PCI . CardBusシリーズ
AD . DA . DD . MADI
DAW/マスタリング
モニタリング・システム
ミュージック・サーバー
RME Users

Faithful Sound Quality - ADI-8QS

日本初のDolby Atmos対応ダビング・ステージ「東映DUB1」 - ADI-8QS

東映東京撮影所内に新たなダビング・ステージ「DUB1」が誕生しました。DUB1の設計にあたり、プロジェクト・チームが目指したのは、現時点での最高では無く一歩先でした。一歩先という言葉には、日本初のDolby Atmos対応ということだけでなく、正確な音響再生を実現するための色々な技術的な試みが含まれています。

続きを読む

RME MADI

MADI Information

MADIインフォメーション(MADI理論 / 実践)

MADI Information

MADIはサンプル単位の精度でマルチチャンネルの長距離オーディオ伝送を最もシンプルな手段で提供する便利なインターフェイス・テクノロジーです。

近年のサラウンド・プロダクションをはじめとするオーディオチャンネル数の増加がMADIが生まれた背景にあり、典型的な導入メリットとしては長距離伝送、設置コストの削減、全体的なメンテナンスの軽減があげられます。

詳細はこちら

RME MADIシステム導入ご相談・お見積もり

簡単なコンサート収録から中継などを含む大規模な収録システム、さらには、放送局やスタジオへのMADIシステム導入まで、システム設計のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

お見積もりシステム構築 ご相談

ADI-8 QS
アナログ&デジタルリミッター搭載8チャンネル 192kHz AD/DAコンバーター
ADI-8 QS
ADI-8 QS(MADI非搭載):304,759円(税別)
Find Dealer
ADI-8QS M(MADI搭載):380,954円(税別)
Find Dealer

製品概要

RME ADI-8 QSは様々な業務用途に対応する豊富な機能を備えた8チャンネルのハイエンドAD/DAコンバーター。ADI-8 QSの優位性であるアナログ回路には最先端のAD/DAコンバーターチップを採用。この回路設計とSteadyClockテクノロジーによって高品位な AD/DAコンバージョンを低レイテンシーで実現しています。

アナログ /デジタル・リミッター、国内標準に対応する最大+24 dBuの4ハードウェア・リファレンスレベル設定、最大192kHzのAES/EBU、ADAT入出力(オプションでMADI 入出力)、MIDI経由のリモートコントロール制御、フル・レベルのキャリブレーションを行うデジタル入出力トリミング機能、全8チャンネルアナログ出力の一括および個々のボリュームコントロール、デジタル・スルー・モード、幅広い電圧範囲でのオペレーションに対応など、ユニークな機能群を誇ります。

RMEがあらゆる細部にこだわったADI-8 QSは、業界リファレンス機としての性能を最高のコストパフォーマンスで提供します。

主な機能

  • 8チャンネル ADコンバーター、完全シンメトリカルデザイン、117 dBA
  • 8チャンネル DAコンバーター、DCカップル信号パス、ダブル・バランス出力、120 dBA
  • 低レイテンシーコンバージョン:8サンプル
  • デジタル入出力トリム:各入出力につき6 dBのレンジ
  • ADコンバージョン時のアナログおよびデジタル・リミッター搭載
  • 各入出力にLEDレベルメーター搭載(各7LED)
  • ボリューム、DIMおよび設定保存/リコール機能を搭載するリモートコントロール付属
  • 同期状態を監視し、結果を表示するSyncCheck
  • 設定を内蔵メモリに常時保存
  • 完全リモートコントロール

入出力

  • アナログ入出力(1/4" TRS) x 8 (最大 +24 dBu)
  • AES/EBU入出力(D-Sub25 ピン *) x4 (8チャンネル @ 192 kHz)
  • ADAT入出力 x2 (8チャンネル @ 96 kHz)
  • MIDI入出力 x1系統
  • ワードクロック入出力 x1系統
  • オプションスロット(RME I64-MADI オプション*対応)x1
  • 付属ボリュームコントローラー (ボリューム、DIM、プリセット)

* TASCAM ピン配列/インチネジ使用

* MADIオプティカル端子は標準ではマルチ・モード仕様です。シングル・モードをご希望の場合は「RME MADIシステム構築 ご相談フォーム」、もしくは「 RME Premium Lineディーラー」までお問い合わせください。

主な特長

シンメトリカル回路設計

ADI-8 QSには、新たに開発された完全なシンメトリカル回路が導入され、全てのレベル設定においても高音質、低歪み率、高S/N比を実現しています。入出力共に4段階のレベル設定が行えることにより、アナログドメインに完全に順応させることができます。最大サンプリングレート192kHzとS/N比120dBA のスペックを誇るADI-8QSは、真の次世代AD/DAコンバーターと呼べるでしょう。

アナログ&デジタルリミター

Analog Limiter: ADI-8 QSのシンメトリカル回路には、リリースタイムをデジタルコントロールするリミターが搭載されています。いかなるレベル、周波数の入力があっても約0.3%の歪み値を保持します。

Digital Limiter: 過入力にるアクシデントを回避するデジタルリミターを搭載。クリッピングさせることなく、5dBまでのヘッドルームを追加します。また、最大ピークのレベ ルを上げずにラウドネスを増幅させる事もできるのでMaximizerエフェクトの様な使い方もできます。

アナログリミッターとデジタルリミッターはそれぞれ別々に、もしくは同時に使用することができます。

リモートコントロール制御

QSは全ての設定をMIDI経由でリモートコントロールすることが可能で、同時にデバイスのステータスを PCから確認することもできます。各QSにはそれぞれIDを割り当てられますので、1つのMIDIチャンネルで複数ユニットを個別にリモートコントロール することができます。また、I64MADIカードを搭載することでQSはMADI経由でも完全リモートコントロールすることが可能になります。

ボリュームコントローラー(Remote Control)

付属のリモコンを使用することにより、モニターボリュームをお好きなワークスペースからコントロールできます。リモコンには、設定されたリファレンスボリュームを瞬時に呼び出す「Recall」機能やDIM機能(-20dB)も搭載されています。

低レイテンシー

QSはすばらしいS/N比と歪み率を誇るCirrus Logic製のハイクラスADコンバーターを採用しています。しかし、他のADCとの最大の違いは革新的なデジタルフィルターにあります。これによりディレイ値を、シングルスピードでわずか12サンプル(0.25 ms)、ダブルスピードで9サンプル(0.09 ms)、そしてクワッドスピードで5(!)サンプル(0.0026 ms)に抑えることができます。

これらの値は、より高価なデバイスで見られる値の1/4以下であり、ダブルスピード、クワッドスピードで追加されるレイテンシーは単純に無視できる数値です。DAコンバーターについても5〜10サンプルといったレンジ内ですので、アナログ・モニタリングと同様の使用感を実現できます。

MADI入出力

I64-MADI オプションを装着することにより(ADI-8 QS M)、1 本のケーブルで最大64chまでの伝送が可能なMADI信 号の入出力に対応。MADI入力信号は、オプションのクロックソース(OPTN、クロックセクション)やDAコンバーターの入力ソース、スルー・インプッ トとしても使用するこができます。8台のQSを接続した場合、結合された全64チャンネルは最後のQSのMADI端子から出力されます。

I64 MADIカードはオプティカルとコアキシャル端子から有効な入力信号を自動的に探知して入力端子を切り替えるリダンダンシー機能を搭載。双方に常時同じ信号を入力することで、片方の入力信号が欠落した際に即座にそれを探知して他方の入力に自動的に切り替えます。

ディレイ補正機能

複数のQSをシリアル接続する際には各ユニットで3サンプルの遅れが生じます。QSはこの問題を解消する「ディレイ補正機能(Delay Compensation)」を搭載し、 各デバイス間の遅れによって生じるオフセットを自動的に補正します。

ジッター抑制機能「SteadyClock」

デジタル信号にはサンプリング・クロックの時間的なゆらぎによるジッターが生じます。現在その抑制こそがデジタルオーディオ機器の大命題とされています。SteadyClock™はすべてのクロックに対して驚異的なジッター抑制を行います。SteadyClock™はいかなるクロックもリフレッシュして抜群の再生クオリティーを保つだけでなく、理想的なリファレンス・クロックとしてすべてのデジタル出力から送信できます。

フラッシュアップデートによるハードウェアの更新

RMEのフラッシュ・アップデートテクノロジーにより、既存のファームウェアを更新させる事が可能。機能拡張、調整、修正させることができ、常に最先端のOSやその他のソフトウエア環境に対応させることが可能です。

SyncCheck®

複数のデジタルソースで作業を行う場合には、それらのソースが正しくロックし、また完全に同期している必要があり、これらが正しく設定されていない場合、ドロップアウトやクラックルノイズが発生します。
RME独自のSyncCheckはすべての入力信号をチェックし、視覚的に表示します。クロックモードがMasterのときは、内部クロックに対する同期動作が確認されます。この優れた技術によって瞬時にエラーを発見することができます。

SyncAlign®

SyncAlignには、時間軸やチャンネルに関して絶対的なデータ配置を保障するための技術や方法が組み込まれています。ステレオモードやマルチチャンネルモードでも、また、カードをどのように使用しどのような信号を受信した場合も、RMEのデジタルオーディオカードはチャンネルを交換することがありません。SyncAlignはチャンネル間のタイミングをもコントロールします。チャンネル数に左右されずサンプル単位で整列された状態で開始されます。

Record while play(再生中に録音)モードが有効な場合、対応するソフトウェアは初めに録音を開始し、その後再生を開始します(または再生の後に録音)。SyncAlignはこの時間差を補正し、Record while playモードでも録音と再生が正確に同時に開始するように保障します。非同期モードでは(異なったプログラムが一つのカードの異なったステレオデバイスを使用する)SyncAlignのこの部分の機能は自動的に無効になります。

Intelligent Clock Control (ICC)

RME Intelligent Clock Controlは、すべてのクロックソースの周波数を測定/表示させることのできる世界で唯一のデジタルI/Oシステムです(もちろんワードクロックも!)。使用するクロックソースを信号の有効性や現在のサンプルレートを基にして判断します(完全に自動化されハードウェア上で行われます!)。
これにより、多数のデジタル入力、先進のクロック設定を装備するにもかかわらず、簡単にクロックを取り扱うことができます。

技術仕様

ライン入力 1-8、TRS/D-Sub
  • 入力: 6.3 mm TRSジャックとD-sub 25ピン、サーボバランス型
  • 入力インピーダンス: 10 kOhm
  • 入力レベル切り替え +24 dBu、+19 dBu、+13 dBu、+4.2 dBu @ 0 dBFS
アナログ・リミッター
  • 最大アナログ入力レベル(クリップなし): +30 dBu
  • スレショルド オン: -3 dBFS
  • スレショルド オフ: +3 dB
  • THD+N: 0.03%、-52 dB
  • アタックタイム: 3 ms
  • リリースタイム: 2段階、デジタル制御
ライン出力 1-8、TRS
  • 最大出力レベル: +21 dBu
  • 出力: 6.3 mm TRSジャック、サーボバランス型
  • 出力インピーダンス: 75 Ohm
  • 出力レベル切り替え +4.2 dBu、+13 dBu、+19 dBu @ 0 dBFS
ライン出力 1-8、D-Sub
  • 最大出力レベル: +27 dBu
  • 出力: D-sub 25ピン、電子バランス型
  • 出力インピーダンス: 150 Ohm
  •  出力レベル切り替え +4.2 dBu、+13 dBu
  • +19 dBu、+24 dBu @ 0 dBFS
ADコンバーター
  • 解像度: 24 bit
  • S/N比(SNR) @ +24 dBu、44.1 kHz: 114.0 dB RMS unweighted、117 dBA
  • S/N比(SNR) @ +19 dBu: 114.0 dB RMS unweighted、117 dBA
  • S/N比(SNR) @ +13 dBu: 113.6 dB RMS unweighted、116.6 dBA
  • S/N比(SNR) @ +4.2 dBu: 109.8 dB RMS unweighted、113 dBA
  • 周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.5 dB: 5 Hz 〜 21.5 kHz
  • 周波数特性 @ 96 kHz、-0.5 dB: 5 Hz 〜 45.5 kHz
  • 周波数特性 @ 192 kHz、-1 dB: 5 Hz 〜 66.5 kHz
  • THD: < -110 dB、< 0.00032 %
  • THD+N: < -104 dB、< 0.00063 %
  • チャンネルセパレーション: > 110 dB
DAコンバーター
  • 解像度: 24 bit
  • S/N比(SNR) @ +24 dBu、44.1 kHz: 117.0dB RMS unweighted、120 dBA
  • S/N比(SNR) @ +19 dBu: 117 dB RMS unweighted, 120 dBA
  • S/N比(SNR) @ +13 dBu: 117 dB RMS unweighted, 120 dBA
  • S/N比(SNR) @ +4.2 dBu: 114 dB RMS unweighted, 117 dBA
  • 周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.5 dB: 5 Hz 〜 22 kHz
  • 周波数特性 @ 96 kHz、-0.5 dB: 5 Hz 〜 45.9 kHz
  • 周波数特性 @ 192 kHz、-1 dB: 5 Hz 〜 90 kHz
  • THD: < -104 dB、< 0.00063 %
  • THD+N: < -102 dB、< 0.0008 %
  • チャンネルセパレーション: > 110 dB
デジタル
  • クロック設定:内部クロック、AES入力、ADAT入力、ワードクロック入力、オプション(MADI)入力
  • 低ジッター設計:< 1 ns PLLモード、全入力
  • 内部クロック: 800 ps ジッター、ランダム・スペクトラム拡散
  • 外部クロックのジッター抑制値:> 30 dB (2.4 kHz)
  • ADコンバート時のクロックジッター:ほぼゼロ
  • 100ns以上のジッターでもPLLによりドロップアウトゼロを保証
  • 対応サンプルレート: 28 kHz 〜 200 kHz
AES/EBU入出力
  • 入力:4 x D-sub25ピン、トランスバランス型、ガルバニック絶縁、AES3-1992に基づく
  • 高感度入力部 (< 0.3 Vpp)
  • 入力:コンシューマー/プロフェッショナル両形式に対応、SPDIF対応 (IEC 60958)
  • ロック範囲: 27 kHz 〜 200 kHz
  • 入力信号同期時のジッター:< 1 ns
  • ジッター抑制: > 30 dB (2.4 kHz)
  • 出力:4 x トランスバランス型、ガルバニック絶縁、AES3-1992に基づく
  • 出力レベル: プロフェッショナル 4.0 Vpp
  • 出力形式:プロフェッショナル AES3-1992訂正4に基づく
  • シングルワイヤ:4 x 2チャンネル、24ビット、最高192 kHz
ADAT入出力
  • 入力:2 x TOSLINK、Alesisの仕様に基づく
  • 出力:2 x TOSLINK、Alesisの仕様に基づく
  • 標準: 8チャンネル 24 bit、最高48 kHz
  • S/MUX: 2 x 8チャンネル24 bit / 48 kHz
  • 8チャンネル24 bit / 96 kHz
  • S/MUX4: 2 x 8チャンネル24 bit / 48 kHz
  • 4チャンネル24 bit / 192 kHz
  • Bitclock PLLにより、バリピッチにおいても完全な同期
  • 同期帯域: 31.5 kHz 〜 54 kHz
  • 入力信号同期時のジッター: < 1 ns
  • ジッター制御: > 30 dB (2.4 kHz)
ワードクロック入出力
  • BNC、非ターミネーション (10 kΩ)
  • 内部ターミネーションスイッチ 75 Ω
  • 自動ダブル/クワッドスピード検知とシングルスピードへの変換
  • SteadyClockTMにより低ジッター同期を保証、バリスピード動作時を含む
  • 入力部:トランスカップリング、ガルバニック絶縁
  • ネットワーク上のDCオフセットに影響されないSignal Adaptation Circuit:自動信号センタリングとヒステリシスによる信号の再生成
  • 過剰電圧保護
  • レベル範囲: 1.0 Vpp - 5.6 Vpp
  • ロック範囲: 27 kHz - 200 kHz
  • 入力信号同期時のジッター: < 1 ns
  • ジッター抑制: > 30 dB (2.4 kHz)
  • 最大出力レベル:5 Vpp
  • 出力レベル@ 75 Ω : 4.0 Vpp
  • インピーダンス:10 Ω
  • 周波数帯域:27 kHz 〜 200 kHz
MADI入出力(オプション)
  • BNCコアキシャル、75 Ω, AES10-1991に準拠
  • 出力レベル:600 mVpp
  • ケーブル長(コアキシャル):100 mまで
  • 高感度入力部 (< 0.2 Vpp)
  • オプティカル: FDDI duplex SCコネクタ(62.5/125 と 50/125 に対応)
  • ケーブル長(オプティカル): 500 m以上
  • 56チャンネルと64チャンネルモード、96kフレームに対応
  • シングルワイヤ: 最大64チャンネル24ビット48 kHz
  • ダブルワイヤ/ 96kフレーム:最大32チャンネル24ビット96 kHz
  • クワッドワイヤ: 最大16チャンネル24ビット192 kHz
  • ロック範囲: 28 kHz - 54 kHz
  • 入力信号に同期の際のジッター: < 1 ns
  • ジッター抑制: > 30 dB (2.4 kHz)
  •  56チャンネル(48kフレーム時)のユーザービットを使用し「不可視」送信
MIDI
  • 16チャンネルMIDI、DIN5ピン端子
  • オプトカップリング、グラウンドフリー入力
一般
  • 電源部:内部スイッチング電源、 100 - 240 V AC、40 W
  • 通常時の電力消費量: 23 W
  • 最大電力消費量: < 30 ワット
  • サイズ:(ラック耳含む)(WxHxD): 483 x 44 x 242 mm (19" x 1.73" x 9.5")、(ラック耳/ハンドル含まず)(WxHxD): 436 x 44 x 235 mm (17.2" x 1.73" x 9.3")
  • 重量: 3 kg
  • 動作温度:+5°〜 +50° C
  • 相対湿度:< 75%、結露なきこと
  • RoHS指令 対応済
  • ISO 9001認証
  • CE認定
  • FCC認定

ブロックダイアグラム

 

アクセサリ