Artists

アーティスト

Death and the Maiden / Dimensions - UNAMASレーベル「軽井沢大賀ホール レコーディング プロジェクト」─「ART」「Technology」「Engineering」の融合

tl_files/images/rme_user/unamas-art-of-fugue/art-of-fugue-teaser.jpg

ハイレゾ・サラウンド音源の黎明期よりハイクォリティな作品をリリースし、シーンを牽引しつづけてきたUNAMASレーベルから、2014年の「The Four Seasons(UNAHQ2005)」、2015年の「ART of FUGUE(UNAHQ2007)」に続く UNAMAS レーベル「クラシック・シリーズ」の第3作として、シューベルト第14作目にして晩年の名曲と言われる「死と乙女 ─ Franz Schubert No.14 in D minor:Death and the Maiden(UNAHQ2009)」が4月22日に、そして、大賀ホール レコーディング プロジェクトでは初のピアノ・ソロによるインプロヴィゼーション作品となる「Dimensions(UNAHQ2010)」が6月17日に、続けてリリースされました。

いずれのアルバムも192KHz/24bit 2ch および 5.1ch Surround にてリリース、今回もレコーディングの根幹となるMADIシステムの構築に際しては、RMEのMADIマイクプリアンプやMADIオーディオ・インターフェイスが活躍、以前にもまして「ART」「Technology」「Engineering」の融合が図られた、まさに Hi-Res 音楽と呼ぶにふさわしいアルバムに仕上がっています。さらに今回は、商用電源からのノイズをシャットアウトするために、レコーディングに関わる機材をすべてバッテリー駆動で収録。また、機材同士を接続するケーブルなどにも徹底的なノイズ対策を施した、ホール録音の新しいワークフローを築いたレコーディング プロジェクトとなりました。

続きを読む...

弦楽四重奏のしなやかで豊かなハーモニーにつつまれる喜び。 ボロディン&スメタナ、国民楽派の傑作2曲を“響”の名演で

弦楽四重奏のしなやかで豊かなハーモニーにつつまれる喜び。 ボロディン&スメタナ、国民楽派の傑作2曲を“響”の名演で

録音段階から24bit/96kHz以上の真のハイレゾ・コンテンツを供給するために設立されたレーベル「RME Premium Recordings」より、第8作目となるアルバム ストリングカルテット 響『ボロディン&スメタナ:弦楽四重奏曲』が2015年12月19日にリリースされます。ストリングカルテット響は、NHK交響楽団 大宮臨太郎、宇根京子(Vn.)、南西ドイツ放送交響楽団(SWR Sinfonieorchester)亀井綾乃(Vla.)、群馬交響楽団 長瀬夏嵐(Vc.)による弦楽四重奏団。桐朋学園大学時代を共に過ごした気心の知れた仲間たちによるアンサンブルで2004年に結成されました。今作は結成10年目を記念し2015年8月に岐阜サラマンカホールにて、ボロディンの弦楽四重奏曲 第2番、スメタナの弦楽四重奏曲 第1番が192kHz/24bitのフォーマットでセッション形式で録音されました。録音はクラシック音楽にふさわしい響きをもつサラマンカホールで、無指向性ABメインマイクを中心とした方法でおこなわれ、マイク・プリアンプ(HA およびADC)には色付けのない透明無垢なサウンドを特長とするRME MicstasyとOctaMic XTCが採用され、RMEのMADIテクノロジーにより劣化無くコントロール・ルームへ伝送され、MADIオーディオインターフェイスHDSPe MADI FXを介してDAW MAGIX Sequoiaにて録音されました。あるときは柔らかさを、あるときは力強さをもった、ストリングカルテット響の演奏を是非お楽しみください。

続きを読む...

白熱のライブレコーディング! 残響7秒のカテドラルの大空間に響く、初期バロックの大傑作─ モンテヴェルディ「聖母の夕べの祈り」

白熱のライブレコーディング! 残響7秒のカテドラルの大空間に響く、初期バロックの大傑作─ モンテヴェルディ「聖母の夕べの祈り」

私が考える理想の録音とは、豊穣な残響と明瞭な音楽の両立である。しかし、残響と明瞭度は二律背反の関係にあり、極めて実現が難しい。長年の試行錯誤の結果、この両立のためには3Dサラウンドが最も良いという結論に達した。(中略)今回の収録では、東京カテドラルの豊かな残響に包まれつつも、明瞭度の良い演奏が楽しめる録音が実現したものと思う。(録音エンジニア:入交英雄氏のコメントより抜粋)

『コントラポントのヴェスプロ』(Claudio Monteverdi:Vespro della Beata Vergine)

この作品は、日本を代表する古楽アンサンブル、コントラポントの結成10周年記念にして第20回定期演奏会として、2015年6月に東京・文京区の、カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂で行われたコンサートの実況録音。RMEのMADI機器を使い、残響7秒の東京カテドラル聖マリア大聖堂の空気感そのままに、PCM192kHz/24bitでハイレゾ録音を行いました。入交氏の語る録音コンセプトと共に、会場の空気感をそのままキャプチャーすることに成功した録音機材の詳細なレポートをお届けします。

続きを読む...

The Art of Fugue - 次世代ハイレゾ・サラウンド音源、UNAMASの新たなる挑戦

tl_files/images/rme_user/unamas-art-of-fugue/art-of-fugue-teaser.jpg

エンジニア/プロデューサーのミック沢口氏が主宰するレーベル UNAMAS から、今年(2015年)生誕330年を迎えるバッハの晩年の難曲として名高い「The ART of FUGUE ─ フーガの技法」がリリースされます。次世代ハイレゾ・サラウンド音源として昨年軽井沢大賀ホールにて収録され、画期的な録音手法とその高いサウンド・クォリティにより、リリースから1年が経過した現在でも高い人気を誇る「The Four Seasons(UNAHQ2005)」。その UNAMAS レーベル「クラシック・シリーズ」待望の第2作となる「The ART of FUGUE ─ フーガの技法」は、前作以上に音楽的、技術的にハイレゾ・サラウンドにふさわしい取り組みを導入し、従来のイメージを打ち破る新たな「ART of FUGUE」に仕上がっています。

続きを読む...

後藤浩二『La Rencontre』─ 新しい旅立ちへの願い、想い、希望。ピアニスト後藤浩二の魂がこもるソロ・アルバム

tl_files/images/rme_user/koji_goto/la_rencontre_teaser.jpg

録音段階から24bit/96kHz以上の真のハイレゾ・コンテンツを供給するために設立されたレーベル「RME Premium Recordings」より、第5作目となるアルバム後藤浩二『La Rencontre ─ めぐり逢い ─』が2015年3月21日にリリースされます。好評配信中の情家みえ『MIE JOKÉ sings BALLADS and other love songs』でも素晴らしいピアノを演じたピアニスト後藤浩二の7年ぶりとなるソロアルバムである本作は、2014年6月に愛知県豊川市の小坂井文化会館(フロイデンホール)にてレコーディングされました。デジタル・マイクのNeumann D-01をメインマイクとして録られた音源は、デジタルマイクの特長である卓越したS/N比と左手のふくよかさを同時に実現した、これまでのピアノ・レコーディングを超越した素晴らしい音空間を聴かせてくれます。

続きを読む...

瀬口 晃平 - Fireface UFX+Micstasy:デジタルとアナログ ─ 両方の利点を備えたRMEの録音システム

RME Users—瀬口晃平 - Fireface UFX+Micstasy:デジタルのクリアさとアナログの音の太さを共存させるセットアップ長年のクラシック専用ホールでの録音経験や、ドイツでのスタジオや教会などでの録音経験を生かし、関西を拠点として活動する株式会社ラプトサウンドにて、レコーディングディレクターを務める瀬口晃平氏。氏はそのキャリアの当初からRMEを使い、国内外、特にヨーロッパにて数多くのクラッシックの録音を手がけてきました。 特に日本ではなかなか情報の少ないクラシックの本場での録音事情など貴重なお話が満載のインタビューをどうぞお楽しみください!

続きを読む...

高根 晋作 - シンプル&イージー、そして高音質なMADIシステムで行う中継と収録

高根 晋作 - シンプル&イージー、そして高音質なMADIシステムで行う中継と収録レコーディング・エンジニアとしてMINMI、湘南乃風、JUJUなど様々なアーティストに携わり、日本の音楽シーンに深く貢献。最近では、マニピュレーターとしても活躍の場を広げる、高根晋作氏。東京、六本木「Amuse Musical Theater」にて行われたライブ・コンサート・イベント、1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE「KEEP HAVING FUN!」にて、現場の収録+中継の音声ミックスを担当した氏に、機材の選定から当日のセットアップ、そして中継ミックスに関してお話しを伺いました。

今回は、MADIの魅力を「シンプルでイージーそして高音質」と語る高根氏にフォーカスを当て、MADIRouterMADIface XTを使った中継+収録システムの構築例を皆さまにご紹介いたします。

続きを読む...

The Four Seasons - MADIシステムが可能にした奇跡の録音を24bit/192kHzサラウンドで配信

tl_files/images/rme_user/unamas-4seasons/unamas_4seasons_teaser.jpg

エンジニア/プロデューサーのミック沢口氏が主宰するレーベル UNAMAS から、ヴィヴァルディの「四季」を題材に作編曲家・土屋洋一によりサラウンド・アレンジされた弦楽四重奏を、バイオリン・竹田詩織(リーダー)、春日井久美子、ビオラ・飯野和英、チェロ・西方正輝といった新進気鋭のアーティストで構成された「The Quartet Four Seasons」によって演奏、24bit/192kHz サラウンド・ハイレゾ録音で収録された作品「The Four Seasons」が2014年6月20日にリリースされました。今回の作品では、弦楽アンサンブル+ソロパートの多重録音を、理想的な音響特性を持つ軽井沢大賀ホールにてサラウンド(24bit/192kHz)収録。ジャズのレコーディングで卓越したマイク・アレンジ・テクニックを誇る沢口氏とRME Premium Recordingsでも高解像度の優れた録音が高い評価を受けている長江和哉氏がタッグを組み、クラシックのスタンダードである「四季」を題材にして斬新な切り口でアプローチした意欲的な作品となりました。

続きを読む...

村上 輝生 - 飛行機にも手荷物でチェックイン プロフェッショナル・クォリティー・オーディオ・インターフェイス:Fireface UCX

村上 輝生 - 飛行機でも持ち運べるプロフェッショナル・クォリティー・オーディオ・インターフェイス:Fireface UCX

TOTOのアルバム“FAHRENHEIT”にてゴールド・ディスクを獲得した、日本が世界に誇るレコーディング・エンジニア、村上輝生氏。
アメリカだけでなくヨーロッパ、アジア各国から南米諸国まで幅広い海外録音経験を持つ村上輝生氏だが、実は発売以来からのRME Fireface UCXユーザーでもある。氏がFireface UCXをどのような現場でどのように活用しているのか、以前からお話を伺いたいと思いながらもなかなか実現しなかったこの企画が、多忙な氏のスケジュールを縫ってついに実現! ポーランドはワルシャワでの収録から戻ってきたばかりの氏から、貴重なお話を伺うことに成功。ワルシャワで録音制作された渾身の大作、北村憲昭指揮・ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団演奏のストラヴィンスキー「火の鳥」の録音制作の様子も垣間みることができる珠玉のユーザーストーリーを是非お楽しみください。

続きを読む...

GOH HOTODA - 世界のGOH HOTODAが選んだFireface UFX

GOH HOTODA - 世界のGOH HOTODAが選んだFireface UFX

レコーディング/ミックスだけでなく、数年前から並行してマスタリングも手がけるようになったHOTODA氏。“必要に迫られて始めた”と言う氏ですが、これまでNOKKOや下地暁など、多くの作品のマスタリングを手がけてきました。そんな氏のマスタリング・システムの核となっているのが、RMEのFireface UFXです。多くのオーディオ・インターフェイスの中から厳選されたFireface UFXは、氏のマスタリング・ワークに無くてはならない存在となっています。はたして世界のGOH HOTODAは、Fireface UFXを使用して、どのようなワークフローでマスタリングを行っているのでしょうか。多忙を極める氏に、話を伺ってみました。

続きを読む...

STEREOCiTI - STEREOCiTIが選んだRME Fireface UCX

STEREOCiTI - STEREOCiTIが選んだRME Fireface UCX

1993年にオープンし、「東京テクノの総本山」と称された伝説のクラブ、MANIAC LOVE。そのMANIAC LOVEにて毎週土曜日に開催されていたパーティ「Cycle」にて本格的にDJキャリアをスタート。しばらくはDJとして活動していたものの、溢れるクリエイティビティは留まることを知らず、DTMの黎明期から楽曲制作を開始。 現在ではDJだけではなくトラックメーカーとして数々のHouseトラックを、ドイツはベルリンのDon Williamsが運営する人気レーベル「Mojuba Records」からリリースし、東京クラブシーンの第一線で活躍するアーティスト――STEREOCiTIこと、炭谷 賢氏。 そんな、海外での評価も高い氏が、この度RME Fireface UCXへとその制作環境を変えたと聞き、早速インタビューを敢行。 耳の肥えたオーディエンスが多いHouse系の楽曲故、執拗に音質にもこだわる彼のリアルな言葉を皆様にお届けしたいと思います。

続きを読む...

伊藤隆⽂ - デジタルマイクとRMEのデジタルマイクプリ「DMC-842」を使ったコンサート収録

伊藤隆⽂ーデジタルマイクとRMEのデジタルマイクプリ「DMC-842」使ったコンサート収録

アナログとは異なる特徴を持ち、現場によっては⾮常に便利に使えるデジタルマイク。今回、そのデジタルマイクを使って、2013年4月に幕張メッセにて開催されたニコニコ超会議2、Red Stageでの「オーケストラでお送りする ゲームミュージックLIVE」の収録を成功させた株式会社ongaqのレコーディング・エンジニア、伊藤 隆⽂さんにインタビューを実施いたしました。RMEのデジタルマイクプリアンプ DMC‒842Mに関する貴重なお話も伺う事ができましたので合わせてお楽しみください。

続きを読む...

江夏正晃 - ライブ配信に最適なRMEオーディオ・インターフェイス

江夏 正晃(えなつ まさあき)

株式会社マリモレコーズの代表取締役であると同時に、トラックメーカーやDJとしても活動する江夏正晃氏に、USTやニコニコ動画といったネット配信の現場でのRMEオーディオ・インターフェイスの魅力についてお話を伺う事ができましたので、ご紹介いたします。

続きを読む...

Afterglow - ジャズピアノ+弦楽カルテット 24bit/192kHzサラウンド配信アルバム

tl_files/images/rme_user/unamas-afterglow/unamas_afterglow_teaser.jpg

エンジニア/プロデューサーの沢口真生氏が主宰するレーベルUNAMASから、ピアニスト・清水絵里子の最新ソロ作として『Afterglow/Eriko Shimizu and Strings 4』が、192kHz/24bit・5chサラウンドとステレオの音源でリリースされます。『Afterglow』は、同名のオリジナル曲をはじめ、スタンダードの「Smoke Get’s In Your Eyes」(煙が目にしみる)や、ジョージ・ガーシュインの「I’ve Got A Crush On You」など、幅広いジャンルに題材を求めたインストゥルメンタル・アルバムです。4月末に行われた本作のレコーディングの模様をお届けいたします。

続きを読む...

桜井敏郎 - 音楽ゲームの一時代を築いたアーティストがRMEで目指す「次」の音楽

桜井敏郎大手ゲームメーカー、コナミからリリースされた『drummania』、『GUITARFREAKS』といった音楽ゲームに楽曲を提供し、所謂「音ゲー」としてひとつのジャンルを確立するのに大きな役割を果たした桜井敏郎氏は、会社という制約のない創作環境を求めてコナミを退社後、個人で音楽活動を開始。現在は「SAFETY SHOES」として、魂のこもったボーカルと小気味よいギタープレイにより再びファンを魅了し続けている。10年以上にわたりRMEを愛用している桜井氏は、今回新たにFireface UCXを導入し、また新たな音楽を創り出そうとしている。

続きを読む...

加藤訓子 - Babyface / Fireface UFXと世界的パーカッショニストとの共演

kuniko plays reich日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子のソロアルバム kuniko plays reich(クニコ・プレイズ・ライヒ)は、タイトルの通り、ミニマル・ミュージックの大家と謳われるスティーブ・ライヒの代表作を、加藤訓子の手により世界で初めてパーカッション用に編曲されたカウンターポイント三作品を収録。本アルバムは英国スコットランドの有名レーベル Linn Recordsの2011年度ベストアルバムを獲得している。今回は、10年におよぶ RME ユーザーである加藤氏と、アルバムのミックスを担当した深田晃氏に話を伺った。

続きを読む...

Everything for drums - 全編ドラムソロ演奏による24bit/192kHzサラウンド配信アルバム

tl_files/images/rme_user/unamas-drums/unamas-drum_topic.jpg世界初の24bit/192kHzサラウンド録音によるピアノJAZZアルバム「FOREST」が記憶に新しいUNAMAS-JAZZから、新たに24bit/192kHzのサラウンド録音による全編ドラムソロ演奏によるアルバム「Everything for drums」が登場。前作に続き、RMEプロダクトが活躍したレコーディング当日の様子をお伝えします。

続きを読む...

首藤陽太郎 from DUB-Russell(+MUS/TMUG)

FOREST by UNAMAS JAZZTokyoMaxUsersGroupが輩出した期待のユニットDUB-Russell [ダブラセル]。 DSP職人芸が光るファースト・ミニアルバムのリリース、そしてライブ活動と精力的に活動中だ。今回はDUB-Russellの首藤陽太郎氏に、愛用するRME製品について語ってもらった。

続きを読む...

FOREST - 世界初、192kHz/24bitサラウンド配信JAZZアルバム

FOREST by UNAMAS JAZZ株式会社クリプトンが運営する高音質音楽配信サイト「HQM Store」にて、世界初の192kHz/24bitサラウンドのピアノJAZZアルバム、「FOREST」が配信されます。そのレコーディングの様子をお伝えすると共に、一貫した192kHzでの作業を支え続けたRMEのテクノロジーをご紹介します。

続きを読む...

サラウンドスケープ

tl_files/images/rme_user/surroundscape/surroundscap_sm.jpgサラウンド音響といえば、映画や音楽特にクラシック等で多くの作品が制作されてきました。私は1+1で3以上になる可能性を探求し、その結果音楽とそれ以外の音全般がコラボすることで作り出される表現力として、自然音とのコラボレーションにひとつの解を見いだしています。

続きを読む...

沢口真生 Vol.2

前回のレポートでは、沢口真生氏がプロデュースするUNA MASでのレコーディングを紹介しました。Vol.2となる今回のレポートでは、JVCマスタリングセンターが誇るCDマスタリングの「匠」小鐵徹氏によるCDマスタリングの様子を、沢口氏本人がレポートします。

続きを読む...

沢口真生

サウンドプロデューサー沢口真生氏のUNA MAS JAZZのレコーディングには、RME製品が導入されています。空間の音を「なにも引かず、足さず」に録音することに徹する沢口氏のお眼鏡にかなったのが欧州放送局での実況録音で鍛えられたタフなデバイスOctaMic IIだ。

続きを読む...

MADIシステム導入事例

RMEのMADIデバイスは、様々なアーティスト達のステージでも活躍しています。本事例では、RME MADIデバイスを使用したアーティストをご紹介します。

続きを読む...

Six String Sonics, the

平成17年度(第9回)文化庁メディア芸術祭にて、アート部門優秀章受賞したSix String Sonics, Theは、メディア芸術祭授賞式でPCを2台使用した5.1サラウンドのセットアップで、HDSP Multiface、およびFireface 800を導入しました。

続きを読む...