マルチケーブルとしての使用 - Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
Tech Info Menu
テクニカル情報メニュー
Tech Info Menu

技術情報メニュー

tl_files/images/techinfo_banner_170.jpg


RMEの歴史、技術背景、MADI開発の秘話を、創業メンバーであり開発者の1人でもあるマティアス・カーステンズが語る。

Newsletter, SNS

最新のニュースをお届け

twiter @SynthaxJapan

facebook synthaxjapan

Synthax Japan Newsletter

 

製品情報、ユーザー・ストーリー、イベント、お得なキャンペーン、サポート情報、ドライバー・ニュース等の最新の情報をいち早くお届けいたします。ぜひご登録ください!

MADI Infomation
MADIインフォメーション

MADIセットアップ例

デジタルマルチケーブル/アナログ・マルチケーブルとしてのMADI

マルチケーブルとしての使用

MADIを使えば、たった1本のケーブルで64チャンネルのデジタル信号を伝送することができます。そして、ケーブル内部を流れるデジタル信号は、世界中でデジタル・オーディオ伝送のスタンダードとして使われている、AES/EBUと同じものです。

アナログ・マルチケーブルをMADIケーブルに差し替えると、以下のようなメリットがあります。

- 電磁気からの干渉を受けない
- オプティカル・ケーブルは電源ケーブル等と平行して配線可能
- クロストーク、ハム、電位差がない
- 長距離伝送時にも音質に影響を与えない
- 重量が大幅に軽い

ケーブルの種類は、75Ωの同軸ケーブル(標準のBNCケーブル)、または、オプティカル・ファイバー・ケーブル(光ケーブル)です。
また、DanteなどIPプロトコルを使用した伝送とは異なり、面倒な設定等は一切ありませんので、取り扱いも非常に簡単です。ケーブルを抜いても、挿し直すだけで直に音がでます。 まるで従来のアナログ・ケーブルのように扱うことができますので、決してミスの許されないミッション・クリティカルなプロの現場にはまさに最適な選択といえます。
MADIケーブルの両端に各種コンバーターを接続するだけで、従来のアナログ・マルチケーブルやデジタル・ケーブルをMADIケーブルに簡単に差し替えることができます。

マルチケーブルとしての使用

デジタル・マルチケーブルとしての使用例

マルチケーブルとしての使用

MADI の費用対効果

アナログ・マルチ・ケーブルとの比較

アナログ・マルチ・ケーブルとの比較 width=

RME MADIシステム導入ご相談・お見積もり

簡単なコンサート収録から中継などを含む大規模な収録システム、さらには、放送局やスタジオへのMADIシステム導入まで、システム設計のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

お見積もりシステム構築 ご相談