチチャンネルの長距離オーディオ伝送を最もシンプルな手段で提供する便利なインターフェイス・テクノロジーです。

近年のサラウンド・プロダクションをはじめとするオーディオチャンネル数の増加がMADIが生まれた背景にあり、典型的な導入メリットとしては長距離伝送、設置コストの削減、全体的なメンテナンスの軽減があげられます。

詳細はこちら

RME MADIシステム導入ご相談・お見積もり

簡単なコンサート収録から中継などを含む大規模な収録システム、さらには、放送局やスタジオへのMADIシステム導入まで、システム設計のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

お見積もりシステム構築 ご相談

ADI-6432 / ADI-6432R

64チャンネル 192kHz MADI <> AES/EBU双方向フォーマットコンバーター

ADi-6432
ADI-6432:380,954円(税別)

Find Dealer

ADI-6432R:447,620円(税別)

Find Dealer

製品概要

RME ADI-6432 は最大24bit / 192kHzに対応する64チャンネルのMADI /AESフォーマットコンバーターです。代表的な使用例としては、2台のADI-6432をデジタルマルチコアとして使用、もしくはHDSPe MADIカード等のインターフェイスと組み合わせてADI-6432をAES/EBUのフロントエンドとして使用することができます。

主な機能

  • 最大192 kHzサポートのMADI、AES
  • MADIとAESの詳細なステータスディスプレイ
  • SteadyClock技術による高度なジッター抑制、クロックのリジェネレート
  • MIDIリモートコントロール対応
  • MIDIデータをMADI信号内で伝送可能
  • RS232データをMADI信号内で伝送可能
ADI-6432R Power Supply
ADI-6432Rの電源

ADI-6432Rについて:RME ADI-6432RはADI-6432と同一の製品ですが、独立した2 系統の電源を搭載します。2 系統の電源は同時に動作し、それぞれを2つの異なる電源ソースに接続することで冗長モードを可能にします。これにより電源ソースの1つが停止した場合にも、ADI-6432Rは妨害されることなく動作します。

入出力

  • MADIオプティカル* 入出力 x1系統
  • MADIコアキシャル入出力 x1系統
  • AES/EBU(D-sub 25pin)入出力 x 8系統 (64チャンネル入出力)
  • MIDI入出力 x 1系統
  • COMポート(RS232)入出力 x1系統
  • ワードクロック入出力 x1系統

* MADIオプティカル端子は標準ではマルチ・モード仕様です。シングル・モードをご希望の場合は「RME MADIシステム構築 ご相談フォーム」、もしくは「 RME Premium Lineディーラー」までお問い合わせください。

主な特長

コンパクトな19"2ユニットサイズの本デバイスはMADI / AESのフォーマットコンバーター。 MADIは、24bitオーディオ/48kHzのサンプリングレートで64チャンネル、96kHzで32チャンネル、192kHzで16チャンネルに対応し、 全てのチャンネルを1本のコアキシャル(BNC)もしくはオプティカルネットワークケーブルで伝送します。どちらのケーブルを使用した場合でも100m以上の伝送が可能です。AES/EBUチャンネルはD-sub端子で32系統のAES/EBU入出力が用意されています。ADI-6432は56チャンネルモード、64チャンネルモード、および96k frame入力に対応し、また同様にこれらのフォーマットを出力することにも対応しています。

MADIソリューション

MADIは1本のケーブル(オプティカルもしくはコアキシャル)で64チャンネルのオーディオデータを伝送します。オプティカルケーブルで最大2000mの伝送に対応し、アナログケーブルと比較してコストを削減できるだけでなく、音質の劣化もありません。

ADI-6432はすべてのメーカーのMADI製品と互換性があります。もちろんRME MADIシリーズとはパーフェクトなコンビネーションでご利用いただけます。

MADIの詳細

ダブルスピード、クアドスピード

ADI-6432は、Single、Double、Quad Speedでワードクロックを供給し、96kHzのDouble Wire信号をMADI データストリームに分配、さらにダブルMADIサンプルレート(96k frame)もサポートしています。

使用例

デジタル AES/EBU マルチコア
MADIオプティカルケーブルを使って、最大64チャンネル、2kmの転送をロスレス、無劣化で可能にします。

 

デジタル AES/EBU ブレイクアウトボックス
HDSP MADIカードと接続することでPC入出力用AES/EBUブレイクアウトボックスとしてお使いいただけます。

MADI - MADIコンバーター
MADI 規格を搭載するデバイスはメーカーにより完全にお互いが対応しないことがしばしあります。例えばAMS Logic DFCは56チャンネルの入力フォーマットのみに対応し、64チャンネル信号が入力された場合、すべてがミュートします。他にもこのような例が多く存在します。

ADI-6432は、すべてのMADI 入力フォーマットに対応しますので、このような状況で最適な中継機器となります。ADI-6432のMADI出力は56チャンネル、もしくは64チャンネルモードで設定できます。96k frameモードでは28チャンネル、もしくは32チャンネルとなります。このオプションによりADI-6432はダブルワイヤーのMADIシグナル(2 つのシングルスピードチャンネルは1つのダブルスピードチャンネルのデータに相当します)をシングルワイヤー・ダブルスピード信号へと変換(もしくはその逆)することができます。

AESインサーター
ADI- 6432は、既存のMADI接続に中継し、他の機器からの信号をブレイクアウトケーブルでAES受けし、1つのMADIケーブルで出力することにも利用できます。例えば、ミキサーからの48チャンネルのMADI信号と、RME OctaMic II 2基からの16チャンネル信号を受け、HDSP MADIを経由しコンピューターに録音する場合に便利です。また、MADI入力信号をADI-6432で受け、AES経由でエフェクトユニットへ送り、リターン信号をAESで受け、MADIで出力することなどもできます。

MADI マージャー
1 つ以上のADI-6432を使用し、複数のMADIソースからのマルチチャンネルオーディオを1本のMADIケーブルにまとめて出力することにも利用できます。これは、多くのMADIデバイスが、64チャンネル、フルスペックではなく、32もしくは40チャンネルのみの仕様であることから、多くの状況で活用できる使用例といえます。受け側のデバイスにポートが1つしかない場合に最適です。

 

リダンダンシー機能

RMEのMADIデバイスにはSM-I (Safe Mode-Input)機能が搭載されています。本機能は、ケーブルや接続が事故で外れた場合や断線した場合などに、自動的にオプティカルとコアキシャルポートを切り替えます。

ジッター抑制機能「SteadyClock」

デジタル信号にはサンプリング・クロックの時間的なゆらぎによるジッターが生じます。現在その抑制こそがデジタルオーディオ機器の大命題とされています。SteadyClock™はすべてのクロックに対して驚異的なジッター抑制を行います。SteadyClock™はいかなるクロックもリフレッシュして抜群の再生クオリティーを保つだけでなく、理想的なリファレンス・クロックとしてすべてのデジタル出力から送信できます。

ほとんどのMADIベースの機器が追加のワードクロックやAES回線を必要とする中、ADI-6432は、SteadyClock™でMADI信号から直接リファレンスクロックを最小限のジッターで抽出しますので、長距離接続をより一層便利に行えます。

リモートコントロール制御

RMEのMADI製品は、MIDIによってリモートコントロール制御することができます。すべてのユニットに個別のIDを割り当てることができますので、1つのMIDIチャンネルで複数のデバイスを制御し、同時にMIDI経由で全てのデバイスのステータスを受信し、設定することができます。

HDSP(e) MADI、HDSPe MADIfaceをご利用の際には、搭載されるヴァーチャルMIDIポートにより、MADI回線を通じてダイレクトにデバイスを最大2000メートルの遠隔地からリモートコントロール制御することができます。

RME MIDI Remoteソフトウェア(Windows/Mac)は、デバイスのフロントパネルの様なインターフェイスで制御することができます。

フラッシュアップデートによるハードウェアの更新

RMEのフラッシュ・アップデートテクノロジーにより、既存のファームウェアを更新させる事が可能。機能拡張、調整、修正させることができ、常に最先端のOSやその他のソフトウエア環境に対応させることが可能です。

SyncCheck®

複数のデジタルソースで作業を行う場合には、それらのソースが正しくロックし、また完全に同期している必要があり、これらが正しく設定されていない場合、ドロップアウトやクラックルノイズが発生します。
RME独自のSyncCheckはすべての入力信号をチェックし、視覚的に表示します。クロックモードがMasterのときは、内部クロックに対する同期動作が確認されます。この優れた技術によって瞬時にエラーを発見することができます。

SyncAlign®

SyncAlignには、時間軸やチャンネルに関して絶対的なデータ配置を保障するための技術や方法が組み込まれています。ステレオモードやマルチチャンネルモードでも、また、カードをどのように使用しどのような信号を受信した場合も、RMEのデジタルオーディオカードはチャンネルを交換することがありません。SyncAlignはチャンネル間のタイミングをもコントロールします。チャンネル数に左右されずサンプル単位で整列された状態で開始されます。

Record while play(再生中に録音)モードが有効な場合、対応するソフトウェアは初めに録音を開始し、その後再生を開始します(または再生の後に録音)。SyncAlignはこの時間差を補正し、Record while playモードでも録音と再生が正確に同時に開始するように保障します。非同期モードでは(異なったプログラムが一つのカードの異なったステレオデバイスを使用する)SyncAlignのこの部分の機能は自動的に無効になります。

Intelligent Clock Control (ICC)

RME Intelligent Clock Controlは、すべてのクロックソースの周波数を測定/表示させることのできる世界で唯一のデジタルI/Oシステムです(もちろんワードクロックも!)。使用するクロックソースを信号の有効性や現在のサンプルレートを基にして判断します(完全に自動化されハードウェア上で行われます!)。
これにより、多数のデジタル入力、先進のクロック設定を装備するにもかかわらず、簡単にクロックを取り扱うことができます。

フロントパネルのステータス表示

フロントパネルには97のLEDが搭載され、シンクとオーディオのステータスを表示します。さらに多彩なボタンとLEDのファンクション表示も搭載。特に プロの現場では、MIDIやRS232も含め、詳細な入出力信号の表示と管理が不可欠です。コントロールキーは、アクシデントによる設定の変更を防ぐため にロックできるようになっています

シリアル/MIDI拡張

16のMIDIチャンネルはMADIを通して伝送することができ、その場合64のオーディオチャンネルも同時に使用できます。RS232データも同様で、 オーディオ機能に影響することなく9600、19200、115200 Baudのシリアルケーブルエクステンダーとして使用することができます。

また、ADI-6432はMIDIで完全にリモートコントロール制御することができ 、ステータスをMIDIを通して確認することができます。それぞれのADI-6432にはIDを設定することができますので、1つのMIDIチャンネルで 各デバイスを個々にリモートコントロールすることができます。

技術仕様

MADI
  • コアキシャル(BNC)、75 Ω、AES10-1991準拠
  • 高感度入力ステージ(< 0.2 Vpp)
  • オプティカル(FDDIデュプレックスSCコネクタ):62.5/125、50/125コンパチブル
  • 56チャンネル(MADI)および64 チャンネル(MADI-X)、96kフレーム受信
  • シングルワイヤー:24 bit / 48 kHz 64チャンネルまで
  • ダブルワイヤー:24 bit / 96 kHz 32チャンネルまで
  • ロックレンジ: 28 kHz ~ 54 kHz
  • 入力信号に同期時のジッター値:< 1 ns
  • ジッター抑制値:> 30 dB(2.4 kHz)
  • 出力電圧:600 mVpp

AES/EBU
  • 32系統、バランス、グランドフリー、AES3-1992準拠
  • 高感度入力ステージ(< 0.3 Vpp)
  • S/PDIFコンパチブル(IEC 60958)
  • 民生用(Consumer)、業務用(Professional)受信、コピープロテクションは無視
  • シングルワイヤー:24 bit / 192 kHz 32 x 2チャンネルまで
  • ロックレンジ:28 kHz ~ 104 kHz、162 kHz ~ 204 kHz
  • 入力信号に同期時のジッター値:< 1 ns
  • ジッター抑制値:> 30 dB (2.4 kHz)
  • 出力電圧:4.5 Vpp 業務用(Professional)
  • 出力フォーマット(業務用):ProfessionalAES3-1992 改訂4準拠

ワードクロック
  • BNC端子、非終端(10 kΩ)
  • 内部終端スイッチ(75 Ω)
  • 自動ダブル/クアドスピード検知、シングルスピードへの内部変換機能
  • SteadyClockがバリピッチ動作時にも低ジッターの同期を保証
  • カップリング・トランス、直流絶縁入力
  • 接続中のDCオフセットに影響されません
  • 信号適応回路:オートセンターを通過することでリジェネレート可能
  • 過電圧保護機能
  • レベルレンジ:1.0 Vpp ~ 5.6 Vpp
  • ロックレンジ: 28 kHz ~ 220 kHz
  • 入力信号に同期時のジッター値:< 1 ns
  • ジッター抑制値:> 30 dB (2.4 kHz)
  • 最大出力電圧:5 Vpp
  • 出力電圧 @75 Ω終端: 4.0 Vpp
  • 出力インピーダンス:10Ω
  • 出力周波数レンジ:28 kHz ~ 220 kHz
MIDI
  • 16チャンネル
  • DIN 5ピン端子
  • オプトカップルド、グランドフリー入力
  • MADIチャンネル56 ユーザー・ビット経由の不可視伝送(48kフレーム)
  • MADIチャンネル28 ユーザー・ビット経由の不可視伝送(96k フレーム)
RS-232
  • D-Sub 9ピン
  • MADIチャンネル1 ~ 9のユーザー・ビット経由で不可視伝送
デジタル
  • 低ジッター設計:< 1 ns(PLLモード)、全入力
  • 内部クロック:800 psジッター、ランダム・スペクトラム拡散
  • 外部クロックのジッター抑制値:> 30 dB (2.4 kHz)
  • PLLが100 ns 以上のジッター値でもドロップアウト・ゼロを保証
  • グループ・ディレイ:3サンプル
一般
  • 電源:内部スイッチング電源、100 ~ 240 V AC、20 W
  • 通常時の電力消費量:10 W(R:12 W)
  • サイズ(ラック耳含む)(WxHxD):483 x 88 x 242 mm
  • サイズ(ラック耳含まず)(WxHxD):436 x 88 x 235 mm
  • 重量:約2 kg
  • 動作温度:摂氏 + 5° - +50°
  • 相対湿度:< 75%、結露なきこと
  • RoHS指令 対応済
  • ISO 9001認証
  • CE認定
  • FCC認定

ブロックダイアグラム

 

アクセサリ